TT 注文タイプ

TT 注文タイプの概要

TT 注文タイプの概要

TT 注文タイプとは

TT 注文タイプとは、マーケットの他の注文の執行と発注を管理する、合成注文のことを示します。TT 注文タイプは、取引所が固有サポートしているタイプよりも、強力な注文執行機能を提供しています。ここでは取引所によりサポートされていない注文タイプを提供していたり、取引所が提供する固有の注文タイプよりもより多くのオプションを提供しています。TT 注文 タイプでは以下の機能を提供しています。

  • 大規模の注文を小規模の注文枚数にスライス切り
  • 特定の市況に対応した注文の発注
  • 特定の時間で注文を開始または終了するように予定作成
  • 良好な市況に基づいて注文の価格を再設定

TT 注文タイプの注文は2つの部分で作成されています。

  • 限月が取引されている取引所と共同設置されている Algo Server で実行される合成親注文。親注文は子注文の発注と執行を管理します。
  • 選択した TT 注文タイプと設定パラメータに基づいて、注文執行のために取引所に送信される固有子注文。

利用可能な TT 注文タイプ

以下の表には、TT プラットフォームで利用可能なすべての注文タイプを表示しています。ただし、TT User Setup のユーザー 口座アクセス許可により、発注ウィジェットに表示された実際の注文タイプが決定されます。

TT 注文タイプ 説明
TT ブラケット注文 執行時に OCO 注文をトリガーする、指値注文またはストップ注文を送信します。
TT アイスバーグ注文 大規模の枚数を小規模の公開枚数に分割して執行し、全枚定するまで少しずつ発注します。次の子注文は、現在の子注文が完全に約定してから発注されます。
TT イフタッチ注文 マーケットが現在の市況より良好な特定の価格に到達したり、特定の価格を抜けた場合にトリガーされる注文を示します。
TT OCO 注文 マーケットの同じ側の異なった価格帯で同じ枚数の2つの注文を発注します。いずれかが約定すると残りは取り消されます。
TT 再試行注文 取引所に受理されるまで、または特定の回数分拒否されるまで、子注文を発注し続けます。
TT ストップ注文 マーケットが現在の市況より悪条件な価格に到達したり、その特定の価格を抜けた場合にトリガーされる注文を示します。
TT 時間制限注文 一定の期間に大規模な注文を約定待ちして、合計時間に基づいて一定の間隔で小規模の公開注文部分を発注し、目標の合計枚数を達成することを試みます。
TT 時間切り注文 大規模な注文を小規模な公開注文にスライスし、一定の時間間隔で発注します。
TT 時限注文 特定の時間に注文を発注し、特定の時間に達するまで注文を約定待ちしつづけます。
TT トレイリング リミット注文 マーケットから特定のティック数分はなれた価格で取引所に注文を発注します。
TT ウィズ ア ティック注文 反対のインサイド マーケットの価格と枚数に基づいて、自動的に1ティック分マーケットに近づいて価格を再設定する指値注文を発注します。
TT Autohedger 約定済みのオプション アウトライトやスプレッド注文及びストラテジー注文の現物ヘッジ注文を自動的に発注します。
TT OBV 注文 希望のボラティリティに基づいてオプション限月の注文を発注します。

TT 注文タイプの注文ライフサイクル

TT 注文タイプの基本的なライフサイクルは以下のとおりです。

  1. 注文を作成する際、TT 注文タイプがウィジェット内で選択され、パラメータ値は注文タイプのフライアウト中に指定されます。
  2. TT 注文タイプは TT プラットフォームから発注されます。
  3. 取引所内に共同設置されている Algo Server で、TT 注文タイプに対し合成親注文が作成されます。
  4. 合成親注文は、特定の TT 注文タイプにより指示され、マーケットに子注文を発注します。

    注文一覧にて、発注されると、各子注文に続いて親合成注文が一覧されます。この例では、[注文一覧] (Order Book) に親 TT 時間切り (Time Sliced) 注文と、管理している場合は取引所固有の子注文が表示されます。

    • A: TT 時間切り注文合成親注文。[Exch] 列には CME* が表示され、CME 取引所に共同設置されている Algo Server で親注文が実行中であることを示しています。
    • B: TT 時間切り合成親注文により管理されている子注文と、また各子注文の注文タイプとステータス。
    • C: 親注文の タイプは、特定の TT 注文タイプの名前に一致しています。
    • D: 既定で、TT 注文タイプの親は TIF=GTC と一緒に送信されます。
  5. 子注文の約定が受信されると、親注文は約定待ち枚数と約定済み枚数を更新します。

  6. また TT の発注ウィジェットや注文管理ウィジェットに約定の確認を送信します (MD TraderAudit Trail)。

    • A. 親注文約定
    • B. 子注文約定
    : 約定すると、合成親約定はネイティブ子注文約定に対して記録されます。
  7. 全ての子注文が約定待ちを終えた際、親 TT 注文タイプ注文は完全に約定され、Algo Server から除去されます。

TT 注文タイプへのアクセス

TT 注文タイプにアクセスするには、[MD Trader] または [Order Ticket] ウィジェットいずれかの [Order Type] ドロップダウンから TT 注文タイプを選択できます。

TT 注文タイプ注文の設定

各 TT 注文タイプには、注文タイプとして選択した際に関連パラメータと一緒にフライアウトが表示されます。再使用可能なテンプレートとして希望のパラメータ値を入力できます。

TT 注文タイプ パラメータ

[Order Ticket] を使った際に、パラメータは組み込みパネルに表示されます。TT 注文タイプに基づいて、パネルには追加のパラメータのためのタブが含まれている場合があります。例えば、以下には TT Bracket 注文タイプのフライアウト ダイアログが表示されています。

TT 注文タイプ パラメータ

: をクリックして利用可能なテンプレート を表示し、フライアウトですべてのパラメータを表示します。

TT 注文タイプ注文の発注

TT 注文タイプ注文を発注するには

  1. [MD Trader®] または [Order Ticket] ウィジェットにて、取引する限月を選択します。
  2. 注文に希望の枚数と価格を入力します。
  3. 注文タイプ ドロップダウンから希望の TT 注文タイプを選択します。
  4. 希望の子注文パラメータを入力します。
  5. 希望の親注文パラメータを指定します。
  6. [OK] をクリックしてパラメータ ダイアログを閉じます。
  7. TT 注文タイプ親注文により送信された取引所固有の子注文の有効期限を指定します。

    : 取引所がサポートしていない子注文に TIF (有効期限) を指定すると、最初の子注文が発注された際ではなく、即時に親注文は拒否されます。
  8. [Buy] (買) または [Sell] (売) をクリックして注文を送信します。

    親注文がウィジェットに追加されます。

保留注文として TT 注文タイプを発注

TT 注文タイプ注文を発注する際、以下の内容を実行できます。

  • 保留注文として注文を発注し、今後に再発注します。
  • マーケットで約定待ちを始めた後 TT 注文タイプを一時停止または再開します。

TT 注文タイプは、[Order Ticket] (注文チケット) や MD Trader を使って保留注文として発注して、[Order Book] (注文一覧) ウィジェットを使って今後に再発注できます。取引所で約定待ちしている間、TT 注文タイプの親注文は [Order Book] (注文一覧) や [Algo Dashboard] (アルゴ ダッシュボード) ウィジェットを使って停止して再開できます。

保留済み TT 注文タイプは、再発注前に変更できます。保留 TT 注文タイプを変更または再発注する際、以下の内容を考慮してください。

  • TT ブラケットと TT OCO: 枚数への変更は可能で、注文は元の価格で再開されます。
  • TT アイスバーグ: 枚数に変更を追加できます。
  • TT イフタッチ: 枚数や価格に変更を追加できます。
  • TT ストップ: 枚数や価格に変更を追加できます。

: すべての保留または停止中の TT 注文タイプ注文に変更を追加できません。