クライアントはインターネットを通じて TT Cloud クラウドに接続することでセッションを開始します。TT データ センターに接続を確立する際、クライアントにより ダイレクト接続や専用ラインアクセスがまったく検出されなかった場合は、[Trade] アプリケーションはインターネット上で TT データに接続し、以下のように注文を送信します。

インターネット上で接続している [Trade] と FIX クライアントは、SSL/WebSocket を使って暗号化されます。

この流れ図には:

  1. インターネットを通じて、DNS は *trade.tt の発生を検出し、クライアント ブラウザが TT Cloud の AWS の *trade.tt に接続します。

  2. TT はクライアント ネットワークのウェブ プロキシ とファイアウォールからインターネットを通じて確立され、遅延区別の少ないトラフィックを維持します。[Trade] アプリケーションや [Setup] アプリケーション、その他の [TT Cloud] サービスは、クライアントのブラウザにダウンロードされます。

    : TT Cloud に接続するには DNS とインターネット接続が必要です。

  3. TT データセンターの Edge Server にログインする際、[Trade] アプリケーションはユーザーブラウザにて [Setup」 のアクセス リストをスキャンし、Web Socket 接続に使用する Edge Server URL を確認します。

  4. ダイレクト接続や専用ライン URL がまったく利用可能でないので、ユーザーのブラウザはインターネット上で Web Proxy 接続を通じて TT データ センターに接続します。