口座

口座

口座へのユーザーの割り当て

[Accounts] (口座) ウィンドウにて、[Users] タブをクリックして、口座にユーザーと FIX セッションを割り当てます。注文は1つの口座を使って発注されますが、ユーザーは複数の口座に割り当てることができます。左ナビゲーション パネルの [Users] タブを使って、ユーザーの追加や設定ができます。

ユーザーが口座に割り当てられると、その口座の任意の副口座を使用することが許可されます。ユーザーは子口座に割り当てることはできません。すべての子口座は継承されます。また、2人のユーザーが同じ口座に割り当てられると、両方のユーザーはその口座でのすべての注文操作を表示できます。

[Users] タブにて、口座のすべての正規ユーザーの表示や設定、さらに1人以上のユーザーへの口座アクセスの割り当てや割り当て解除ができます。[Account] (口座) ウィンドウで [Setting] (設定) タブを使ってこれを実行できます。さらに、ユーザーが取引できるすべての口座の表示や設定をはじめ、1人のユーザーから1つ以上の口座を追加・除去できます。[Users] - [Accounts]タブで、ユーザーごとに口座を割り当てたり除去することもできます。

: 親口座に割り当てられたユーザーは [Accounts] (口座) - [Users] (ユーザー) タブにイタリック体で表示され、副口座レベルでは除去または編集できません。

口座にユーザーを割り当てるには

  1. 左ナビゲーション画面の [Accounts] をクリックします。
  2. 口座を選択するには、グリッドにて口座の横のチェックボックスをクリックします。複数の口座を選択できます。
  3. 選択した口座の [Users] タブをクリックして、ユーザー セクションの [Add] ボタンをクリックします。

    [Select User] (ユーザーの選択) 画面が表示されます。

  4. [Select Users] 画面にて1人以上のユーザーをクリックして [Select] をクリックします。

    選択済みのユーザーが [Users] セクションに表示されます。選択済みのユーザーには、[Order Permissions] (注文アクセス許可) と [Additional Permissions] (追加アクセス許可) セクションも表示されます。

    注: 口座名が [Inherited] (継承) 列に一覧されている場合、選択した口座のユーザー割り当てとアクセス許可が、親口座から「継承」されます。

  5. 以下の口座アクセス許可を設定します。

    • Update Positions (例: マニュアルフィルの作成): ユーザーがこの口座のマニュアル フィルや修正を入力できるようにします。

      : [Account permissions] は、親口座とすべての副口座に適用されます。

    • Submit Block/Cross Orders: ユーザーーがブロック注文やクロス注文を発注できるかどうかを決定します。
    • Delete Orders: この口座のユーザーが、取引の際に注文を取消できるようにします。注文の発注設定を有効化する前に、このオプションをオンに設定しておく必要があります。
    • Submit Staged Orders: このオプションがオンの場合、ユーザーは、選択口座と副口座にステージ注文を発注できます。ユーザーに口座口座にユーザーを割り当てる際の各ステージ注文オプションに関する詳細については、ステージ注文のアクセス許可を参照してください。

    • Manage Own Staged Orders: このオプションがオンの場合、ユーザーは、選択口座と副口座に発注された自分のステージ注文を管理できます(つまり、要求/非要求、代理注文での執行)。

      このチェックボックスがオフの場合、このオプションにより自分のステージ注文が要求されないようにできます。

      この設定をオフにして、[Manage Orders Staged by Others] をオンにすると、ユーザーは、他のユーザーが行ったステージ注文のみを管理できるようになります。

      : このオプションを設定するには、[Submit Staged Orders] オプションをオンに設定する必要があります。

    • Manage Orders Staged by Others: 選択口座や副口座に発注された (自分では発注しなかった) すべてのステージ注文を管理できるようになります (つまり要求/非要求、代理注文等)。[Submit Staged Orders] と [Manage Own Staged Orders] 注文もオンの場合、ユーザーは自分で発注したしてーじ注文も管理できます。

      ステージ注文を表示するには、所有者となる可能性のあるユーザーはこのオプションを設定し、ステージ注文口座へのアクセスを持っている必要があります (つまりステージ注文を要求するユーザー)。ステージ注文と非ステージ注文の両方、つまり口座のすべての注文は、口座に割り当てられているすべてのユーザーによって表示可能です。

      : このオプションを設定するには、[Submit Staged Orders] オプションをオンに設定する必要があります。

    • Submit DMA Orders: この口座のユーザーが、ダイレクト マーケット アクセス注文を発注できるようにします。これがオン (有効) の場合、以下に [Allow] または [Deny] を選択します。
      • Algos: ユーザーが Algo SE サーバーにストラテジーを展開できるか否かを定義します。ADL アルゴ、TT Synthetic アルゴ、TT SDK を含みます。
      • Autospreader: ユーザーが Autospreader SE サーバーに合成スプレッド ストラテジーを展開できるか否かを定義します。
      • GTC/GTDate: ユーザーが GTC (Good til Cancel) と GTD (Good til Date) 注文を発注できるか否かを定義します。
      • Market: ユーザーが成行注文を発注できるか否かを定義します。[Deny] (拒否) を選択すると、ユーザーは、ストップ成行 (Stop Market)、成行イフタッチ (Market If Touched)、Market-To-Limit.を含めすべての成行注文を発注できません。
      • Mobile: TT プラットフォームへのモバイルアクセスによる取引を許可または拒否します。

        : この設定ではまた、モバイル口座とデスクトップ取引用の口座とで、異なったアクセス許可を設定することもできます。

    • Require AutoRFQ for Cross trades: ユーザーまたは口座にこの設定が有効化されている場合、クロス注文を発注する前に、RFQ の送信が強制となります。会社のユーザーや口座に対して、管理者のみがこの設定を有効化できます。
    • Staged Order Risk Check: この欄をクリックして以下の内容の1つを選択します。
      • At Execution: 関連子注文が執行される際に、リスク チェックがステージ注文に適用されます。
      • Upon Claim: ステージ注文が要求される際にリスク チェックが口座に適用されます。
  6. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。

    : ユーザーに副口座を割り当てる場合、[Inherited] (継承) 列に、親口座に割り当てられたユーザーの親口座が表示されます。ユーザーが親口座に割り当てられている場合、そのユーザーも各子口座に割り当てられ、親口座に割り当てられた同じユーザー許可を継承します。

口座のユーザーアクセス許可の変更

  1. 左ナビゲーション画面で [Accounts] をクリックして、口座を選択します。
  2. 選択口座ページにて、[User] タブをクリックします。
  3. [Users] セクションに一覧されているユーザー名のチェックボックスをクリックします。

    [Order Permissions] (注文許可) と [Admin Permissions] (管理許可) セクションが表示されます。

    必要に応じて追加ユーザーの横のチェックボックスをクリックします (複数ユーザーを選択できます)。

  4. 該当するアクセス許可設定を変更し [Save] をクリックします。

    変更済みのアクセス許可が [Accounts] > [Users] タブにも表示されます。

口座からのユーザーの除去

[User] タブを使って、口座から既存のユーザーを除去します。

口座からユーザーを除去するには...

  1. ユーザーをクリックします。
  2. [Users] セクションで1つ以上の項目を選択して [Remove] ボタンをクリックします。

    : 親口座からユーザーを除去すると、すべての子口座からユーザーが除去されます。

  3. [Save changes] (変更の保存) をクリックします。