ウィジェット

ウィジェット

ウィジェット設定のカスタマイズ

ウィジェットをカスタマイズする必要がある場合があります。例えば、頻繁に [Order Book] (注文一覧) ウィジェットを開いた直後に、列や行を表示するために常に拡大する必要がある場合、また [Market Grid] (銘柄情報) ウィジェットで常に列のサイズ調整を行う必要がある場合を想定します。ウィジェットを好みに応じて設定し、これらのカスタム設定を保存すると、ウィジェットを開く際には、常にこれらのカスタム設定が適用された状態で起動されます。

カスタム ウィジェット設定を保存するには

  1. カスタマイズするウィジェットを開きます。

  2. ウィジェットをカスタマイズします (列幅の変更、列の移動など)。

  3. ウィジェットのタイトルバーを右クリックしてコンテキスト メニューを表示し、[Widget defaults...] をマウスでポイントして、[Save as WidgetName defaults] を選択します。

  4. 変更を確認するには、ウィジェットを閉じて、再度開きます。

    保存済みのカスタム設定と一緒に、ウィジェットが起動されます。

  5. ワークスペースで開かれた同じタイプの複数ウィジェットに変更を適用するには、右クリック コンテキスト メニューの [Widget settings] をクリックし、[Save as default in the Settings] をクリックします。

    これが有効の場合、[Update existing widgets] (既存のウィジェットの更新) オプションが表示されます。このオプションを有効にし、[Apply] と [Save] をクリックすると、カスタム変更と一緒に同じタイプのすべての起動済みウィジェットが更新されます。

システム既定のウィジェット設定を復元するには、[WidgetName defaults] サブメニューから [Reset WidgetName defaults] を選択します。

配色のカスタマイズ

ウィジェット設定を使用して、次のウィジェットのセルや列の配色をカスタマイズできます。

配色をカスタマイズするには

  1. 起動済みのウィジェットを右クリックして [Settings] (設定) を選択します。
  2. 設定メニューの [Colors] の横の [+] をクリックして、利用可能な配色を表示します。
  3. オプションの横にあるボックスをクリックし、配色パレットを開き色を選択します。[Custom] をクリックするとカスタム配色を作成できます。

  4. [Apply] (適用) と [Save] (保存) をクリックします。