ユーザー

ユーザー

アプリケーション キーの作成と管理

[App Keys] を使って、独自のカスタム REST API 取引アプリケーションを使って TT にログインするためのアプリケーション キーを作成して管理できます。アプリケーション キーを作成すると、Setup は TT REST アプリケーションのログイン コールにコピーや貼り付けができるキー値を生成します。

取引アプリケーションを通じて TT にログインすると、TT はアプリケーション キーの認証を行い、TT プラットフォームでサービスにアクセスするためのトークンを受信できるようにします。 取引アプリケーションにログインした後は、Setup に割り当てられたものと同じ注文アクセス許可やリスク設定、口座の制限などを使用できます。

REST API 取引アプリケーションを通じてログインする際、Setup でユーザーとして割り当てられている同じ注文アクセス許可や口座制限も同様に適用されます。

ブラウザまたは REST API 取引アプリケーションのいずれを通じてログインした場合でも、両方の場合に同じ注文アクセス許可や口座制限が適用されます。

アプリケーション キーの作成

ユーザーまたは会社の管理者として、独自のアプリケーション キーを作成して管理できます。さらに会社の管理者として、会社の仮ユーザーにアプリケーション キーを作成して管理することもできます。ただし、仮ユーザーが会社への参加を受諾すると、Setup はアプリケーション キーを削除し、ユーザーは独自のアプリケーション キーを作成する必要があります。

: Setup では自分のユーザー名に対してのみアプリケーション キーを作成できます。

アプリケーション キーを作成するには

  1. 左ナビゲーション画面の [Users] をクリックして、データ グリッドにてユーザーを選択します。
  2. [App Keys] タブをクリックします。
  3. [App Keys] データ グリッドにて、[New] をクリックします。

  4. [Create New Application Key] 画面の、[Application Key Name] 欄にてユーザー定義の名前を入力します。

    キー名は固有である必要があります。

  5. [Create] をクリックします。

    アプリケーション キーが生成され、[Secret] 欄に表示されます。

  6. [Copy Secret to Clipboard] をクリックすると、コンピューターに値を保存できます。

    REST API 取引アプリケーションのログイン コールにコピーした秘密の値が追加されます。

  7. [Create New Application Key] 画面を終了して閉じるには、[Ok] をクリックします。

    追加のアプリケーション キーを作成するには、以下の手順からこの処理を繰り返します。

アプリケーション キーの管理

[App Keys] タブを使って、既存のアプリケーション キーの削除や名前の変更、非アクティブ化ができます。

アプリケーション キーを管理するには

  1. 左ナビゲーション画面の [Users] をクリックして、データ グリッドにてユーザーを選択します。

    複数のユーザーを選択できます。

  2. [App Keys] タブをクリックします。
  3. [App Keys] データ グリッドのアプリケーション キーを選択します。

    複数のキーを選択できます。

  4. アプリケーション キーを非アクティブ化して削除するには、[Delete] をクリックします。

    : 取引アプリケーションで削除済みのキーが除去され新しいキーに置き換えられていることを確認してください。

  5. アプリケーション キーの名前を変更するには、[Name] をクリックして新しい名前を入力します。
  6. アプリケーション キーを非アクティブ化するには、[Inactive] チェックボックスをクリックします。チェックボックスがオンになっている場合は、アプリケーション キーは非アクティブです。

    : 必要に応じて、取引アプリケーションで非アクティブ キーが置換えられていることを確認します。

    アプリケーション キーを再度アクティブ化するには、[Inactive] チェックボックスをオフにします。

  7. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。