TT Score

クラスタ リスト ビュー

クラスタ リスト ビュー

[Cluster List] (クラスタ リスト) ビューには、選択した日付から作成された個々のクラスタが表示されます。このソート表示可能な各行は色で強調表示され、クラスタのリスク スコアの程度が示されます。

クラスタ リスト表示

[Cluster List] 表示は、以下のセクションで整理されています。

  1. Cluster List: 選択した日付のデータのクラスタ リスト ビューや、フィルター、ナビゲーション ツールが表示されます。
  2. Data Selection Panel (日付選択パネル): TT Score で利用可能なデータを管理し、リストを生成する際に使用する基準を指定します。

クラスタ リストの解釈

クラスタ リストを使って、クラスタ リスト レビューを行います。問題のあるクラスタ グループが識別されると、Cluster Scorecard (クラスタ スコアカード) を使ってグループに含まれている個々のクラスタを検査できます。この [Score] 列はリスク スコアに関連した段階的な尺度を使って色表示され、スコアが下降するにつれ、赤色から黄色、緑色、薄い緑色と変化していきます。

クラスタ リスト ビューを行う際、以下の内容を実行すると有用です。

  • [Score] フィルターを使って、低いスコアをフィルターで除外し、大規模なデータセットをより操作しやすくします。
  • [Start Time] (開始時間) ごとにリストをソート表示し、一日の特定の時間で高いスコアのクラスタが一か所に集まるかどうかを確認します。

[Cluster List] には以下の内容が表示されます。

  • Score (スコア): クラスタに計算したリスク スコア。
  • Model (モデル): クラスタで強調表示されたリスクのタイプ。
  • Trader (トレーダー): クラスタの取引操作に使用されるトレーダー ID。
  • Account (口座): クラスタの取引操作に使用される口座。
  • Instrument (限月): クラスタに操作が含まれている限月の ID。
  • Exchange (取引所): 限月が取引された取引所。
  • Cluster Start Time (クラスタ開始時間): ミリ秒の精度のクラスタの開始時間。
  • Reviewed: コンプライアンス社員が確認したかどうかが示されます (Yes または No)。
  • Actions (操作): クラスタの詳細を点検して確認できます。

クラスタ リスト ナビゲーションとフィルター

  1. Cluster Filters (クラスタ フィルター): トレーダー、口座、限月、取引所、業種別に表示をフィルターします。
  2. Select View (表示の選択): 個々のクラスタ、ヒート マップ、Outlier チャート、デイリー クラスタ グループ ビューの間で切り替えます。
  3. Review Filters (レビュー フィルター): 全クラスタを表示するか、または確認済み、未確認ごとにフィルター表示します。
  4. Export (クラスタ リスト ビューのみ): フィルター表示したデータを .csv スプレッドシート ファイルにエクスポートします。
  5. Bulk Review (クラスタ リスト ビューのみ): 選択したモデルやデータにクラスタを「レビュー済み」とマークを付けます。

Data Selection Panel (日付選択パネル):

画面の左の [Date Selection panel] (日付選択パネル) には、日付ピッカーを使って選択した毎日の操作ログが表示され、データの視覚化に利用できます。またデータ ビューに適用するフィルターも含まれています。

パネルには以下の内容が含まれます。

  1. Score Range (スコア範囲): 各ビューに含めるクラスタの最大スコアを設定します。
  2. Date Range (日付範囲): 分析のため毎日の操作データを追加するための、日付ベースのセレクター。
  3. MODELS (モデル): データで分析する対象の、疑いのある取引パターンのタイプを設定します。このチェックボックスを有効にして、すべての問題のある取引モデルに適用します。

    TT Score は以下のモデルを使って、問題のある取引パターンのデータを分析します。
    • 乱用メッセージ (Abusive Messaging): 取引所のクォート エンジンに予期できる遅延を導入したり、マーケットで障害を生じさせ得る異常機能のアルゴリズムを導入するように指定したクォート スタッフィング スキームを示します。
    • 自動共謀スプーフィング (Automated Collusive Spoofing): 複数のトレーダーが共同で、マーケットを動かす試みにおいて執行する意図が全くない場合に、複数の注文を自動的に発注する、意図的かつ破壊的な取引操作のパターンを示します。
    • 自動スプーフィング (Automated Spoofing): トレーダーが複数の注文を自動発注する際にともなう、意図的かつ破壊的な取引操作を示します。トレーダーがマーケットを動かすために注文を執行する意図が全くない場合を示します。
    • 共謀スプーフィング (Collusive Spoofing): 複数のトレーダーが共同で、マーケットを動かす試みにおいて執行する意図が全くない場合に、複数の注文を発注する、意図的かつ破壊的な取引操作のパターンを示します。
    • クロス取引 (Cross Trading): ブローカーやポートフォリオ マネージャーなどとして、同じ限月の買注文と売注文が同じ管理の下の別の口座で発注されると、クロス注文が発生します。
    • 取引所メッセージ率限度 (Exchange Messaging Rate Limits): トレーダーが取引セッション中に一定期間の取引所メッセージ率限度を超過した場合を示します。
    • Influencing the Open (立会開始への影響要因): 取引所規則に反して取引の開始で間接的ウォッシュ トレードが発生している例。
    • 終値関与 (Marking the Close): 清算期間に限月の清算値を意図的に操作しようと試みる取引操作を示します。
    • モメンタム イグニッション (Momentum Ignition): 人工的な価格の動きで利益を得ようとする試みに続いて、アグレッシブ注文で人工的な価格の動きを作成しようとする試みの動作を示します。
    • ピニング (Pinging): 希望していない価格で大量の注文を取引することを指定した一連の注文操作に続いて、隠れたブックの深さを発見することを意図した複数の少量の注文の発注する行為を示します。
    • 仮想売買 (Price Ramping): アグレッシブ注文で人工的な価格の動きを作成する試みの動作を示します。
    • スプーフィング (Spoofing): トレーダーが複数の注文の発注にともなう、意図的かつ破壊的な取引操作を示します。トレーダーがマーケットを動かすために注文を執行する意図が全くない場合を示します。
    • ウォッシュ口座 (Wash Account): 1つのトランザクションで買い手と売り手が同じ口座 ID を使っていることをいいます。
    • ウォッシュ トレーダー (Wash Trader): 同じトランザクションで買い手と売り手の両方が同じトレーダー ID を使っていることをいいます。
    • Dominance at Open (取引開始時の優位): 1人のトレーダーの注文が、現在の取引セッションの最初の15分間に限月の公開市場出来高の殆どを占めている場合。
    • Order Book Dominance (注文一覧の優位): 1人のトレーダーの約定待ち注文が、現在の取引セッションの任意の時点で限月の公開市場出来高の殆どを占めている場合。
  4. Products: 各ビューに含める以下の銘柄タイプを1つ以上設定します。
    • 先物
    • スプレッド-ストラテジー
    • 株式-指数先物
  5. ORDER ID: 注文 IDを使ってクラスタの検索ができるようにします。
  6. Apply Filters: 選択した日付とフィルターを適用します。

データ選択パネルの表示モデル

[Preferences] → [Models Defaults] → [Visibility & Range] セクションの [TT Score Dashboard] 設定により、パネルで表示できるモデルと、クラスタ データ ビューで含めるクラスタ スコアの範囲を決定できます。

[Surveillance] タブをクリックして [Data Selection Panel] (データ選択パネル) を表示すると、表示の設定に基づいて、[MODELS] セクションがフィルター表示されます。既定で、表示可能なモデルに対しすべてのチェックボックスが有効になっていて、[SCORE RANGE] (スコア範囲) は 1~100 となります。

各表示モデルを有効にすると、[SCORE RANGE] には、選択したモデルに設定した範囲の設定が表示されます (60~100 等)。