TT Score

片側の注文一覧の優位

片側の注文一覧の優位

片側の注文一覧の優位 (Single-Sided Order Book Dominance) は、1人のトレーダーの既存注文が、市場の買側または売側のいずれかに対し限月の公開枚数の大半を占めている場合に発生します。TT Score の 「片側の注文一覧の優位」(Order Book Dominance) モデルは、1人のトレーダーがセッション中に限月の買側または売側のいずれかに対し合計取引出来高の優位を占めている場合のクラスタを分析して計算します。

1人のトレーダーの既存の注文が限月の公開枚数の大半を占めている場合、その限月の価格をコントロールできます。「片側の注文一覧の優位」 (Single-Sided Order Book Dominance) モデルは、この動作に対し会社にアラートを通知できます。これで意図的な市場操作の可能性を知らせます。

: 「片側の注文一覧の優位」(Single-Sided Order Book Dominance) モデルは、操作の疑いのある取引動作のみを識別します。このモデルは、実際の規定違反を反映していない場合があります。

スコアの方法

優位モデルの場合、TT Score は、トレーダーが限月の価格を制御しようとした状況を反映した取引操作に基づいて、クラスタスコアを計算します。

高いスコアは、クラスタ内の取引操作が市場の優位のパターンに一致することを示しています。会社のリスク モニターは、これらのスコアを使って、最もリスクが高いユーザーの取引操作を調査するため、リソースの優先順位を設定できます。

片側の注文一覧の優位のスコア解釈

片側の注文一覧の優位 (Single-Sided Order Book dominance) モデルは、トレーダーが限月の買注文や売注文の 5 価格帯~ 10 価格帯の公開枚数の特定のパーセント数以上をもつ場合や、1つ以上の約定を受信した場合の事例を検出します。

各クラスタに 0~100 の変動値のリスク スコアが割り当てられます。このスコアは、クラスタの取引操作中に、片側の注文一覧の優位が発生した可能性があることを示しています。

TT Score の最良実例に基づいて、75以上を記録するクラスらは「高リスク」とみなされ、コンプライアンス レビューの際に重要な焦点を置く必要があります。

片側の注文一覧の優位のスコア計算

[Scorecard Metrics] セクションでは、セッション優位に関連する以下の統計を測定します。

  • Buy Mkt Dominance T5: セッション中の限月の買出来高の上位5価格帯。
  • Sell Mkt Dominance T5: セッション中の限月の売出来高の上位5価格帯。
  • Buy Max Discl Qty T5: セッション中の限月の最大公開買枚数の上位5価格帯。
  • Sell Max Discl Qty T5: セッション中の限月の最大公開売枚数の上位5価格帯。
  • Buy Avg Qty T5: セッション中の限月の平均買枚数の上位5価格帯。
  • Sell Avg Qty: セッション中の限月の平均売枚数の上位5価格帯。
  • Buy Mkt Dominance T10: セッション中の限月の買出来高の上位10価格帯。
  • Sell Mkt Dominance T10: セッション中の限月の売出来高の上位10価格帯。
  • Buy Max Discl Qty T10: セッション中の限月の最大公開買枚数の上位10価格帯。
  • Sell Max Discl Qty T10: セッション中の限月の最大公開売枚数の上位10価格帯。
  • Buy Avg Qty T10: セッション中の限月の平均買枚数の上位10価格帯。
  • Sell Avg Qty T10: セッション中の限月の平均買枚数の上位10価格帯。

片側の注文一覧の優位の識別

[Cluster Scorecard] (クラスタ スコアカード) を使って、セッションの優位スコアをトリガーした操作の詳細を表示できます。

例:

  1. [Sell Avg Top Qty] は、上位5価格帯の平均合計売枚数がちょうど「2.8」以上であることを示しています。平均枚数はバーグラフの薄い網掛け部分で示されています。
  2. [Sell Max dominance] メトリックは、「19」の取引枚数が示され、限月の売側の出来高の優位をしめていることを示しています。グラフの濃い網掛け部分は売市場の優位を示しています。