リスク限度

リスク限度

口座の自動手仕舞いの設定

[Company] - [Settings] - [Profile] タブにて、会社の取引後リスク管理を有効化できるオプションがあります。この機能が、会社レベルで有効化されている場合は、口座ベースで会社のすべての口座の取引後リスク操作を有効化できます。

会社の取引後リスク管理を有効化するには、「Disable credit loss actions (including Auto-liquidation)」 (クレジット損失操作の無効化(自動手仕舞い)) の設定を有効化します。取引後リスク管理オプションの1つとして口座の自動手仕舞いを有効化したい場合は、口座手仕舞いユーザーも割り当てる必要があります。

: 自動手仕舞いを機能させるには、[Profile] タブで割り当てる自動手仕舞いユーザーが、該当する取引所が必須としている適切な取引所資格で設定されていることを確認します(例: タグ 50)。最終オーダは、このユーザの代わりに取引所に発注されます。[User] - [Exchanges] タブにて取引所プロパティがユーザーに設定されます。口座の自動手仕舞いユーザが割り当てられていない場合、または必要に応じて [User] - [Exchanges] 設定が正しく設定されていない場合、手仕舞いは開始されません。

自動手仕舞いユーザーを会社に割り当てる際は、以下の内容を考慮してください。

  • 口座の自動手仕舞い機能を使用するには、会社に 1 人のユーザーのみ割り当てらる必要があります。
  • ユーザーのリスク限度 (例: 1 秒あたりの取引モード、最大注文など) は、手仕舞いユーザには適用されません。
  • 必要なユーザーの取引所資格条件が、手仕舞いユーザーに割り当てられていることを確認してください。これらの資格情報は、口座を手仕舞いするために、ルーティング注文に必須です。
  • 手仕舞いユーザーは口座を持っている必要はありません。手仕舞い注文を該当する取引所に送信できるように、自動手仕舞いを有効化している口座に、必要な口座と接続資格が割り当てられていることを確認してください。

会社の自動手仕舞いを設定するには

: 会社の口座にクレジット損失を有効化する前に、この手順を実行してください。

  1. 左ナビゲーション画面の [Company Settings] - [Settings] をクリックします。
  2. [Profile] (プロファイル) タブをクリックします。
  3. Disable credit loss actions (including Auto-liquidation)」 (クレジット損失操作の無効化(自動手仕舞い) チェックボックスをクリック (有効化) します。
  4. [Account Liquidation User] (口座手仕舞いユーザー) 欄をクリックして、ユーザーを選択します。

    : 会社で自動手仕舞い口座を有効化する前に、「口座手仕舞いユーザー」を割り当てます。1人の手仕舞いユーザーが会社に割り当てられるまで、自動手仕舞いを口座に有効化することはできません。

  5. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。

    取引後リスク管理がこれで会社に有効になり、クレジット損失設定が割り当てられた会社の口座に適用することができます。

会社の自動手仕舞いを無効化するには

  1. 左ナビゲーション画面の [Company Settings] - [Settings] をクリックします。
  2. [Profile] (プロファイル) タブをクリックします。
  3. Disable credit loss actions (including Auto-liquidation)」 (クレジット損失操作の無効化(自動手仕舞い) チェックボックスをオフに (解除) します。
  4. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。

    取引後リスクの管理は、これで会社に無効化されました。