口座

口座

口座制限の設定

管理者は口座ごとに、[Restrictions] (制限) タブを使って、ユーザーが口座でポジションの手動更新ができるかどうか、または口座を使って特定の注文タイプを送信できるかどうかを設定できます。これらの制限は口座の子 (副) 口座にも適用され、口座が別の会社と共有された場合でもこの制限は施行されます。口座が作成されると、制限オプションは既定で [Deny] に設定されます。口座が複製されると、複製された口座にも同じ制限が設定されます。

口座の制限を設定するには...

  1. 口座を選択して [Restrictions] (制限) タブをクリックします。
  2. 口座にすべての注文と取引のアクセス許可 (制限) を適用させるには、[General] セクションで [Apply Restrictions] チェックボックスがオンになっていることを確認します。これは既定の設定です。

    : [Apply Restrictions] がオン (有効) の場合、[Account Restrictions] セクションで [Deny] を選択すると、たとえユーザーに特定の設定が行われていても、ユーザーは、この口座やすべての副口座の関連機能が使用できなくなります。既定ですべての口座アクセス許可は [Deny] に設定されています。

  3. [Account Restrictions] セクションにて [Allow All] または [Deny All] をクリックして口座にすべての注文アクセスを許可または拒否するか、または各注文アクセスの [Allow] または [Deny] をクリックします。
    • Submit Block/Cross Orders: ユーザーがこの口座を使ってブロック注文やクロス注文を発注できるかどうかを定義します。
    • Submit DMA Orders: ユーザーがこの口座を使ってダイレクト マーケット アクセスを通じて注文を発注できるかどうかを定義します。
    • GTC/GTDate: 口座を使って GTC (Good til Cancel) と GTD (Good til Date) 注文を発注できるかどうかを定義します。
    • Market: 口座を使って成行注文を発注できるかどうかを定義します。[Deny] (拒否) を選択すると、ユーザーは、ストップ成行 (Stop Market)、成行イフタッチ (Market If Touched)、Market-To-Limit.を含めすべての成行注文を発注できません。
    • Autospreader: 口座を使って Autospreader SE サーバーで合成スプレッド ストラテジーを取引できるかどうかを定義します。
    • Aggregator: 口座を使って、集約銘柄の注文を発注できるかどうかを定義します。
    • ADL: ユーザーがこの口座を使って ADL アルゴを通じて注文を発注できるかどうかを定義します。
    • Mobile: 口座を使って、モバイル デバイスで注文を発注できるかどうかを定義します。
    • TT Synthetic Order Types: ユーザーが TT 合成注文タイプを発注できるかどうかを定義します。
    • TT Timed: ユーザーがこの口座を使って TT Timed (TT 時限) 注文を発注できるかどうかを定義します。
    • TT Stop: ユーザーがこの口座を使って TT Stop (TT ストップ) 注文を発注できるかどうかを定義します。
    • TT If-Touched: ユーザーがこの口座を使って TT If-Touched (TT イフタッチ) 注文を発注できるかどうかを定義します。
    • TT Trailing Limit: ユーザーがこの口座を使って TT Trailing (TT トレイリング) 注文を発注できるかどうかを定義します。
    • TT With-A-Tick: ユーザーがこの口座を使って TT With-A-Tick (TT ウィズ ア ティック) 注文を発注できるかどうかを定義します。
    • TT OCO: ユーザーがこの口座を使って TT OCO 注文を発注できるかどうかを定義します。
    • TT Bracket: ユーザーがこの口座を使って TT Bracket 注文を発注できるかどうかを定義します。
    • TT Iceberg: ユーザーがこの口座を使って TT Iceberg 注文を発注できるかどうかを定義します。
    • TT Retry: ユーザーがこの口座を使って TT Retry 注文を発注できるかどうかを定義します。
    • TT Timed Slice: ユーザーがこの口座を使って TT Timed Slice (TT 時間切り) 注文を発注できるかどうかを定義します。
    • Update positions (e.g., create manual fills): この口座のポジションを手動で更新できるかどうかを設定します。
  4. [Additional Permissions] (追加アクセス許可) セクションにて [Allow] または [Deny] をクリックして、口座でポジションを手動で更新できるかどうかを設定します。

    既定は [Allow] で、ポジションは手動で更新できます。[Deny] をクリックして、口座にマニュアル フィルやポジション更新ができないように設定します。

    注: この設定で、口座でのポジションの手動変更が制限されますが、自動の SOD (Start of Day) ポジションの更新は制限されません。

  5. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。