TT Score

クラスタ スコアカード

クラスタ スコアカード

[Cluster Scorecard] (クラスタ スコアカード) ビューには、クラスタの重要な統計の要約が表示される他、取引行為により形成されたパターンの初期の視覚化が表示されます。その時にマーケット データのコンテキストでクラスタの操作を確認できます。

[Cluster List View] の [Actions] 列の [Inspect] をクリックすると、選択したクラスタのスコアカードが開かれます。

クラスタ スコアカードの表示

[Cluster Scorecard] は、以下のセクションで整理されています。

セクションは以下が含まれています。

  1. Cluster Statistics と Scorecard Metrics: クラスタ内で分析された取引操作の統計と計算が表示されます。
  2. 約定済みポジションと約定待ち注文: スプーフィング モデルの場合、一定期間にわたるクラスタ内で取引された限月の出来高と取引操作が表示されます。チャート上をマウスでポイントすると、各期間の取引詳細が表示されます。: 乱用メッセージモデルと終値関与 (Marking the Close)モデルはそれぞれ、クラスタ スコアカードに各自のチャートをもっています。
  3. Market replay (マーケット リプレイ): ラダー ビューまたはマクロ ビューでマーケット データに重ね合わされて、異なった時間ベースの取引操作の表示が提供されます。
  4. Audit Message (システム履歴メッセージ): システム履歴からの実際の注文操作と約定が表示されます。操作と売買側ごとに行が色表示されます。各行をクリックすると注文履歴や約定詳細を表示できます。
  5. Review (レビュー): クラスタを確認できます。

クラスタ統計とスコアカード メトリックス

[Cluster Statistics] と [Scorecard Metrics] セクションでは、クラスタに関する一般情報とモデル特定の詳細が表示されます。

[Cluster Statistics] セクションの下部には、クラスタに関する要約の詳細が含まれています。

統計には以下が含まれています。

  • Total Events (合計イベント): 送信および受信したメッセージの合計数を示します。
  • Placed Orders (発注済み注文): 発注された注文数を示します。
  • Canceled Orders (取消済み注文): 取消された注文数を示します。
  • Partial Fills (部分約定): 受信した部分約定数を示します。
  • Modified Orders (変更済み注文): 変更された注文数を示します。
  • Complete Fills (完全約定): 完全に約定した注文数を示します。
  • Rejected Orders (拒否済み注文): 拒否された注文数。
  • Buy Filled Volume (買約定出来高): 取引された買限月の枚数。
  • Sell Filled Volume (売約定出来高): 取引された売限月の枚数。
  • Duration (期間): クラスタごとに網羅された時間の長さを示します。

[Scorecard Metrics] セクションには、モデル特定の情報が表示されます。

TT Score は以下のモデルを使って、問題のある取引パターンのデータを分析します。

  • 乱用メッセージ (Abusive Messaging): 取引所のクォート エンジンに予期できる遅延を導入したり、マーケットで障害を生じさせ得る異常機能のアルゴリズムを導入するように指定したクォート スタッフィング スキームを示します。
  • 自動共謀スプーフィング (Automated Collusive Spoofing): 複数のトレーダーが共同で、マーケットを動かす試みにおいて執行する意図が全くない場合に、複数の注文を自動的に発注する、意図的かつ破壊的な取引操作のパターンを示します。
  • 自動スプーフィング (Automated Spoofing): トレーダーが複数の注文を自動発注する際にともなう、意図的かつ破壊的な取引操作を示します。トレーダーがマーケットを動かすために注文を執行する意図が全くない場合を示します。
  • 共謀スプーフィング (Collusive Spoofing): 複数のトレーダーが共同で、マーケットを動かす試みにおいて執行する意図が全くない場合に、複数の注文を発注する、意図的かつ破壊的な取引操作のパターンを示します。
  • クロス取引 (Cross Trading): ブローカーやポートフォリオ マネージャーなどとして、同じ限月の買注文と売注文が同じ管理の下の別の口座で発注されると、クロス注文が発生します。
  • 取引所メッセージ率限度 (Exchange Messaging Rate Limits): トレーダーが取引セッション中に一定期間の取引所メッセージ率限度を超過した場合を示します。
  • Influencing the Open (立会開始への影響要因): 取引所規則に反して取引の開始で間接的ウォッシュ トレードが発生している例。
  • 終値関与 (Marking the Close): 清算期間に限月の清算値を意図的に操作しようと試みる取引操作を示します。
  • モメンタム イグニッション (Momentum Ignition): 人工的な価格の動きで利益を得ようとする試みに続いて、アグレッシブ注文で人工的な価格の動きを作成しようとする試みの動作を示します。
  • ピニング (Pinging): 希望していない価格で大量の注文を取引することを指定した一連の注文操作に続いて、隠れたブックの深さを発見することを意図した複数の少量の注文の発注する行為を示します。
  • 仮想売買 (Price Ramping): アグレッシブ注文で人工的な価格の動きを作成する試みの動作を示します。
  • スプーフィング (Spoofing): トレーダーが複数の注文の発注にともなう、意図的かつ破壊的な取引操作を示します。トレーダーがマーケットを動かすために注文を執行する意図が全くない場合を示します。
  • ウォッシュ口座 (Wash Account): 1つのトランザクションで買い手と売り手が同じ口座 ID を使っていることをいいます。
  • ウォッシュ トレーダー (Wash Trader): 同じトランザクションで買い手と売り手の両方が同じトレーダー ID を使っていることをいいます。
  • Dominance at Open (取引開始時の優位): 1人のトレーダーの注文が、現在の取引セッションの最初の15分間に限月の公開市場出来高の殆どを占めている場合。
  • Order Book Dominance (注文一覧の優位): 1人のトレーダーの約定待ち注文が、現在の取引セッションの任意の時点で限月の公開市場出来高の殆どを占めている場合。

約定済みポジションと約定待ち注文

スプーフィング チャートでは、トレーダーがマーケットをフリップする際に、アイスバーグ (公開) 枚数とマーカーで、買注文と売注文 (約定待ちと約定済み) が示されます。

チャートの1点をマウスでポイントすると、システム履歴で取引詳細を表示できます。

システム履歴

このセクションには、[Order Type] (注文タイプ) や [Side] (サイド)、[Order Action] (注文操作) などの比較的重要でない正規化の情報を使ったシステム履歴からの実際の注文操作が表示されます。操作と売買側ごとに行が色表示されます。システム履歴上の列セレクター () をクリックすると、追加の列が表示されます。

システム履歴欄について以下の表で説明します。

説明
Timestamp (時間スタンプ) 注文が発注された日付と時間。
Order ID (注文 ID) 内部追跡のための固有の TT 注文 ID。
Transaction ID (取引 ID) 取引所が生成し、取引所から受信した取引 ID。
Action (操作) 執行記録の注文タイプや約定操作。
Side (サイド) 注文の売買側 (買または売)。
Price (価格) 注文価格。
Order Qty (発注枚数) 注文枚数。
Leaves Qty (残枚数) 注文の残枚数。
Position (ポジション) ユーザーのポジション。正の数はロング ポジションを示しています。負の数はショート ポジションを示しています。
Type (タイプ) 注文タイプ。サポートされている注文タイプは取引所により異なります。
TIF (有効期限) 注文の有効期限の制限。サポートされている有効期限は取引所により異なります。
Account (口座) 取引に関連する口座ID。
Exchanges Time (取引所時間) 取引所に送信されるメッセージの場合、これは、注文サーバーがら取引所にメッセージが送信された場合に表示されます。取引所から受信したメッセージの場合、これは、注文サーバーからTT プラットフォームの残りの部分にメッセージが送信された場合に表示されます。
Exch ID (取引所 ID) 取引所が定義した執行識別子。
Order ID (注文 ID) 内部追跡のための固有の TT 注文 ID。
User ID (ユーザー) TT プラットフォームのユーザー識別子。
CAT クロス操作タイプ
Modifier (モディファイア) 注文に適用されるモディファイア。例: ストップ、イフタッチ、トレイリング ストップ、トレイリング イフ タッチ、トレイリング リミット、マシンガン。
Order Status (注文ステータス) 執行記録の注文のステータス。
Working Quantity (残枚数) マーケットで約定待ちしている合計注文枚数。
Modifier (モディファイア) 注文に適用されるモディファイア。例: ストップ、イフタッチ、トレイリング ストップ、トレイリング イフ タッチ、トレイリング リミット、マシンガン。
Agressorindicator アグレッシブ注文の「真」または「偽」を示します。
Parent ID (親 ID) 親注文の識別子。
CustOrderCapacity/td>注文メッセージの FIX タグ 1031 値。
ManualOrderIndicator/td>手動または自動の注文発注の表示。FIX Tag 1028 で取引所に送信されます。
AvgPx 約定済み注文の平均価格。
BrokerId 注文を発注するブローカーの識別子。
RefreshQty 取引所での表示枚数のリフレッシュする枚数。通常アイスバーグ注文で設定されます。
Source (ソース) 注文の発信元を示します。
TrdMatchId ユーザーの注文マッチ回避識別子。
Exec Type (執行タイプ) 執行記録の注文のタイプや約定操作。
DisplayQty (表示枚数) 取引所で公開して表示される注文の枚数。通常アイスバーグ注文で設定されます。
LastQty (直近枚数) 注文で約定した枚数。
CumQty (蓄積枚数) 約定した合計枚数。
MinQty (最小枚数) 執行される最小枚数。
TradeType (取引タイプ) 発注された注文のタイプ。
AlgoId TT 合成注文とアルゴリズム注文のための、注文を制御するアルゴリズムの識別子。
CrossId 取引所が提供するセルフマッチ回避識別子。
CurrUserId 注文を最後に操作したユーザーの識別子。
ExecInst 執行の指示。
StopPx 価格トリガー注文が執行された価格。
SenderSubId 注文を発注するユーザーの識別子。FIX Tag 50 の値。
AccountOverride 清算口座として取引所に送信された口座。
EchoDc1 FIX クライアント アプリケーションで生成できる顧客定義のテキスト欄。値は取引所に送信されませんが、TT で表示され続けます。
EchoDc10 FIX クライアント アプリケーションで生成できる顧客定義のテキスト欄。値は取引所に送信されませんが、TT で表示され続けます。
EchoDc2 FIX クライアント アプリケーションで生成できる顧客定義のテキスト欄。値は取引所に送信されませんが、TT で表示され続けます。
EchoDc3 FIX クライアント アプリケーションで生成できる顧客定義のテキスト欄。値は取引所に送信されませんが、TT で表示され続けます。
EchoDc4 FIX クライアント アプリケーションで生成できる顧客定義のテキスト欄。値は取引所に送信されませんが、TT で表示され続けます。
EchoDc5 FIX クライアント アプリケーションで生成できる顧客定義のテキスト欄。値は取引所に送信されませんが、TT で表示され続けます。
EchoDc6 FIX クライアント アプリケーションで生成できる顧客定義のテキスト欄。値は取引所に送信されませんが、TT で表示され続けます。
EchoDc7 FIX クライアント アプリケーションで生成できる顧客定義のテキスト欄。値は取引所に送信されませんが、TT で表示され続けます。
EchoDc8 FIX クライアント アプリケーションで生成できる顧客定義のテキスト欄。値は取引所に送信されませんが、TT で表示され続けます。
EchoDc9 FIX クライアント アプリケーションで生成できる顧客定義のテキスト欄。値は取引所に送信されませんが、TT で表示され続けます。
GiveUp (ギブアップ) ギブアップ当事者の口座。
LastPx この約定の価格。
LegCumQty レッグに約定した合計枚数。
OmaParentOrderId OMA 親注文の固有の TT 注文 ID。
OrdRejReason 取引所で注文が拒否された理由。
OrderOrigination 注文の発信元を識別します。
OrderSequence 注文メッセージの連続番号。
SecondaryExecId 執行タイプのための固有の TT 執行 ID。
SecondaryOrderId 注文を受付る取引当事者の識別子。
SyntheticType 合成親注文のタイプ。
TextA オプションの、ユーザー定義の文字値。この値は TT システムの注文で保持されます。
TextB オプションの、ユーザー定義の文字値。この値は TT システムの注文で保持されます。
TextC FIX クライアント アプリケーションにより設定された、読み取り専用の顧客定義の文字値。値は取引所に送信されません。
Text オプションの、ユーザー定義の文字値。TT システムでは追跡目的で発注済み注文に表示され続けますが、取引所には送信されません。

Order history (注文履歴)

クラスタで選択した注文のライフサイクルを確認するには、システム履歴メッセージ セクションの注文イベント行をクリックします。注文履歴は選択した注文の下に表示されます。

この注文履歴には、以下の列が含まれます。

説明
時間 注文が発注された日付と時間。
Exch (取引所) 取引所が定義した執行識別子。
Exec Type (執行タイプ) 執行記録の注文のタイプや約定操作。
注文タイプ 注文タイプ。サポートされている注文タイプは取引所により異なります。
Order Status (注文ステータス) 取引所の注文ステータス。
Order ID (注文 ID) 内部追跡のための固有の TT 注文 ID。
B/S (買/売) 注文の売買側 (買または売)。
Price (価格) 注文価格。
Last Price (直近値) 最後に取引された価格。
OrdQty (注文枚数) 注文枚数。
FillQty (約定枚数) 約定済みの注文枚数。
RemQty (残枚数) 注文の残枚数。
TIF (有効期限) 注文の有効期限の制限。サポートされている有効期限は取引所により異なります。
Acct (口座) 注文を発注するのに使用する口座。

Market Replay (マーケット リプレイ)

[Cluster Scorecard] (クラスタ スコアカード) の [Market Replay] (マーケット リプレイ) セクションでは、一定期間にわたって発生したマーケット データに重ね合わせ表示されたクラスタを確認できます。[Load MD Trader] をクリックすると、マーケット リプレイ ラダーとプレイバック コントロールを表示できます。

ユーザーは、以下の表示ビューでリプレイ データを表示できます。

  • ラダー ビュー: クラスタにより網羅されている時間の期間中に発生した内容を、はしごのようなインターフェースでマーケット操作を再生できます。
  • 二重ラダー ビュー: 2番目の限月で市場の操作を表示して、潜在的な取引の影響にアクセスします。

ラダー ビュー

ラダー (Ladder) ビューは、はしご形式のインターフェースでレベル 2 マーケット データに重ねて、取引行為をコマ送り再生できる研究ツールです。はしごの深さは 10 ティックであり、注文一覧の各関連の参加者に対する注文も含め、すべてのマーケット データが表示されます。ユーザーは指定のクラスタ内で操作の再生や停止、巻き戻しをして、注文一覧で発生した一連の事象と、トレーダーの注文が市場に与えた影響について、正確に理解することができます。

ラダー ビューには、以下の内容が含まれます。

  1. 指定の時間枠のマーケット ラダーの相互作用的な表示。
  2. 再生で現在の時間を表示しているバーと一緒に、買注文や売注文を表示している、注文操作のグラフ。
  3. [Market Replay] に含まれている操作を構成するシステム履歴メッセージの一覧。

[Play] をクリックして、システム履歴メッセージの注文操作が再生されている間のマーケットの反応を確認できます。マーケットが再生されると、垂直バーがグラフで追跡を行い、発生ごとにシステム履歴メッセージが追加されます。システム履歴メッセージ セクションには、再生の最初から、マーケット再生の現在の時間の地点までに生成されたシステム履歴メッセージが一覧されます。今後に問題となる可能性のある取引操作の全容を把握するため、操作の再生や停止、巻き戻しができます。

マーケット リプレイには以下の内容が含まれています。

  1. リプレイのフレーム合計と、現在表示されているフレーム数。
  2. 価格はしごで取引操作を再生かつ巻き戻しできる対話的コントロール。
  3. 指定した時間の板情報と市況。
  4. 価格帯でのトレーダーの約定待ち枚数や表示枚数、非公開枚数や約定済み枚数。

はしご表示での約定待ち注文枚数

マーケット リプレイで約定待ち注文が表示されている場合、約定待ち注文の該当セルには、略称と色が表示され、約定待ち注文の追跡と管理がしやすくなります。文字と配色は、注文タイプと注文ステータスによって異なります。約定待ち列に表示される、略称と色の説明に関しては、以下の表を参照してください。

約定待ち列の表示

説明

約定待ち買注文または売注文に表示されます。セルは買注文には青色で強調表示され、売注文には赤色で強調表示されます。また買注文と売注文が両方含まれる場合、黄色で強調表示されます。略称には以下があります。

  • W: 約定待ち注文枚数。
  • B: 買注文枚数。
  • S: 売注文枚数。
  • E — 価格帯に買注文と売注文の両方が含まれる場合の注文枚数の合計。

公開枚数と非公開枚数をそなえた TT 注文タイプ (TT 時間切り注文) または固有注文タイプ (アイスバーグ) が送信された場合に表示されます。セルは買注文には青色で強調表示され、売注文には赤色で強調表示されます。また買注文と売注文が両方含まれる場合、黄色で強調表示されます。略称には以下があります。

  • W: 約定待ち注文枚数。
  • B: 買注文枚数。
  • S: 売注文枚数。
  • E — 価格帯に買注文と売注文の両方が含まれる場合の注文枚数の合計。
  • D: 公開注文枚数。
  • U: 非公開注文枚数。

二重ラダー ビュー

[Dual Ladder View] (二重ラダー ビュー) を使って、ユーザーは、任意のスコア クラスタからのラダーに加え、2番目のラダーで関連限月を比較して表示できます。これを有効化すると、2番目のラダーで任意の限月を読み込んでいる際に、ユーザーは特定の限月のトレーダーの操作を表示できます。

2番目のラダーには、最初のラダーと同時に発生した市場操作が表示されます。これにより、類似した関連銘柄でのトレーダー操作の可能性のある影響を確認でき、またクラスタでのユーザーの操作が、別の限月での市況の変化のためのものであったことを説明できます。

[Dual Ladder View] (2重ラダー ビュー) で2番目の限月を表示するには:

  1. 確認するクラスタを開き、[Load MD Trader] ボタンをクリックします。

  2. MD Trader の上の、[Compare] (比較) ボタンをクリックします。

  3. [Market Explorer] ウィンドウが開き、比較する銘柄を検出して選択できます。: 比較する対象の銘柄と取引所に対し、マーケット データが有効化されている必要があります。

  4. [Select Instrument] ボタンを押します。新規の限月からのマーケット データを示した2番目のラダーが表示されます。

クラスタ スコアカードの確認

スコアカードには、[Review] (レビュー) ボタンが含まれていて、処分を記録するための [Review Sidebar] (レビュー サイドバー) が起動され、処分の履歴を表示したり、調査を開くことができます。

クラスタ レビュー

[Review Sidebar] 内から、以下の操作を実行できます。

  1. このクラスタ グループの処分を入力します。
  2. このクラスタ グループの履歴を確認します。
  3. このクラスタを既存の調査に追加したり、このクラスタを追加する先の新規の調査を作成します。