リスク限度

リスク限度

口座の自動手仕舞い

会社の管理者として、[Accounts] - [SOD/Credit] タブを使って、一日のクレジット限度を超過した口座に対して行う操作を定義できます。

[SOD/Credit] タブの [Credit Loss Adjustment Settings] セクションには、利用可能なクレジットが、一日の限度 (損益分を+またはー) に基づいて指定したパーセント数を下回った場合に行う操作を設定できるオプションが含まれています。会社の管理者として、クレジット損失のパーセント数や、クレジット損失パーセント数を超過した場合に口座で執る以下の取引後操作を設定できます。

  • 取引の無効化
  • 取引の無効化と約定待ち注文の取消
  • 取引の無効化、約定待ち注文の取消、オープン ポジションのクローズ (自動手仕舞い)

口座で有効化する場合、これらのオプションは口座の副口座でも適用されます。クレジット損失パーセント数に基づいて以上の操作を行うオプションは、既定で無効化されています。自動手仕舞い機能は口座ごとに有効化されていますが、[Credit Check] が有効化されている場合と、自動手仕舞いユーザーが会社で定義されている場合にのみ適用されます。

: 自動手仕舞いの取引後オプションに関しては、[Users] - [SOD/Credit] タブにおいて会社のすべての口座で自動手仕舞いを有効化する前に、会社に対して自動手仕舞いユーザーを割り当てることで、会社でこの機能を有効化してください。自動手仕舞いは、1人の手仕舞いユーザーが割り当てられるまで開始されません。自動手仕舞いオプションを選択する際、ポジションのクローズに必要となる、必須の取引所設定も行う必要があります (例: オペレーター ID)。適切な取引所設定が行われていなければ、手仕舞い注文は取引所に拒否されます。

口座に自動手仕舞いオプションを有効化する場合、以下の内容を考慮してください。

  • 自動手仕舞い設定は、口座階層の1つのレベルでのみ有効となります。これは、内部または外部の送信口座でのみサポートされています。
  • 自動手仕舞いが外部送信可能口座で有効化されていて、口座が後に送信不可に変更されると、自動手仕舞いはその口座では有効でなくなります。
  • 自動手仕舞いは、共有口座では同様に機能し、有効な状態を保ちます。
  • 親口座でトリガーされると、集約ポジションは親口座レベルでのみ手仕舞いされます。
  • 自動手仕舞いを子口座で有効化した後に親口座で有効化すると、子口座の設定は無視されます。
  • 手仕舞い注文を該当する取引所に送信できるように、自動手仕舞いを有効化している口座に、必要な口座と接続資格が割り当てられていることを確認してください。
  • 別の会社が所有する口座で、自分の会社と共有している口座対して、自動手仕舞いを有効化できます。