ライブ環境で [Order Tag Default] (注文タグ設定) 報告が UAT で 30,000 を超過する場合、[Filter OTD's] ボタンと [Hide fields with restricted values] (制限値で欄を非表示) チェックボックスが [Order Tag Defaults] (注文タグ設定) タブに表示されます。データ グリッドには、[Order Tag Default] 記録を表示するのにデータセットをフィルターする必要があるという指示として、 「フィルターの選択」が表示されます。

会社が大規模なデータセットを有している場合、管理者として、特定の [Order Tag Default] 記録を表示するには、特定のプロファイルや口座、ユーザー、取引所を選択する必要があります。[Hide fields with restricted values] チェックボックスをオンにすると、親口座の制限 [注文タグ設定] 値が表示された行を非表示にすることで、結果をさらにフィルターできます。

フィルターを選択した後、[Search] をクリックして、データ グリッドで結果を表示できます。