TT 注文タイプ

TT 注文タイプ

TT トレイリング リミット注文

トレイリング リミット注文は、市場から一定の距離の価格帯で取引所に直接注文を発注します。トレイリング リミット注文は、市場に関係して再価格設定を行います。トレイリング値は常に、現況よりも好条件に設定されます。つまり以下の内容を示します。

  • 売トレイリング リミットは、取引価格よりも一定額下に価格を設定します。市場が直近最高値より上に移動した場合、注文も上に移動します。市場が下に移動した際、注文は調整されません。
  • 売トレイリング リミットは、取引価格より一定額上に価格を設定します。市場が直近最安値より下に移動した場合、注文も下に移動します。市場が上に移動した場合、注文は調整させません。

例えば、直近値より 3 ティック離れた価格でトレイリング リミット注文を作成する場合、以下の TT トレイリング リミット注文パラメータを指定します。

次に TT トレイリング注文のライフサイクルについて説明します。

  • 開始日時 を設定した TT トレイリング リミット注文は [準備中] ステータスにあります。
  • 開始日時に達すると、または開始日時を設定せずに注文を発注すると、TT トレイリング リミット注文は約定待ちステータスに入ります。1枚の「子」注文が市場に発注されます。トレイリング パラメータは、市場が推移すると、価格の再設定を動的に行™います。

TT トレイリング リミット注文パラメータ

トレイリング リミット詳細パラメータ

  • Trailing Price Type : マーケットに対して、トレイリング値の算出に使用される価格を設定します。

    以下の価格をトリガーできます。
    • LTP (直近値)
    • Ask (売値)
    • Bid (買値)
  • Trail (ticks) (トレイル (ティック)): 子注文を発注する特定の価格からの追加ティック数を指定します。指定のトリガー値に基づきます。

  • Auto-Resubmit Upon GTD Expiry: 子注文の TIF が Day (GTD) の場合のみ有効。子注文がセッションの終わりに完全に約定されない場合は、取引所は子注文の期限を切ります。マーケットが再開すると、有効期限が切れた際に、親注文は、同じパラメータで子注文を再送信します。

タイミング パラメータ

  • Time and Date (時間と日付): アルゴの執行を開始する日付と時間を設定します。

    以下の値があります。

    • [Start] (開始) で、アルゴの執行を開始する日付と時間を設定します。
    • [End] (終了) で、アルゴのロジックの執行を停止する時間を設定します。
  • Start —(開始): アルゴを執行する開始の日付と時間を設定します。

    以下の値があります。

    • [Now] で、アルゴを直ちに開始します。
    • [Time] で、アルゴの開始日時を選択するための、日付と時間のピッカーが表示されます。
  • End: アルゴのロジックの執行を停止する時間を設定します。

    以下の値があります。
    • [GTC] は、取り消すまで約定待ち注文を残します。
    • [Time] は、注文を停止する日付と時間を選択するための、日時ピッカーが表示されます。
    • [Day] は、マーケットの立会まで約定待ち注文を残します。

    「終了時間」を選択し、終了時間に達すると、注文は削除され、指定の「終了操作」が子注文に適用されます。終了時刻 に達した際に、取引セッションが終了していると、取消要求が出来ずに、取引所に約定待ちの GTC 子注文が残ってしまいます。取引所が再開した際に、各自が責任を持ってこれらの注文を取消す必要があります。
  • At End Action: [終了] 時間に到達した際に、すべての未約定残枚数に行う操作を設定します。

    (カスタム終了時間にのみ表示可)以下の値があります。
    • [Cancel] で、残りの限月を削除します。