ライブラリ ブロック

ライブラリ ブロック

ライブラリ ブロックの作成

同じブロックのセットを追加して、特定のタスクを実行するとします。この機能をもつグループ ブロックを作成すると、ブロックをブロック ライブラリに簡単に追加でき、好きなときに再使用できます。

ライブラリへのグループ ブロックの追加

グループ ブロックに変換し、ライブラリ ブロックとして保存することで、既存のアルゴリズムの一部を保存できます。この場合、マーケットからの価格のあるティック数を計算する、アルゴの一部からライブラリ ブロックを作成します。

グループ ブロックを作成してライブラリに追加するには

  1. グループ化するブロックと接続を確認します。

  2. 左マウス ボタンを使って、希望のブロックを選択します。[Ctrl]-クリックを押し (コマンド-クリック)、選択した内容にブロックを個々に追加します。

  3. 任意の選択ブロックを右クリックして、コンテキスト メニューから [Group] を選択します。

    選択したブロックはグループ ブロックで置き換えられます。

  4. グループ ブロックを選択し、名前を変更すると、ブロック ライブラリの他のブロックから簡単に識別することができます。


    ブロックの名前を変更しない場合は、ライブラリに追加する際、既定 (Group0) の名前が使用され、今後に名前を変更することはできません。
  5. グループ ブロックを右クリックして、[Save As Library Block] を選択します。

  6. ライブラリ ブロックが正常にアップロードされた後は、[Close] をクリックします。

ライブラリからのブロックの削除

ライブラリからのブロックを削除するには

  1. [File] メニューから [Load Library Block] を選択します。

  2. 削除アイコン () をクリックして [yes] をクリックして確認します。