リスク限度

リスク限度

注文のクロス回避とポジション トランスファー

TT システムは、クロス注文の回避機能 (Avoid Orders That Cross (AOTC)) を有効化し、口座ごとに異なった AOTC ルールを選択して、取引所で注文のクロス回避を行える機能をリスク管理者に提供しています。

注文のクロス回避ルール

口座を作成する際、口座ごとに次の注文のクロス回避ルールを選択して、取引所での注文のクロスの発生を回避できます。

  • Not Applied: 注文のクロス回避ルールがまったく口座に適用されていないことを示しています。
  • Reject New: 同じ口座または口座ツリーで既存注文を約定させる可能性のある新規注文を拒否します。指値注文とネイティブ アイスバーグ注文にのみ適用されます。
  • Cancel Resting (wait for ACK): 既存注文の取消要求を取引所に送信します。取引所が要求を確認して注文を取り消した際に、新規注文を送信します。指値注文とネイティブ アイスバーグ注文にのみ適用されます。
  • Position Transfer: クロス注文の注文枚数に基づいて、注文を取り消すべきか、差し替えるべきかを決定します。注文が、同じ口座「ツリー」の既存注文注文を約定させる可能性がある場合で、口座または副口座に [Position Transfer] (ポジション トランスファー) が有効化されている場合、[Position Transfer] は、既存注文の枚数を減少させ、既存注文の指値で、2つの注文が取引所で約定したと仮定して、口座にて各注文に各2つの合成約定を作成します。ポジション トランスファーの機能に関する詳細は、ポジション トランスファーを参照してください。

  • Position Transfer (既存注文が最良買/売の場合): クロス注文の枚数と、同じ口座「ツリー」を使って発注された既存注文の価格に基づいて、注文を取り消すべきか差し替えるべきかを判断します。このルールは、注文が現在の最良買/売値で既存注文を約定させる可能性がある場合のみ、内部マッチングが発生するという点を除いて、[Position Transfer] と同様に機能します。

    : このルールを使用する場合、アグレッシブ注文の送信途中に、既存の注文が取引所でマッチして約定される可能性があります。

会社の口座内や口座間でクロスする注文に対し、口座レベルで注文の既定の操作を設定できます。

注文のクロス回避は親口座に設定し、親口座に関連する副口座 (子口座) で継承されます。親口座が別の会社と共有される場合、共有会社は、共有先会社の子口座に注文のクロス回避を設定するかどうかを決定できます。

ポジション トランスファー

親口座ツリーの注文のクロス回避ルールに [Position Transfer] を選択した場合、同じツリーの注文は既存注文を約定させる可能性や、既存注文が取り消される可能性、新規注文が拒否される可能性、また既存注文がマーケットから取り消され、合成的にマッチされ、結果としてエンドユーザーに約定が生じる可能性があります。注文を一度送信して、注文をマッチングさせ約定できる可能性のある約定待ち注文があると判断した場合、新規注文は保留にされ、システムは、新規注文の枚数に基づいて、既存の注文の取消または変更を試みます。TT [Trade] アプリケーションでは、ポジション トランスファーの結果は [Audit Trail] (システム履歴) や [Fills] (約定状況) ウィジェットで記録されます。

ポジション トランスファー ルールがユーザーの口座に適用されると、この口座で発注された注文は、TT システムの内部により内部で取引所事前一致され、[Trade] アプリケーションの [Audit Trail] と [Fills] ウィジェットに、ポジション トランスファー メッセージが表示されます。

注文を送信して、注文をマッチングさせ約定できる可能性のある約定待ち注文があると判断した場合、新規注文は保留にされ、[Position Transfer] は、以下のように新規注文の枚数に基づいて、既存の注文の取消または変更を試みます。

  • 約定待ち注文の枚数が保留注文の枚数と同じ場合で、内部でマッチングできる場合、約定待ち注文を取り消します。取引所が注文の取消を確認した場合、保留注文を削除します。
  • 約定待ち注文の枚数が保留注文の枚数より多い場合、約定待ち注文の枚数を減少させて保留注文と同じ枚数にし、保留注文を削除します。
  • 約定待ち注文の枚数が保留注文の枚数より少ない場合、約定待ち注文を取り消します。取引所が注文の取消を確認した際、保留注文の枚数を減少させて発注します。
  • 約定待ち注文が枚数確認と注文操作の途中で約定した場合、TT は取引所に負の確認を送信します。取引所が負の確認を受け取った場合、保留注文が送信されます。

ポジション トランスファーの設定

[Position Transfer] ルールを適用させて注文のクロスを回避する場合、以下の内容を考慮してください。

  • [Trade] アプリケーションは、新規に発注した注文 (または保留注文) ではなく、既存注文の価格を使用します。
  • [Position Transfer] は指値注文とネイティブ アイスバーグ注文のタイプにのみ適用されます。
  • ADL アルゴで発注した注文は、リスクと約定の点では ADL 以外で発注した注文と同様に作動します。
  • [Position Transfer] が、取引所定義のスプレッドとストラテジーの注文に適用されます。価格でマッチングした際、口座に合成スプレッドとレッグの約定が作成されます。