TT 注文タイプ

TT 注文タイプ

TT OCO 注文の発注

[MD Trader] や [Order Ticket] (注文チケット) のいずれかから TT OCO を発注できます。

MD Trader での TT OCO 注文の発注®

MD Trader にて、同じ側のマーケットの価格板で異なった価格でクリックすると、OCO 注文を発注できます。[買] または [売] 列を一度クリックすると、価格帯で協調表示されます。別の価格帯にカーソルを移動させると、カーソルにより、指値注文またはストップ注文 (ストップ指値またはストップ成行) を発注をしようとしている価格が有効であるかどうかが表示されます。

以下の例は、価格と最初の注文の側に基づいて、有効な指値注文を発注する際に、カーソルがどのように変化するかを示しています。

次の例は、価格と最初の注文の側に基づいて、有効なストップ注文を発注する際に、カーソルがどのように変化するかを示しています。

MD Trader にて、TT OCO の2番目の注文の発注が可能であるかどうかが、カーソルにより示されます。最初にクリックした価格と同じ価格の上をマウスでポイントすると、カーソルにより「not allowed」 (発注不可) と表示されます。

買側の OCO 注文の場合、最初のクリックのをマウスでポイントすると、OCO 注文は最初の注文をストップ注文とみなし、現在の直近値 (LTP) に対しストップの価格の認証を行います。最初にクリックした価格のにマウスをポイントすると、OCO 注文は2番目の注文をストップ注文と想定して、直近値に対して2番目の注文の価格の認証を行います。

売側の OCO 注文の場合、最初のクリックのをマウスでポイントすると、OCO 注文は最初の注文をストップ注文とみなし、現在の直近値 (LTP) に対してストップ価格の認証を行います。最初にクリックした価格のにマウスをポイントすると、OCO 注文は2番目の注文をストップ注文と想定して、直近値に対して2番目の注文の価格の認証を行います。

以下に、無効な価格帯にマウスをポイントした例を示しています。

MD Trader® で TT OCO 注文を発注するには

  1. MD Trader を開きます。
  2. [TT OCO] 注文タイプを選択します。
  3. TT OCO パラメータを入力します。
  4. 口座を選択するか、既定の口座を使用します。
  5. TT OCO 注文で送信する取引所ネイティブ子注文の有効期限を指定します。
  6. 注文枚数を入力します。
  7. TT OCO 注文の最初の価格帯で [買] または [売] 列をクリックします。
  8. TT OCO 注文の2番目の価格帯で [買] または [売] 列をクリックします。

    最初の注文の最初の価格帯や側 (買または売) によって、2番目の価格帯で指値 (L) またはストップ (SM または SL) 注文が可能であるかどうかが、カーソルにより示されます。また取引可能でない注文の価格帯もカーソルにより示されます。

注文チケット で TT OCO 注文を発注するには

[Order Ticket] にて、[Stop Trigger Price] (ストップ トリガー値) 欄を使って、保護ストップ注文の価格を設定します。[Order Ticket] にて指値の発注価格が表示されます。OCO 指値買注文の場合、OCO 指値買注文より高値でのみ OCO ストップ注文を発注できます。OCO 指値売注文の場合、OCO 指値売注文より安値でのみ OCO ストップ指値注文を発注できます。

注文チケット で TT OCO 注文を発注するには

  1. 注文チケットを開きます
  2. [TT OCO] 注文タイプを選択します。
  3. TT OCO パラメータを入力します。
  4. 指値注文に TT OCO 注文枚数と価格を入力します。
  5. [Stop Trigger Price] 欄にてストップ指値注文またはストップ成行注文の価格を設定します。

    指値価格以上で買いのストップ価格を設定するか、指値価格以下で売りの指値価格を設定します。

  6. 口座を選択するか、既定の口座を使用します。
  7. TT OCO 注文で送信する取引所ネイティブ子注文の有効期限を指定します。
  8. [Buy] (買) または [Sell] (売) をクリックして注文を送信します。