TT Score

TT Score での報告の生成

TT Score での報告の生成

Score の管理者として、会社全体や個人トレーダーのためにクラスタ統計の量を決めるコンプライアンス報告を生成することができます。記録は、Score ダッシュボードの「Report」タブから生成できます。既存のコンプライアンス報告もこのタブで確認できます。

報告を生成した後、必要に応じて、報告からどの統計が各データ セットを表示してダウンロードするかを選択できます。

: 報告を生成するには、Setup で管理者アクセス許可を有している必要があります。TT Score 管理者として、会社のたの報告を生成して、会社に共有されている口座も含め、ユーザーがアクセスを有しているすべての口座のデータを表示できます。TT Score 口座管理者として、自分に割り当てられた口座に対してのみ報告を生成できます。

TT Score で報告を生成するには

  1. Score にて、[Reports] (報告) タブを選択して [Generate Report] をクリックします。

    記録データ選択パネルは画面の左側に表示されます。

  2. データ選択パネルで記録タイプと入力を選択します。

    [Summary Stats] 報告の報告パネルには以下の内容が表示されます。

    パネルには以下が含まれます。

    • SELECT A REPORT: 報告タイプを設定します (要約ステータス報告など)。選択した取引タイプに基づいて入力が表示されます。
    • Start Date - End Date: 統計を報告する時期を設定します。
    • Group By: 「トレーダー」、「口座」、「限月」ごとに報告をフィルターできます。
    • Display By: サーベイランス モデルごとに統計を並べ替えて表示します。
  3. [Processing Stats] 報告の報告パネルには以下の内容が表示されます。

    パネルには以下が含まれます。

    • SELECT A REPORT: 報告タイプを設定します (処理統計報告など)。選択した取引タイプに基づいて入力が表示されます。
    • Date: 統計を報告する時期を設定します。
    • Include Account Stats: 口座ベースの処理統計が含まれます。この設定はオプションです。
    • Company ID: 会社の合計処理統計を生成して表示します。
    • Detail Categories: 特定のデータ カテゴリの処理統計を生成します。以下から1つ選択します。
      • Model (モデル): 問題のある取引モデルごとの統計を示します。
      • Trader: 会社でトレーダーごとの統計を示します。
      • Source (ソース): 特定の TT コンポーネントの処理統計が含まれます。
      • Instrument (限月): 会社が取引した限月ごとの統計が含まれます。
  4. [Generate Report] をクリックします。

    報告が画面に表示されます。

TT Score 要約統計報告の解釈

要約ステータス記録には、会社全体の統計が含まれている他、トレーダーや口座、限月ごとのサーベイランス モデルごとに並べ替えられた統計データが含まれています。

記録の各セクションでは以下の列に統計が含まれています。

  • Model: サーベイランス モデルの名前。この列は会社レベルの統計のために表示されます。これは Score 管理者のみが確認できます。
  • Trader/Account/Instrument: トレーダー、口座、限月の名前。この列は「Group By」データ選択の基づいてサーベイランス モデルごとに表示されます。
  • % High Scoring: 75 ~ 100 のスコアをもつクラスタのパーセント数。
  • Change % High Scoring: 記録が生成されて以来の最後の期間で (開始日~終了日)、高スコアでのパーセント変化を示します。この変化を計算するためには期間の長さが同じである必要があります。
  • Clusters (0-100): モデル別にスコア付けられた合計クラスタ数。
  • Clusters (1-100): スコアを受信する合計クラスタ数。
  • Clusters (75-100): 高スコアを受信する合計クラスタ数。
  • Max Score: 最も高いクラスタ スコア。
  • Mean Score (0-100): モデルごとにスコア付けされた全てのクラスタの平均。
  • Mean Score (1-100): 「0」以上のスコアをもつ全てのクラスタの平均。
  • Mean Score (75-100): 高スコアをもつ全てのクラスタの平均。
  • Min Score (0-100): クラスタの最小スコア。
  • Min Score (1-100): 「0」以上のスコアをもつクラスタの最小スコア。
  • Min Score (75-100): 高スコアを受信したクラスタの最小スコア。
  • Prev Period % High Scoring: 前の期間からの 75 ~ 100 のスコアをもつクラスタのパーセント数の変化。
  • Prev Period Clusters (0-100): 前の期間でモデルごとにスコア付けられた合計クラスタ数。
  • Prev Period Clusters (1-100): 前の期間でスコアを受信した合計クラスタ数。
  • Prev Period Clusters (75-100): 前の期間で高スコアを受信した合計クラスタ数。
  • Prev Period Max Score: 前の期間の最も高いクラスタ スコア。
  • Prev Period Clusters (0-100): 前の期間でモデルごとにスコア付けられた全てのクラスタの平均。
  • Prev Period Mean Score (1-100): 前の期間で「0」以上のスコアをもつ全てのクラスタの平均。
  • Prev Period Mean Score (75-100): 前の期間で高スコアをもつ全てのクラスタの平均。
  • Prev Period Min Score (0-100): 前の期間でクラスタの最小スコア。
  • Prev Period Min Score (1-100): 前の期間で「0」以上のスコアをもつクラスタの最小スコア。
  • Prev Period Min Score (75-100): 前の期間で高クラスタを受信したクラスタの最小スコア。

TT Score 処理統計の解釈

処理統計報告には、会社で指定した特定期間にわたる TT Score により処理されたデータの枚数とタイプが表示されます。データの処理はサーベイランス モデルやトレーダー、口座、限月、TT ソースごとに含むをことができます。

報告には以下の列が表示されます。

  • Processing Stat: 処理統計のタイプが一覧されます。列は報告の上部にある「Processing Results Overview」(処理結果の概要) 部分に表示され、含まれる場合は口座ごととなります。
  • Value: 処理されたクラスタやヘッジャー記録の数量と、各処理の時間と所要時間が示されます。
  • Clusters (0-100): サーベイランス モデルや TT サービスにより処理された合計クラスタ数。
  • Ledger Records: サーベイランスや TT ソースにより処理された Ledger での合計記録数。

TT Score での記録の表示

Score で生成された記録を表示するには、Score ダッシュボードの [Reports] タブを選択して [View Reports] をクリックします。

選択した記録が画面に表示されます。記録のデータ選択パネルも画面の左に表示されます。

ヒント: 記録タイトルごとの「i」をマウスでポイントすると、記録に関する詳細を確認できます。

をクリックすると統計の列を表示または非表示にし、記録の各データ セットに対して表示できます。列メニューの各チェックボックスをオンまたはオフにし、列を表示または非表示にできます。

TT Score 記録のエクスポート

記録からデータをエクスポートするには、 をクリックして出力ファイル形式を選択します。データはパソコンや端末の「ダウンロード」フォルダにエクスポートされます。

TT Score 記録の削除

記録は一度に1つ、または一括して削除できます。複数の記録を一度に削除するには、各記録を選択して、Score ダッシュボードの [Reports] (記録) タブにある [Delete] をクリックします。