ユーザー

ユーザー

ユーザー リスク限度の設定

ユーザー リスク限度を設定するには

  1. [Settings] 画面にて [Apply Limits] (限度の適用) をクリックすると、口座またはユーザーの限度チェックを有効にできます。

    オプションで、同じ限度をブロック注文やクロス注文、合成親注文に適用するかどうかを定義できます。

    : [Apply Limits] (限度の適用) が有効の場合、ユーザーや親口座、子口座が取引を許可されている各銘柄や限月の限度を定義する必要があります。

  2. [Limits] (限度) セクションにて [+Add] をクリックして、新規のリスク限度を作成するか、[Limits] (限度) セクションにて既存の限度を選択します。

    既存の限度を選択する場合、選択ユーザーや口座の限度タブ内で、[Copy] ボタンをクリックして、銘柄限度をコピーできます。

    新規のリスク限度を作成する際、[New Limit] ウィンドウの [Exchange]、[Product Type]、[Product]、[Contract] を選択して [Add Limit] をクリックします。

    : 銘柄を指定しない場合は、限度は、選択した取引所の、選択銘柄タイプの全銘柄の既定の限度が設定されます。限月を選択しない場合は、選択銘柄のすべての限月に、既定の限度が設定されます。

    銘柄限度設定が表示されます。

  3. 必要に応じて以下のリスク限度を設定します。
    • アウトライト

    • : 銘柄のすべての限月や1つの限月にリスク限度を適用する場合は、以下のセクションが表示されます。

      • Trading Allowed: 選択した限月でアウトライトの取引ができるかを指定します。
      • Max order quantity: 限月で発注できる最大個別注文枚数の限度を指定します。この設定で、銘柄または取引所レベルで存在する最大注文枚数設定が指定変更されます。
      • Price reasonability: ユーザーが限月に対し発注できる市場価格からの距離を定義します。[Ticks] 欄を使てマーケットからの追加ティック数を設定でき、[Percent] 欄を使って現在の価格からの追加パーセント数を設定できます。限度と売注文以上で市場以下での買注文の発注に、この設定を実施する場合、[Aggressive only] オプションを選択します。この設定で、銘柄または取引所レベルで存在する価格妥当性設定が指定変更されます。
      • Reject orders when there is no market data: 市場がマッチング状態か非マッチング状態のいずれかにもかかわらず、マーケット データが利用できない場合に注文を拒否するには、このオプションをオンにします。既定で、マーケット データが利用できない場合でも注文は許可されます。
      • Price reasonability (ticks) during non-matching states (e.g., pre-open): 非マッチング取引所ステータスの間に価格妥当性を提供するにはこの設定をオンにします。これを適用すると、価格チェックは成行価格として参考始値を使用します。それ以外は、価格チェックは注文の終値や清算値から最初に利用可能な価格を使用します。これらの価格が存在しない場合は、アルゴリズムはマーケット データがまったくないと想定し、[Reject orders when there is no market data] オプションに基づいて、注文を許可または拒否します。

        [Ticks] 欄を使てマーケットからの追加ティック数を設定でき、[Percent] 欄を使って現在の価格からの追加パーセント数を設定できます。

    • スプレッドとストラテジー

    • : 全銘柄または1銘柄のすべての限月にリスク限度を適用する場合は、以下のセクションが表示されます。

      • Trading Allowed: 選択した限月でアウトライトの取引ができるかを指定します。
      • Max order quantity: 限月で発注できる最大個別注文枚数の限度を指定します。この設定で、銘柄または取引所レベルで存在する最大注文枚数設定が指定変更されます。
      • Price reasonability: ユーザーが限月に対し発注できる市場価格からの距離を定義します。[Ticks] 欄を使てマーケットからの追加ティック数を設定でき、[Percent] 欄を使って現在の価格からの追加パーセント数を設定できます。限度と売注文以上で市場以下での買注文の発注に、この設定を実施する場合、[Aggressive only] オプションを選択します。この設定で、銘柄または取引所レベルで存在する価格妥当性設定が指定変更されます。
      • Reject orders when there is no market data: 市場がマッチング状態か非マッチング状態のいずれかにもかかわらず、マーケット データが利用できない場合に注文を拒否するには、このオプションをオンにします。既定で、マーケット データが利用できない場合でも注文は許可されます。
      • Price reasonability (ticks) during non-matching states (e.g., pre-open): 非マッチング取引所ステータスの間に価格妥当性を提供するにはこの設定をオンにします。これを適用すると、価格チェックは成行価格として参考始値を使用します。それ以外は、価格チェックは注文の終値や清算値から最初に利用可能な価格を使用します。これらの価格が存在しない場合は、アルゴリズムはマーケット データがまったくないと想定し、[Reject orders when there is no market data] オプションに基づいて、注文を許可または拒否します。

        [Ticks] 欄を使てマーケットからの追加ティック数を設定でき、[Percent] 欄を使って現在の価格からの追加パーセント数を設定できます。

    • 銘柄間スプレッドとストラテジー

    • : 全銘柄または1つの銘柄間スプレッド・ストラテジーにリスク限度を適用する場合は、以下のセクションが表示されます。

      • Trading Allowed: 銘柄のスプレッドやストラテジーが取引可能かどうかを指定します。この銘柄で取引を制御し、この銘柄の特定の限月での取引を許可する場合、このオプションのチェックを解除します。
      • Max order quantity: 特定の銘柄、銘柄タイプ、限月のスプレッドまたはストラテジーに入力できるように、最大個別注文枚数に限度を指定します。
      • Price reasonability: ユーザーが限月に対し発注できる市場価格からの距離を定義します。[Ticks] 欄を使てマーケットからの追加ティック数を設定でき、[Percent] 欄を使って現在の価格からの追加パーセント数を設定できます。限度と売注文以上で市場以下での買注文の発注に、この設定を実施する場合、[Aggressive only] オプションを選択します。
      • Reject orders when there is no market data: 市場がマッチング状態か非マッチング状態のいずれかにもかかわらず、マーケット データが利用できない場合に注文を拒否するには、このオプションをオンにします。既定で、マーケット データが利用できない場合でも注文は許可されます。
      • Price reasonability (ticks) during non-matching states (e.g., pre-open): 非マッチング取引所ステータスの間に価格妥当性を提供するにはこの設定をオンにします。これを適用すると、価格チェックは成行価格として参考始値を使用します。それ以外は、価格チェックは注文の終値や清算値から最初に利用可能な価格を使用します。これらの価格が存在しない場合は、アルゴリズムはマーケット データがまったくないと想定し、[Reject orders when there is no market data] オプションに基づいて、注文を許可または拒否します。

        [Ticks] 欄を使てマーケットからの追加ティック数を設定でき、[Percent] 欄を使って現在の価格からの追加パーセント数を設定できます。

  4. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。
  5. ユーザーの限度を除去するには、[Limits] セクションの限度を選択して [Remove] をクリックします。