グループ ブロック

グループ ブロック

グループ ブロックの概要

ブロックのセットを1つのグループ ブロックに統合できます。複製を緩和するためや、キャンバスをきれいにするため、ブロックのセットをグループ化すると、ユーザーはライブラリにグループを保存または仮想化して、今後に使用できるようにできます。

グループ ブロックの表示方法

既定でグループ ブロックは、接続ブロックの名前に一致する名前の個々のポートを表示する、黄色の四角で表示されます。スペースを保存したい場合は、ポートを識別せずに、縮小フォームにてグループ ブロックを表示することもできます。

縮小状態では、グループ ブロック ポートに新規の接続を作成することはできません。

Block プロパティ

ブロックをカスタマイズするには、[Block Properties] を更新します。

プロパティ 説明
Name (名前) ADL キャンバスのブロックの下に表示される名前。
Collapsed (縮小)

通常のサイズでブロックを表示するかどうか、すべてのコネクターを表示するかどうか、または1つの接続ポイントのみを表示する小さなサイズに縮小するかどうかを設定します。

Virtual (仮想化) グループ ブロックを 仮想化ブロックにするかどうかを設定します。