ユーザー

ユーザー

ユーザーの管理

会社でユーザーを管理するにおいて、[Users] タブを使って以下の内容を実行できます。

  • ユーザーの複製
  • ユーザーの削除
  • ユーザーの非アクティブ化
  • 退社ユーザーの再招待
  • ユーザー ログイン履歴の表示
  • ユーザーの環境の管理

ユーザーの複製

新規ユーザーのユーザー設定を複製 (コピー) し、[Clone] (複製) ボタンを使って会社に追加できます。

ユーザーを複製するには

  1. 左ナビゲーション画面の [Users] をクリックします。

    [Users Grid] が表示されます。

  2. グリッドからユーザーを選択するか、[Search] (検索) ボックスにユーザー名を入力します。
  3. [Clone] (複製) ボタンをクリックします。
  4. フォームに入力して、複製する必要のないオプションをオフにします (例: 取引アクセス許可)。既定ですべてのオプションはオン (有効) になっています。
  5. [Clone] (複製) をクリックします。

    複製済みのユーザー プロファイルは [Users] 画面に表示されます。

ユーザーの削除

会社に所属するユーザーのみ削除できます。ユーザーを削除すると、そのユーザーは [Users Grid] に表示されなくなり、また共有する会社にも表示されなくなります。また削除されたユーザーは、会社の情報をまったく使用できなくなります。ただしプロファイルと設定はデータベースに保存されます。

: ユーザーの招待状が保留中の場合に削除すると、招待状は自動的に廃止されます。

ユーザーを削除するには

  1. 左ナビゲーション画面の [Users] をクリックします。

    [Users Grid] が表示されます。

  2. グリッドからユーザーを選択するか、[Search] (検索) ボックスにユーザー名を入力します。
  3. [Profile] (プロファイル) タブをクリックします。
  4. ユーザーのプロファイル画面の上部の [XDelete] をクリックします。

ユーザーの非アクティブ化

会社内のユーザーを非アクティブ化できます。非アクティブ化されたユーザーは、TT プラットフォームにログインして取引できません。また会社の情報や共有会社の情報に全くアクセスできなくなります。

ユーザーが会社と共有されている場合、また共有会社がそのユーザーを非アクティブ化した場合、そのユーザーはログインすることも、(非アクティブ化されていない) 他の会社にアクセスすることもできません。これらのユーザーは、非アクティブ化した共有会社にもアクセスできません。

ユーザーを非アクティブ化するには

  1. 左ナビゲーション画面の [Users] をクリックします。

    [Users Grid] が表示されます。

  2. リストからユーザーを選択するか、[Search] (検索) ボックスにユーザー名を入力します。
  3. [Status] セクションの [Inactive] (非アクティブ化) チェックボックスをクリックします。

    [Users List] の下部でユーザー名が灰色表示にされ、「INACTIVE」 (非アクティブ) と示されます。

退社ユーザーの再招待

別の会社の招待状を受諾したため退社させられたユーザーに再度招待状を送信できます。ユーザーが再入社する場合、ユーザーの元のワークスペースと設定が復元されます。退社ユーザーは、招待状を受諾するまで、現在の会社に存在し続けます。

: 会社のアクティブ ユーザーが別の会社に加入した場合は、仮ユーザーのステータスに戻ります。「招待状のステータス」が、「Permanently Retired」 と示され、この招待状を再送信することも、招待状を取り消すこともできなくなります。ただしユーザーの設定は会社のデータベースに保存され、設定や転送することが可能です。

退社ユーザーを再招待するには

  1. [Users] データ グリッドにて、退社ユーザーを選択します。
  2. [Profile] (プロファイル) タブをクリックします。
  3. [Status] セクションにて [Re-invite Retired User] をクリックします。

    : 元の招待状の受諾に使用された TT 口座のみが、再招待状の受諾に使用されます。

ログイン履歴の表示

[User's] 画面の [Login History] (ログイン履歴) タブを使って、TT プラットフォームへのログ履歴を表示できます。会社のユーザーのログイン履歴に加え、会社の共有ユーザーのログイン履歴も表示できます。

ユーザーのログイン履歴を表示するには、データ グリッドにてユーザーを選択して [Login History] タブをクリックします。[Login History] セクションには以下の列が含まれます。

  • State: ログインの状態が示されます (ログインまたはログアウト)。
  • IP; ユーザーのセッションの IP アドレスが示されます。
  • In Date: ユーザーが TT プラットフォームにログインした日付と時間。
  • Exp Date:
  • Out Date: ユーザーが TT プラットフォームをログアウトした日付と時間。
  • App: TT プラットフォームへのログインに使用されたアプリケーション。

ユーザーの環境の管理

会社の管理者として、[Environments] タブを使って、会社のユーザーに対し、取引環境の追加や削除、表示などを実行できます (例: デモ取引環境、実働環境、UAT 等)。非管理者ユーザーにはこのタブへのアクセス許可は含まれません。

ユーザーの環境を管理するには

  1. [Environments] タブをクリックします。
  2. 環境にユーザー アクセスを追加するには、[Add] をクリックします。
  3. 環境へのユーザー アクセスを除去するには、環境の横のチェックボックスをクリックして [Remove] (除去) をクリックします。