TT Score

自動スプーフィング

自動スプーフィング

スプーフィングは、トレーダーに反対側でより小規模の注文を執行させる目的で、1つの側で大規模の自動注文の発注することで、限月にもっと利子や流動性、気配があると思わせるようにマーケットを騙す試みのことを示します。意図した注文が約定すると、トレーダーは大規模注文を取り消します。

: TT Score の自動スプーフィング モデルは、特に自動取引ストラテジーのために有効化されます。FIX Tag 1028 の自動ストラテジーからのものと表示された取引イベントのみがこのモデルでクラスターされ、スコアが記録されます。FIX Tag 1028 にて自動取引ストラテジーから発生したものと表示されていない1つの取引イベントを含んだクラスタは、それでもスプーフィング モデルで検出されます。

自動スプーフィング パターン

TT Score は、以下の内容を含む自動取引によって作成された様々なスプーフィングのパターンを検出します。

  • 単純スプーフィング: 自動取引ストラテジーが、マーケットの1つの側 (スプーフィング側) で発注された大規模な注文に続いて、反対側の自分の希望する小規模注文を発注し、別のユーザーが小規模注文に対する執行を誤らせようとする試みを示します。
  • レイヤリングを含んだスプーフィング: 自動取引ストラテジーはマーケットの意図した発注側で小規模の注文を発注し、またマーケットのスプーフィング側で複数の価格帯で発注します。これらのスプ―フ側の注文は、偽りの流動性の印象を作成するので、その他の参加者は意図側の小規模注文に対して注文を執行します。一度約定が発生すると、すべてのスプ―フ側の注文は取消または変更され、執行が回避されます。
  • バキューミングを含んだスプーフィング: 自動取引ストラテジーはマーケットの1つの側で小規模の注文を発注し、同じ側で大規模の注文を発注します。大規模なスプ―フ注文を取り消して、小規模な注文の方向にマーケットの動きを誘導します。
  • レイヤーの破壊: 自動取引ストラテジーは取引直前の個々の注文サイズの限度を回避することで、大規模枚数の偽りの存在を作成する試みを示します。自動取引ストラテジーはマーケットの意図した発注側で小規模の注文を発注し、またスプーフィング側の様々な価格帯で小規模の注文を発注します。小規模の個々のスプ―フ側の注文は、同じ価格帯に変更され、その価格帯でより規模の大きい注文を示唆します。
  • フリッピング: 自動取引ストラテジーはマーケットの1つの側の意図した注文やスイッチ注文、フリップ注文をもう片方のマーケットの側に発注します。このパターンで、自動取引ストラテジーは1つの側のインサイドマーケットの近くで大規模なスプ―フ側注文を発注し、気配値の偽りの印象を作成して、他のトレーダーが同じ側の同じ値点で注文を発注することを目標とします。次に自動ストラテジーは同時にスプ―フ側の注文を取り消して、買いから売りに注文をフリップし (または売りから買いに)、他の参加者に対して注文を執行します。
  • スプレッド スクイージング: このスプーフィング パターンは複数のティック幅であるスプレッドをもつ限月にとっては固有です。自動取引ストラテジーは、プレッドを使って連続して高値または安値でスプ―フ側の注文を発注して、1つの方向を絞り、他の参加者に、新規に確立された注文一覧に参加または競合することを誘導しようとします。自動取引ストラテジーは次に発注側を切り替え、これらの参加者に対して執行します。執行後、トレーダーはスプ―フ側の注文を取消し、マーケットは直前の状態に戻ります。自動取引ストラテジーは次に、注文の反対側で同じ絞りテクニックを使って、利点のある価格で確立したポジション外で発注します。

スコアの方法論

TT Score は、クラスタの操作が、他の状況で通常から目立っていた取引操作と一致する場合に基づいて、クラスタ スコアを計算します。

高いスコアは、クラスタ内の取引操作で規制措置のリスクをもっていることを示しています。会社のリスク モニターは、これらのスコアを使って、最も規制措置のリスクが高いユーザーの取引操作を調査するため、リソースの優先順位を設定できます。

スコアの解釈

自動スプーフィング パターンでは、各クラスタに 0~100 の変動値のリスク スコアが割り当てられます。このスコアは、クラスタの取引操作の続行中に発生したスプーフィングの可能性を示しています。

TT Score の最良実例に基づいて、75以上を記録するクラスらは「高リスク」とみなされ、コンプライアンス レビューの際に重要な焦点を置く必要があります。

スコアカード メトリックス

[Scorecard Metrics] セクションでは、モメンタム イグニッションに関連する以下の統計が表示されます。

  • Placed Buy Volume: 買注文の合計枚数。
  • Placed Sell Volume: 売注文の合計枚数。
  • Filled Buy Volume: 約定済み買注文の合計枚数。
  • Filled Sell Volume: 約定済み売注文の合計枚数。
  • Ord Cancel/Placed: 取り消された約定待ち注文のパーセント数。
  • Ord Modify/Placed: 変更された約定待ち注文のパーセント数。
  • Volume Cancel/Placed: 取り消された合計枚数のパーセント数。
  • Volume Modify/Placed: 変更された合計枚数のパーセント数。

自動スプーフィング モデルを使ったスプーフィングの識別

クラスタ スコアカードを使って、高い自動スプーフィング スコアをトリガーする取引操作を分析します。スコアカードの下部にあるチャートでは、自動スプーフィング パターンについての視覚的な手がかりを確認できます。

例えば、以下のチャートは、「レイヤリングによるスプーフィング」パターンを示しています。

以下の例を参照してください。

  1. 自動取引ストラテジーは、買側の圧力の出現を作成するために出来高を加えます。
  2. 自動取引ストラテジーでは、トレーダーがマーケットの反対側で少規模の注文に対して執行して、既存の売注文で約定を得ます。

    : 約定の上の緑色のダイアモンドは、「不均衡な約定インジケータ」です。ここでトレーダーは約定待ち出来高の大半の反対側で約定を受信します。

  3. 注文が約定すると、自動ストラテジーは大規模な買注文を取り消します。

スコアカードのチャートには、一定期間の注文出来高に基づいた操作が表示されますが、価格や流動性は表示されません。潜在的なスプーフィング注文の価格を見ると、他のトレーダーをだますために、自動取引ストラテジーがマーケットからかなり離れて注文を発注しているかどうかを確認できます。

[Cluster Scorecard] にて、[Market Replay] をクリックすると、さまざまな価格帯で注文がマーケットと相互作用する様子が表示されます。

例えば、リプレイにて自動取引ストラテジーが数個の買注文を発注し始め、買い側の圧力の錯覚を作り出されるのが分かります。市場の操作を再生し続けると、各時点の市況とトレーダーの操作を観察できます。

以下の例を参照してください。

  1. 自動取引ストラテジーによる潜在的なスプーフィング操作がみられる際、価格板情報に、マーケットの価格と流動性が表示されます。
  2. 垂直線は、取引が発生した際の時間の一点を識別します。
  3. 特定の時間の前後に発生した注文と約定も表示されます。

スプーフィング インジケータ

クラスタ スコアカードにはまた「不均衡約定」や「マーケット フリップ」インジケータも表示され、スプーフィングの発生の可能性のある場合に簡単に識別できるようにします。

[imbalanced fill indicator] (不均衡約定インジケータ) が約定の上で緑色のダイヤモンドを示している場合は、トレーダーが買と売の間で不均衡を保っていて、不均衡が小さい側の売買側の注文で約定したことを示しています。

[market flip indicator] (マーケット フリップ インジケータ) は、トレーダーが同じ価格ですばやく売りから買い (またはその逆) にフリップすることを示しています。三角のインジケータは、赤 (ショートのフリップ) または青 (ロングのフリップ) のいずれかを示しています。