MD Trader®

MD Trader の設定

MD Trader の設定

MD Trader を設定するには

  1. [MD Trader] ウィジェットの板情報の外側を右クリックしてコンテキスト メニューを開き、[Settings] (設定) を選択します。

    [Settings] -[MD Trader] 画面が開きます。

  2. [Settings] -[MD Trader] 画面にて、以下の内容を設定します。

  3. [Apply] (適用) と [Save] (保存) をクリックします。

    注: [MD Trader] ウィジェットの設定を、今後ワークスペースで開く [MD Trader] ウィジェットの新しい既定にするには、保存する前に [Set as defaults] (既定で保存) をクリックします。

コンテキスト メニュー オプションの設定

コンテキスト メニュー オプションを設定するには

  1. [MD Trader] ウィジェットで右クリックしてコンテキスト メニューを開きます。

  2. このメニューで以下のオプションを選択できます。
    • Show/Hide order pane (発注画面の表示・非表示): 発注画面を表示または非表示にできます。ここにはウィジェットのすべての発注オプションが含まれています。

      : 初めて発注画面を非表示にした後、上部のヘッダー部分の任意の場所を左クリックして、表示を切り替えできます。
    • Show/Hide Pane (画面の表示・非表示): ヘッダー画面を表示または非表示にできます。ここにはウィジェットで選択した限月のマーケット データが含まれています。
    • Open (起動): 限月の追加ウィジェットを起動できます。
      • Time & Sales (歩み値): 選択した限月の [Time & Sales] ウィジェットを起動できます。[MD Trader] に複数の限月がある場合、まず限月のタブをクリックして、コンテキスト メニューの [Time & Sales] (歩み値) を選択します。
      • Chart (チャート): 選択した限月のチャートを開きます。[MD Trader] に複数の限月がある場合、まず限月のタブをクリックして、コンテキスト メニューの [Open Chart] (チャートを開く) を選択します。
    • VAP: [VAP] 列を表示し、各価格帯の VAP を示します。
      • Show/Hide VAP: 列を表示または非表示にします。
      • Show bars (バーの表示): VAP が表示されている場合は、VAP バーを表示または非表示にします。
      • Split bid/ask volume (買売枚数の分割): 青と赤のバーを表示し、相対の買枚数と売枚数を表示します。
      • Show values (値の表示): 数字で合計の VAP を表示します。
      • Reset VAP (VAP のリセット): ウィジェットの VAP カウンターをリセットして、リセット後に発生する VAP データの表示を開始します。VAP 列ヘッダーが強調表示され、ウィジェットが部分的に VAP データを表示していることを示します。
      • Restore VAP: VAP リセットの効果を取消して、VAP データの表示を回復し、ヒストリカル値を組み込みます。VAP を回復すると、見出しの強調表示は消去されます。
    • Show/Hide PIQ: [PIQ] (優先順位) 列を表示または非表示にします。
    • 設定から...[MD Trader] 設定メニューを開きます。

カスタム操作の追加ボタン

1つ以上の注文タイプを頻繁に使用する場合、 MD Trader ウィジェットにボタンを追加して、注文タイプ ドロップダウンから選択する代わりに注文タイプまたは有効期限を自動的に設定できます。以下の内容のボタンを追加できます。

  • 取引所注文タイプ
  • TT 注文タイプ
  • ユーザー定義の注文チケットアルゴ
  • ユーザー定義の合成注文アルゴ
  • 有効期限 (TIF)

例えばよくストップ指値 (Stop Limit) 注文と TT 時間切り (Time Sliced) 注文を発注したり、有効期限の GTC 注文を使用する場合、以下のように操作ボタンを追加できます。

カスタム注文タイプ ボタンをクリックすると、注文タイプが自動的に設定され、ドロップダウンが無効化されます。ボタンを選択解除するか別の注文タイプを選択するまで有効の状態が保たれるので、注文タイプを選択しなくてもすばやく複数の注文を発注できます。

有効期限ボタンを追加すると、ドロップダウンから有効期限を選択しなくても、すばやく有効期限を設定できます。

カスタム操作の追加ボタンを追加するには

  1. [MD Trader] の発注パネルを右クリックして [Edit custom action buttons] (カスタム操作ボタンの編集) を選択します。

    カスタム操作ボタンで、ポップアップ ダイアログが開かれます。これらの設定で、よく使う注文タイプや有効期限 (TIF) 設定のボタンを [MD Trader] ウィジェットにて追加または除去できます。最大 20 個のカスタム操作ボタンを追加できます。

    ボタン 説明
    + 新規カスタム ボタンを追加します。
    X 新規カスタム ボタンを除去します。
    Type (タイプ) 注文タイプや有効期限を選択してボタンに関連づけます。
    Template (テンプレート) アルゴと TT 注文タイプに関しては、定義済みのテンプレート設定を設定します。
    Label (ラベル) ボタンに表示する内容を設定します。
    Preview (プレビュー) ボタンの外観を確認できます。ダイアログが開いている際は、[Preview] 列の幅は発注パネルの幅に一致します。
    表示列 カスタム操作ボタンの列数を設定します。
    自動折り返し 特定の列数にてカスタム操作ボタンに調整させるかどうかを設定します。
  2. [+] をクリックして [Type] 欄のドロップダウン矢印をクリックし、注文タイプ、アルゴ、または有効期限を選択します。

  3. [Label] (ラベル) 欄をクリックしてボタン名をカスタマイズします。[Preview] (プレビュー) 列をチェックして、MD Trader でタイトルがどのように表示されるかを確認します。

  4. [+] をクリックして [Type] 欄のドロップダウン矢印をクリックし、注文タイプまたは有効期限を選択します。

  5. [Label] (ラベル) 欄をクリックしてボタン名をカスタマイズします。[Preview] (プレビュー) 列をチェックして、MD Trader でタイトルがどのように表示されるかを確認します。

  6. TT 注文タイプやカスタム アルゴに対して注文テンプレートを作成した場合、 テンプレートを選択したりボタンを割り当てることができます。ボタンをクリックすると、注文はテンプレートに定義された値を自動的に使用し、フライアウト値は表示されません。

  7. また [Order Entry Panel] でボタンを表示させる列数を定義できます。例:
    • 2つの列を使用するには、2 を入力します (これは既定値です)。[Preview] 列は、以下に類似した内容が含まれます。

    • 1つの列を使用するには 「1」を入力します。[Preview] 列は、以下に類似した内容が含まれます。

    • 2つの列にわたるボタンの長さに基づいてボタンを自動的に折り返すには、「2」 を入力して、ボタンのいくつかの名前を変更しボタンの幅を狭くして、[Auto-wrap] を選択します。[Preview] 列は、以下に類似した内容が含まれます。

  8. ボタンの追加と整理が終わると、[OK] と [Apply] をクリックします。

    MD Trader の発注画面にカスタム ボタンが表示されます。[Save] (保存) をクリックして設定を終了し、変更を保存します。

  9. MD Trader の既存または今後のインスタンスの既定としてボタンを保存するには、MD Trader 設定で [Selective defaults] (選択既定) を設定します。

MD Trader での行高の設定

MD Trader で行の高さをカスタマイズするには、[Shift] キーを長押ししてマウスを左クリックし、板情報列をドラッグします。

既定の行高を復元するには、MD Trader を右クリックして [Settings] メニューを開き、[Reset] (リセット) - [Apply] (適用) ボタンをクリックします。

MD Trader 列の設定

MD Trader 設定から表示列を選択するか、または列見出しからコンテキスト メニューを使用できます。各列の文字揃えと太字設定を変更することもできます。

注: ウィジェットレベルの太字設定が有効化されていると、列レベルの太字オプションは利用できません。

表示する列を設定します。

  1. 列のタイトルを右マウス ボタンでクリックし、コンテキスト メニューから [Edit columns] をクリックします。

    利用可能な列のダイアログが表示されます。

  2. 表示する列を選択します。
  3. 列に太字を設定するには、コンテキストメニューの横のをクリックします。列で太字が有効化されると、下部が強調表示されます ()。
  4. 列に文字揃えを設定するには、列名の右にある をクリックして、列の文字列を左揃えや中央揃え、右揃えができます。また各列名をクリックまたはドラッグして、列の並べ方を調整することもできます。
  5. [OK] をクリックします。

MD Trader 注文画面のサイズ変更

左マウス ドラッグで MD Trader 画面の右端をドラッグすると、注文画面をサイズ変更できます。左マウス ボタンを離すと、サイズ変更された注文画面に合わせて、板情報のサイズも変化します。

既定の注文画面幅を復元するには、MD Trader を右クリックして [Settings] メニューを開き、[Reset] (リセット) - [Apply] (適用) ボタンをクリックします。

MD Trader の発注画面のスクロール

マウスのスクロール ホイールを使って、MD Trader 発注画面で上下にスクロールできます。

発注画面パネル ボタンとコントロールの表示と非表示

MD Trader の発注画面にてボタンとコントロールを表示または非表示にするには、発注画面を右クリックして [Show/hide] をクリックし、ボタンまたはコントロールを選択します。ボタンまたはコントロールの横のチェックボックスをオンにして表示するか、オフにして非表示にします。

MD Trader でのフォント サイズの調整

[MD Trader] 列のフォント サイズを調整するには、板情報でマウスを上下にドラッグしながら、[Shift+Ctrl] キーを長押しします。

MD Trader でのインサイドマーケットの強調表示

インサイド マーケットを強調費用時するには、MD Trader を右クリックして [Settings: MD Trader] を選択して [Highlight Inside Market] 設定うぃクリックします。この設定がオンの場合、価格列の最良買値と最良売値はウィジェットの配色設定に基づいて強調表示されます。最良売値の既定の配色は赤色で、最良買値の配色は青色です。

別個の約定待ち注文列の表示

オプションで、約定待ちの買注文と売注文に対し2つの別個の列に [Work] 列を分割することができます。別個の列を表示するには、[MD Trader] 列ヘッダーを右クリックして、[Edit columns...] を選択し、[Work Asks] 列をオンにします。

この列が表示されている場合、[Work] 列 (通常約定待ち買注文と売注文の両方が表示されます) には約定待ち買いのみ表示され、ヘッダーは [WorkB] に変化します。約定待ち売り注文は、[WorkA] 列に別個に表示されます。

MD Trader での取消ボタンの移動

左パネルから MD Trader グリッドの下部に取消ボタンを移動することができます。ボタンを移動させるには、左画面を右クリックして、[Move cancel buttons to grid] を選択します。ボタンを再び戻すには、パネルを右クリックして、[Move cancel buttons to left panel] を選択します。

MD Trader での価格帯の印付け

MD Trader の価格列にて、特定の価格セルに印を付けて、テクニカル指標のレベルや、サポート、抵抗レベル、また重要な価格点の確認を容易に示すことができます。

価格帯に印をつけるには、れるの価格セルにて [Alt + 左クリック] を使用します。色を設定するには、MD Trader 設定の [Colors] - [Background (Marked Price)] オプションを使用します。既定の色は黄色です。印をつけた価格セルで [Alt + 左クリック] を使って印を消去します。