口座

口座

ステージ注文のアクセス許可

以下のステージ注文のアクセス許可は、ユーザーに口座を割り当る際や、口座にユーザーを割り当てる際に設定されます。

  • Submit Staged Orders: このオプションがオンの場合、ユーザーは、選択口座と副口座にステージ注文を発注できます。

    ユーザーは自分のステージ注文を表示できます。ステージ注文が約定すると、ユーザはステージ注文の元の口座で約定を受け取ります (ステージ注文を要求した所有者が、親ステージ注文の子注文を別の口座で執行した場合でも約定を受け取ります)。リスク限度は、ユーザーとステージ注文を発注したユーザーの口座に適用されます。

  • Manage Own Staged Orders: このオプションがオンの場合、ユーザーは、選択口座と副口座に発注された自分のステージ注文を管理できます(つまり、要求/非要求、代理注文での執行)。

    受信ステージ注文を表示するには、所有者となる可能性のあるユーザーはこのオプションを設定し、ステージ注文口座へのアクセスを持っている必要があります。ステージ注文と非ステージ注文の両方、つまり口座のすべての注文は、口座に割り当てられているすべてのユーザーによって表示可能です。

    このチェックボックスがオフの場合、このオプションにより自分のステージ注文が要求されないようにできます。

    この設定をオフにして、[Manage Orders Staged by Others] をオンにすると、ユーザーは、他のユーザーが行ったステージ注文のみを管理できるようになります。

    : このオプションを設定するには、[Submit Staged Orders] オプションをオンに設定する必要があります。

  • Manage Orders Staged by Others: 選択口座や副口座に発注された (自分では発注しなかった) すべてのステージ注文を管理できるようになります (つまり要求/非要求、代理注文等)。[Submit Staged Orders] と [Manage Own Staged Orders] 注文もオンの場合、ユーザーは自分で発注したしてーじ注文も管理できます。

    ステージ注文を表示するには、所有者となる可能性のあるユーザーはこのオプションを設定し、ステージ注文口座へのアクセスを持っている必要があります (つまりステージ注文を要求するユーザー)。ステージ注文と非ステージ注文の両方、つまり口座のすべての注文は、口座に割り当てられているすべてのユーザーによって表示可能です。

    ステージ注文としてユーザーが発注できる限月を制限するには、ユーザーやユーザーの口座、ユーザーの親口座にリスク限度をユーザーに設定する必要があります。

    ポジション トランスファーが要求済ステージ注文をもつ親口座または子口座で有効化されている場合、所有者(ステージ注文の要求者) は、自分の口座やステージ注文口座を使って手動でポジション トランスファーを行うように選択できます (ただしこれら両方の口座がポジション トランスファーが有効な口座階層にある場合のみ可能です)。これにより、希望するポジションをもつ発信者 (ステージ注文を発注したユーザー) と、反対のポジションをもつ所有者の、相反するマニュアル フィルができます。

    所有者がステージ注文の代わりに執行すると、子注文に使用された所有者の執行口座のすべての限度と、これらの執行口座のすべての親口座が適用されます。注文がステージ化された際に発信者の限度はすでに確認されているので、ユーザーの限度はこの時点で適用されません。

    : このオプションを設定するには、[Submit Staged Orders] オプションをオンに設定する必要があります。