算術ブロック

算術ブロック

Add ブロック

[Add] ブロックを使って、最初の入力数と 2番目の入力数を追加して合計を出力します。

[Add] ブロックは、買枚数に 2 を追加します。

Flip for Sell について

[Flip for Sell] オプションが有効化されている場合、[Add] ブロックは、Order Side 変数の値によっては、追加または減算のいずれかを実行します詳細は「Flip For Sell Orders 機能」を参照してください)。

「Flip for Sell」を有効化した場合、反転時に2つの入力が減算されるので入力の注文は重要となります。

この説明として、[Flip for Sell] を有効化すると、前の例では好ましくない結果が生じる可能性があります。[Add] ブロックでは、最初の入力は 2 で、2番目の入力は買枚数です。フリップされると、[Add] ブロックは 2 から買枚数を引きます (これはおそらく意図した動作ではありません)。[Flip for Sell] を有効化する場合は、以下のように [Add] ブロックを設定することが望ましいといえます。

フリップした際に入力を整理します。

ブロック プロパティ

ブロックをカスタマイズするには、[Block Properties] を更新します。

プロパティ 説明
Name (名前) ADL キャンバスのブロックの下に表示される名前。
Flip For Sell Order

必要に応じて1つのアルゴリズムが買側または売側として機能できるように設定するかどうか。

(詳細は「Flip For Sell 注文機能」を参照してください)。