MD Trader®

MD Trader®

MD Trader の参照

利用可能な設定

これらの設定で、選択した [MD Trader] ウィジェットのみに影響が与えられます。新規に起動した [MD Trader] ウィジェットに、これらの値で既定の設定を更新するか、またはオプションを開いて既存の起動済みウィジェットに適用させるには、[Save as default] をクリックします。

表示

表示設定

設定 説明
Window Size (ウィンドウ サイズ) クリックしてウィジェットのサイズを選択します。
Colors (配色) ウィジェットで利用可能なセルと列の配色のカスタマイズや変更ができます。
Show price as net change (価格を前日比で表示) 銘柄の直近値と清算値の差異として、価格板に価格が表示されます。
Highlight midpoint of last recenter (前回の再センタリングの中間点を強調表示) 板情報の再センタリング後の、中間点 (白線) を表示するかどうかを設定します。
Show aggregator leg markets (集約レッグマーケットの表示) 集約銘柄を取引していて、この設定を有効にすると、別の [MD Trader] ウィジェットで該当する限月のレッグが起動されます。
Tick interval per row (1行ごとのティック間隔) 板情報の各価格でティック サイズに対し乗数を設定します。例えば、銘柄のティック サイズが 0.25 で [Tick interval per row] (行別のティック間隔) を「2」に設定すると、板情報の各価格は 0.50. ごとにティックします。ティック間隔により板情報の価格の表示を統合できます。そして合計利用可能枚数を表示する一方で、より広大な価格範囲を表示することができます。チェックボックスをオンにしてこの設定を有効にすると、入力したティック間隔値で、[MD Trader] ウィジェットに [Tick Scale] 欄が表示されます。
Auto recenter grid (seconds) (自動再センタリング グリッド (秒)) MD Trader が自動的に再センタリングするまでの秒数を設定します。
Recenter when market has moved (ticks) (マーケットの移動時に再センタリング (ティック)) 最後に再センタリングして以来、特定のティック数をマーケットが移動した場合、取引板情報を自動的に再センタリングさせるかどうかを設定します。
Show number of orders (注文数の表示) [Bcnt]BCnt] 列と [Acnt]ACnt] 列を表示または非表示にします。このオプションをチェックして両方の列を表示します。このオプションのチェックを解除して列を非表示にします。[BCnt] 列には、価格帯にて合計買枚数を構成する注文数が表示されます。[ACnt] 列には、価格帯にて合計買枚数を構成する注文数が表示されます。
Show Last Traded Quantity column (直近枚数の表示) MD Trader で LTQ 列を表示または非表示にします。列は既定で表示されます。
Highlight Last Traded Price (LTP) on price column (価格列で直近値を協調表示) 静的価格板で直近値 (LTP) の表示を強調表示します。
Only show direct prices (直接価格のみ表示) このオプションが有効 (オン) の場合、インプライド値はフィルターで除外され、直接価格のみが表示されます。またこのオプションが有効の場合、インプライド買枚数と売り枚数は最良買枚数と売枚数に含まれません。
Show Liquidate Button (手仕舞いボタンの表示)

オフセット注文を発注してポジションを即時に手仕舞いできる [Liquidate] (手仕舞い) ボタンを表示するかどうかを設定します。

: この設定は [MD Trader] に合成注文が表示されている場合は適用されません (Autospreader or Aggregator 銘柄等)。

Show tabs (タブの表示) ウィジェットで使用される銘柄に対し、ウィジェットの下部にタブを表示するかどうかを設定します。
Reset order type to Limit after each order (各注文後に注文を指値にリセット) 別の注文を含んだ注文が発注された後、[Order Type] ドロップダウンを自動的に [Limit] (指値) にリセットするかどうかを設定します。

注文タイプの設定ボタン

これらの設定で、[MD Trader] ウィジェットにて、よく使われる注文タイプのボタンを追加または除去できます。

ボタン 説明
+ 新規カスタム ボタンを追加します。
X 新規カスタム ボタンを除去します。
Order type (注文タイプ) 注文タイプを選択してボタンに関連づけます。
Label (ラベル) ボタンに表示する内容を設定します。
Preview (プレビュー) ボタンの外観を確認できます。
発注画面 (端末のみ)

[Order Entry (local only)] セクションの設定は、現在の MD Trader ウィジェットのみに影響を与えます。

発注画面 (端末のみ) 設定

設定 説明
最大発注枚数 各注文に許可されている最大枚数を設定します。
2nd default order quantity (第二既定注文枚数) 価格帯で [Bids] と [Asks] 列を右クリックすると、異なった既定の注文枚数で注文を発注できます。この機能を有効化するには、チェックボックスをオンにして、このオプションの右のボックスに枚数を入力する必要があります。
Iceberg display quantity (アイスバーグ表示枚数) ネイティブ サポートされた注文や TT アイスバーグ注文を発注する際に表示する、公開枚数を設定します。
Stop Limit payup ticks from trigger (指値ペイアップ ティックのトリガー回避) 指値注文を発注する際の、ストップ トリガー値からの最大追加ティック数を設定します。
Save As Default (既定として保存)

このセクションの設定は現在のウィジェットにのみ適用されます。すべての MD Trader ウィジェットの既定設定を変更するには、[Save as default] をクリックします。

コンテキスト メニュー オプション

MD Trader ウィジェットの板情報の外側を右クリックし、コンテキスト メニューを開きます。このメニューで以下のオプションを選択できます。

  • Show/Hide order pane (発注画面の表示・非表示): 発注画面を表示または非表示にできます。ここにはウィジェットのすべての発注オプションが含まれています。
  • Show/Hide Pane (画面の表示・非表示): ヘッダー画面を表示または非表示にできます。ここにはウィジェットで選択した限月のマーケット データが含まれています。
  • Open (起動): 限月の追加ウィジェットを起動できます。
    • Time & Sales (歩み値): 選択した限月の [Time & Sales] ウィジェットを起動できます。[MD Trader] に複数の限月がある場合、まず限月のタブをクリックして、コンテキスト メニューの [Time & Sales] (歩み値) を選択します。
    • Chart (チャート): 選択した限月のチャートを開きます。[MD Trader] に複数の限月がある場合、まず限月のタブをクリックして、コンテキスト メニューの [Open Chart] (チャートを開く) を選択します。
  • VAP: [VAP] 列を表示し、各価格帯の VAP を示します。
    • Show/Hide VAP: 列を表示または非表示にします。
    • Show bars (バーの表示): VAP が表示されている場合は、VAP バーを表示または非表示にします。
    • Split bid/ask volume (買売枚数の分割): 青と赤のバーを表示し、相対の買枚数と売枚数を表示します。
    • Show values (値の表示): 数字で合計の VAP を表示します。
  • Show/Hide EPIQ: 推定優先順位列を表示または非表示にします。
  • View my orders only (ユーザーの注文のみ表示): 複数のユーザーが口座を共有する場合、現在のユーザーのみに約定待ち注文を表示するかどうかを設定します。

    : この設定で、[MD Trader] に表示される口座ポジションに影響が及ぼされることはありません。

  • Settings...[MD Trader] 設定メニューを開きます。

自由形式テキスト欄

以下の表では、TT プラットフォームでサポートされている取引所の MD Trader 注文画面の、自由形式テキスト欄の説明を記述しています。

テキスト欄 説明 取引所 API マッピング
テキスト A

TT システムで注文が保持される、[Setup] アプリケーションからのオプションのユーザー定義のテキスト値が含まれる可能性があります。この値は、清算目的またはバックオフィス目的で取引所に送信される可能性があります。

[Order Ticket] に表示される既定の値を変更するか、欄が空白の場合は新規の値を入力できます。アルファベット数値と特殊文字を使用できます。以下の取引所は、この欄に最大文字数を設定しています。

  • ASX: 6 文字
  • BrokerTec: 32 文字
  • DGCX: 128 文字
  • EEX: 12 文字
  • Eurex: 12 文字
  • Euronext: 14 文字
  • ICE: 12 文字
  • ICE_L: 12 文字
  • MEFF: 15 文字
  • MX: 25 文字
  • SGX: 32 文字

テキスト A の値は以下の取引所に送信されます (Setup アプリのユーザー取引所欄は括弧で示されています)。

  • ASX — Tag 58 (テキスト)
  • BrokerTec: user_id_s (テキスト)
  • DGCX: Tag 58 (テキスト A)
  • EEX: Tag 25007 (テキスト 1)
  • Eris: Tag 58 (テキスト)
  • eSpeed: Tag 58 (テキスト)
  • Eurex: Tag 25007 (テキスト 1)
  • ICE: Tag 9121 (メモ欄)
  • ICE_L: Tag 9121 (メモ欄)
  • KCG: Tag 58 (テキスト)
  • MEFF: Tag 58 (テキスト 1)
  • MX: Memo (テキスト 1)
  • OSE: customer_info_s (テキスト 1)
  • SGX: exchange_info_s (テキスト 2)
  • TFX: Tag 10001 (テキスト)
テキスト B

TT システムで注文が保持される、[Setup] アプリケーションからのオプションのユーザー定義のテキスト値が含まれる可能性があります。この値は、清算目的またはバックオフィス目的で取引所に送信される可能性があります。

[Order Ticket] に表示される既定の値を変更するか、欄が空白の場合は新規の値を入力できます。アルファベット数値と特殊文字を使用できます。以下の取引所は、この欄に最大文字数を設定しています。

  • BrokerTec: 15 文字
  • EEX: 12 文字
  • Eurex: 12 文字
  • SGX: 15 文字

テキスト B の値は以下の取引所に送信されます (Setup アプリのユーザー取引所プロパティは括弧で示されています)。

  • BrokerTec: exchange_info_s (口座)
  • EEX: Tag 25008 (テキスト 2)
  • Eurex: Tag 25009 (テキスト 3)
  • MEFF: Tag 1 (清算口座名ではない)
  • OSE: exchange_info_s (テキスト 2)
  • SGX: customer_info_s (テキスト 1)
テキスト TT

[Setup] アプリケーションからのオプションのユーザー定義のテキスト値を含みます。この値は、TT システムでは追跡目的で発注済み注文にそのまま表示されますが、取引所には送信されません。[Order Ticket] に表示される既定の値を変更するか、欄が空白の場合は新規の値を入力できます。

なし。この値は取引所には送信されませんが、[Order Book]、[Audit Trail]、[Fills] ないで注文にそのまま表示され続けます。