MD Trader®

MD Trader®

注文タイプ

注文タイプでは、マーケットに発注時の注文の動作を指定できます。例えば、現在の最高値で即時に約定させることを希望する場合 (成行注文) と、特定の価格で約定させることを希望する場合 (指値注文) があります。

注文タイプは、セッション中の注文の動作を設定する注文制限とは異なります。例えば、セッションの最後に約定されなければ、注文が取り消されるか (Day)、約定又は取消まで保持されるか (GTC) を決定します。

ネイティブ注文タイプとは、取引所により管理されている注文タイプに言及しています。例えば、EEX 取引所は OCO (one cancel other) 注文をネイティブ サポートしていますが、CME ではサポートしていません。TT では、取引所でサポートされている場合、以下のネイティブ注文タイプをサポートしています。

さらに、合成注文タイプを提供している TT 注文タイプを使用して、取引所でネイティブサポートされていない注文を発注できます。例えば、TT 時限注文アルゴを使って、特定の時間に自動的に注文を発注できます。

Market (成行)

成行注文 (Market) とは、市場で現在発注可能な最良売成行注文や最良買成行注文を、価格を入力せずに行う注文をいいます。注文は現在の最良値で約定します。

成行注文は、複数の価格帯で部分約定することもあります。

例えば、100枚の買注文を $15.25 で発注しますが、この価格で10枚しか売りがない場合、$15.25 で部分約定を受信します。残りの約定待ち枚数 (90枚) は、すべての注文が約定するまで、次の各最良値での約定を試み続けます (例: 15.50、15.75など)。

成行注文を発注するには、注文タイプのドロップダウンで成行を選択して、[MD Trader®] ウィジェットで枚数を設定し、取引する方向を選択します。

Limit (指値)

指値注文では、特定の指値価格で注文を発注できます。成行注文と同じく、指値注文は部分約定が可能です。残枚数は、最初の指値でマーケットにて約定を待ち続けます。

指値注文を発注するには、注文タイプのドロップダウンで指値を選択して、[MD Trader®] ウィジェットで枚数を設定し、取引する方向と価格帯を選択します。

注: 指値は、値の範囲を選択できるストップ指値とは異なります (例: 追加ティック数)。

Iceberg (アイスバーグ)

アイスバーグ注文は、少量の公開注文またはスライス注文に分割して、大量の注文枚数を執行します。1つの公開部分が約定すると、次の部分が市場に送信されます。この手順は注文が全約定するまで続行します。

アイスバーグ注文を発注するには、注文タイプ ドロップダウンで「アイスバーグ」を選択します。枚数欄に2つの値が入力可能になります。

  • Qty (枚数): アイスバーグ注文の合計注文枚数を設定します。
  • Display (表示): 公開枚数または市場に表示する枚数を設定します。

注文タイプ ドロップダウンからアイスバーグを選択し、[注文チケット] (Order Ticket) ウィンドウを通じてアイスバーグ注文を発注することもできます。

アイスバーグ注文を管理する際、[注文一覧] (Order Book) と [システム履歴] (Audit Trail) に以下の情報が表示されます。

  • 枚数 (Qty): 注文の合計枚数。
  • WrkQty (約定待ち枚数): マーケットに既存のスライス注文の現在の約定待ち枚数。
  • ExeQty (約定枚数): 現在の合計約定枚数。
  • UndQty (非公開枚数): 市場に表示されない非公開の残枚数。非公開枚数は、合計注文枚数から、執行枚数と約定待ち枚数の合計を引いた値です (UndQty = Qty - (ExeQty + WrkQty)。
  • UndQty (非公開枚数): Qty - (ExeQty + WrkQty)

Stop Market (ストップ成行)

ストップ成行注文では、ソフトウェアが成行注文を発注する時点を決定する、トリガー値を選択できます。マーケットがトリガー値に到達または超過すると、成行注文はマーケットに発注を行い、最良成行値で約定させます。

注文は、トリガー値よりも低い価格帯で約定する場合があり、また複数の価格帯で部分約定する場合もあります。

Stop Limit (ストップ指値)

ストップ指値注文では、ソフトウェアが指値注文を発注する時点を決定する、トリガー値を選択できます。マーケットがトリガー値に到達または超過すると、指値注文はマーケットに発注を行い、トリガー値で約定させます。

ストップ指値を選択すると、[設定] (Configure) ボタンが表示されます。このボタンを使って、トリガー値からの追加ティック数を選択して、有効な約定値の範囲を設定できます。

部分約定すると、残枚数は、トリガー価格帯で又は選定した追加ティック数のいずれかで、市場で約定待ちを続けます。

Cross (クロス)

クロス取引とは、ファーム内の相手、またはファーム外の相手との、あらかじめ設定された注文を示します。この注文タイプは、接続する取引所がクロス注文をサポートしている場合、[Trade] アプリケーションで利用できます。クロス注文を発注するには、クロス注文の発注を参照してください。

Block (ブロック)

ブロック注文とは、ファーム内またはファーム外の特定の相手との、あらかじめ設定された、大量出来高の OTC 注文を示します。この注文タイプは、接続する取引所がブロック注文をサポートしている場合、[Trade] アプリケーションで利用できます。ブロック注文を発注するには、ブロック注文の発注を参照してください。

BOC (Book or Cancel)

BOC (Book or Cancel) 注文は指値注文と類似していますが、BOC 注文の場合は、部分約定または完全約定のいずれかが発生する価格帯で注文が発注された場合に、直ちに注文を削除するという点が異なります。

  • 部分約定または完全約定のいずれかが発生する価格帯で注文が発注された場合、直ちに削除します。
  • 注文は注文一覧で存続します。

BOC 注文は指値で発注する必要があります。BOC の成行注文は発注できません。

OCO (One Cancels Other)

OCO 注文 (Order Cancels Order) は、同一銘柄に対して、異なる価格帯での注文を同一枚数設定します。一方が執行されると、他方は自動的に取り消されます。

OCO 注文を発注するには、注文タイプ ドロップダウンから OCO を選択し、最初の買注文または売注文を発注します。カーソルは [SL Trigger] を示し、同じ側のマーケットで2番目の注文を発注するように要求します。いずれかの注文が約定すると、もう一方の注文は自動的に取り消されます。