リスク管理

リスク管理

ポジション管理

会社の管理者として、[Accounts] - [SOD/Credit] タブの設定を使用して以下の内容を実行します。

  • 自動的にポジションをロールして、取引所でのポジション リセット後に SOD 記録を作成します。
  • 口座の取引所ポジション リセット時間を上書きします。

ポジション リセット

TT システムの「ポジション リセット」機能では、取引所セッション ロール時間か、管理者が定義した特定の時間で自動的にリセットを行う、シームレスな 24 時間の取引期間を提供しています。ポジション リセット時間では、直前の取引日からの約定は注文一覧から除去され、オプションで、清算値で価格設定された SOD 記録に変えられます。

ポジション リセットの機能方法

既定で、新規の口座は、各取引所のセッション ロール時間で (TT が設定)、各取引所でポジションのリセットを行います。例えば、16:38 CST に CME 銘柄ポジションがリセットされ、17:31 CST に ICE 銘柄のポジションがリセットされます。この既定モードでは、1つのリセット時間を設定する必要がなく、ユーザーが複数の取引所で取引できるようになっています。さらに管理者は、階層ですべての口座にて適用させる時間と時間帯を選択して、既定のポジション リセット時間を上書きするように選択できます。通常会社は、取引所にマーキング後に毎日、口座クレジット設定のリセットを行うので、これにより管理者は、特定のリセット時間を選択できます。

: 2016年8月6日より以前に作成された口座は、ポジション リセットの上書きを使用します。システム既定のポジション リセットの使用に切り替えるには、 [Position Reset Override] オプションのチェックをオフにします。この変更により、すべての口座の副口座がカスケード表示になります。

口座では TT Session の最初に、[Available Credit] が 口座レベルの [Daily Limit] 設定に設定されます。口座に [Create start-of-day (SOD) records] がオンに設定されている場合、前の取引セッションからのすべてのポジションは SOD 記録に変換され、清算値で価格設定されます。口座に [Create start-of-day (SOD) records] がオフに設定されている場合、直前のセッションからのポジションは含まれません。

: TT のポジション リセット機能は、すでにクローズされた取引所セッションの約定に基づいて、口座でのユーザーのポジションを計算しますが、その時間以降に取引セッションで発生した約定に対しては計算しません。ポジション リセットの上書き変更を使用する場合、TT では口座の最終取引所取引セッションのクローズ後のポジション リセット時間を設定することを推奨しています。

取引所ごとのポジション リセット時間

: [Position Reset] の上書きを使用する際、口座のポジション リセットを、以下に表示したリセット時間より後に起こるように設定することを推奨しています。上書きを使用する場合、親口座と子口座には、同じポジション リセット時間を設定する必要があります。

ASX

  • リセット時間 — 16:50:00
  • 時間帯 — オーストラリア/シドニー

BTEC

  • リセット時間 — 18:00:00
  • 時間帯 — 米国/ニューヨーク

CFE

  • リセット時間 — 15:20:00
  • 時間帯 — 米国/シカゴ

CME

  • リセット時間 — 16:37:00
  • 時間帯 — 米国/シカゴ

ERIS

  • リセット時間 — 17:05:00
  • 時間帯 — 米国/ニューヨーク

eSpeed

  • リセット時間 — 17:45:00
  • 時間帯 — 米国/ニューヨーク

EEX

  • リセット時間 — 22:45:00
  • 時間帯 — ヨーロッパ/ベルリン

Eurex

  • リセット時間 — 22:45:00
  • 時間帯 — ヨーロッパ/ベルリン

Euronext

  • リセット時間 — 23:00:00
  • 時間帯 — ヨーロッパ/アムステルダム

HKEx

  • リセット時間 — 1:10:00
  • 時間帯 — アジア/香港

ICE

  • リセット時間 — 18:30:00
  • 時間帯 — 米国/ニューヨーク

ICE_L

  • リセット時間 — 0:00:00
  • 時間帯 — ヨーロッパ/ロンドン

KCG

  • リセット時間 — 17:45:00
  • 時間帯 — 米国/ニューヨーク

LME

  • リセット時間 — 21:00:00
  • 時間帯 — ヨーロッパ/ロンドン

NDAQ_EU

  • リセット時間 — 19:30:00
  • 時間帯 — ヨーロッパ/オスロ

NFX

  • リセット時間 — 17:01:00
  • 時間帯 — 米国/ニューヨーク

OSE (大阪証券取引所)

  • リセット時間 — 3:30:00
  • 時間帯 — アジア/東京

SGX

  • リセット時間 — 4:50:00
  • 時間帯 — アジア/シンガポール

ポジション リセットの指定変更

管理者として、取引所リセット時間を特定の時間で指定変更するように選択できます。ポジション リセットは [Account Position Settings] セクションで設定されます。

ポジション リセットの指定変更の例

この例では、管理者は、SGX 銘柄を取引する口座に対し、アジア/シンガポール時間で午後7時のポジション リセットの指定変更を有効化します。SGX の場合、取引所リセット時間はアジア/シンガポール時間で 4:50 AM です。

これらの各時間に、ポジションは以下のように動作します。

  1. 4:50 AM: ポジション リセットは発生しません。前日からの約定は、[Trade] アプリケーションのポジションとして、トレーダーの [Positions] ウィジェットに保持されます。
  2. 4:50 AM ~ 7:00 PM: ポジション リセットは発生しません。前日からの約定と、4:50 AM ~ 7:00 PM までの約定が、ポジションとして [Positions] ウィジェットに保持されます。
  3. 7:00 PM: 7:00 PM のポジション リセット指定変更時間が SGX に対して有効化されているので、この時間までポジションは [Positions] ウィジェットに保持されます。7:00 PM に、4:50 AM より以前に受信した SGX の約定は、SOD に変換されるか削除されます。また 4:50 AM 以前に受信した約定は、次の日のリセット時間までポジションとして保持されます。