CME

CME

CME の BrokerTec ユーザー アクセスの設定

CME の BrokerTec 銘柄の注文の送信とマーケット データ アクセスは [Users] → [Exchange Properties] → [CME BrokerTec] → [Order Routing] と [Market Data] タブで設定されます。マーケット データの記録の追加の設定も提供されます。[Exchange Properties] タブをクリックすると、Setup は [Order Routing] タブを既定とします。

CME の BrokerTec ユーザー アクセスを設定するには

  1. データ グリッドで選択したユーザーの [Users] - [Exchanges] タブをクリックします。
  2. 取引所リスト ドロップダウン矢印をクリックし、スクロールして取引所を選択します。
  3. [Subscriber Market Data]、[SDK Client Market Data]、[FIX and SDK Market Data]、[Order Routing] タブをクリックして、選択した取引所にユーザーを設定します。

    • [Subscriber Market Data] (マーケット データ) タブを使って、銘柄グループごとのマーケット データやすべてのサブスクライバー マーケット データへのアクセスを許可または拒否できます。
    • [SDK Server Market Data] タブを使って、TT .NET SDK Client Side 取引アプリケーションを使ってマーケット データへのアクセスを許可または拒否できます。
    • [FIX and SDK Market Data] タブにより、TT .NET SDK Server Side とTT Cire SDK 取引アプリケーションを使って、マーケット データへのアクセスを許可または拒否できます
    • [Order Routing] タブを使って、ユーザー識別のための取引所の資格情報を設定します。
  4. BrokerTec の注文送信に以下の CME 取引所設定を行います。

    • Entering Trader: CME の BrokerTec 銘柄に送信されたすべての手動または自動の取引操作のユーザーを特定します。これは、既存の BrokerTec 取引所のトレーダーID やユーザー署名と同じです。タグ 5392 として取引所に送信されます。この欄は必須です。
    • ATS Operator ID: 登録 ATS チームの一員であるユーザーを識別します。チーム メンバーは同時に自動取引システムを監視しています。マニュアル注文操作は ATS Operator ID を使って送信しないでください。ATS Operator ID は CME から提供されます。タグ 5392 として取引所に送信されます。
    • Team Head Trader Location: ATS Operator ID を使って登録チーム メンバーに対して、チーム ヘッド トレーダーを設定します。これが設定されていると、Team Head Trader 場所により、Tag 142 の値が上書き変更されます。[Users] - [Profile] タブの、郡、州、国名欄で送信ユーザーの場所を指定できます。ATS Operator ID は、同時に自動取引システムを監視しているチームにのみ使用されます。すべてのチームメンバーの注文操作は、Team Head Trader の場所と一緒に CME に送信されます。
      • Country: Team Head Trader の国名を設定します。この欄は、ATS Operator ID が割り当てられてない場合に必須です。
      • State: Team Head Trader の州名または郡名を設定します。この欄は、どの 国名が選択されているかによっては必須となります。この欄は、ATS Operator ID が割り当てられてない場合に必須です。
    • SMP ID: 口座に Self-Match Prevention Identifier (自己一致防止 ID) (SMP ID) を設定します。SMP はオプションであり、これにより、両方の買注文と売注文に同じ SMP ID と執行会社 ID が含まれている場合、執行会社が、共通の所有権をもつ口座の注文を一致できないようにします。タグ 7928 として取引所に送信されます。
    • SMP Instruction: セルフマッチの防止が発生すると、どの注文が取り消されるかを設定します (既存またはアグレッシブ)。この設定はオプションです。SMP 指示が指定されていない場合、既存注文は取り消されます。これが設定されていると、値は Tag 8000 で取引所に送信されます。注文操作にセルフマッチ防止指示を割り当てるには、以下の内容から1つ選択します。
      • Cancel resting: 既存注文を取り消して、アグレッシブ マッチング注文を取引所に送信します。
      • Cancel aggressing: マーケットに既存注文を残して、アグレッシブ マッチング注文を取り消します。
    • Memo Field: TT システムで発注済み注文に保持されるオプションのユーザー定義のテキスト値。タグ 5149 で取引所に送信されます。アルファベット数値と特殊文字を使用できます。
    • Text B: TT システムの発注済み注文で保持されるオプションのユーザー定義値ですが、取引所には送信されません。アルファベット数値と特殊文字を使用できます。
    • Text C: TT システムで発注済み注文に保持されるオプションのユーザー定義のテキスト値ですが、取引所には送信されません。アルファベット数値と特殊文字を使用できます。
    • Text TT: TT システムで発注済み注文に保持されるオプションのユーザー定義のテキスト値。しかし取引所に送信されません。アルファベット数値と特殊文字を使用できます。
    • Max Order Rate: ユーザーが接続別に入力できる、1最大注文数 (秒) を設定します。この限度は、取引所定義の注文率の最大を超過できません。
    • Client Can Override: 取引アプリケーションや API から注文を発注する際に、この欄の値を指定変更できるかどうかを決定します。このチェックボックスを有効にして、欄のロックを解除し、ユーザーが値を指定変更できるようにします。チェックがオフの場合、欄はロックされていて、ユーザーは値を変更できません。
  5. [Subscriber Market Data] タブをクリックすると、CME の BrokerTec 銘柄に利用可能な以下のマーケット データ グループへのアクセスを許可または拒否できます。

    [Allow] が有効の場合、[Sessions] をクリックすると、異なった IP アドレスやアプリケーションを使って、同時に利用できる同時マーケット データ セッション数を設定することができます。[0 - Delay Only] を選択すると、遅延環境を除くすべての環境で、銘柄グループが拒否されたことを示しています。つまりリアルタイムのマーケット データへのアクセス許可がありません。
  6. [FIX Market Data] タブをクリックすると、TT FIX から取引所で利用可能な以下のマーケット データ グループへのアクセスを許可または拒否できます。

  7. [FIX and SDK Server Market Data] タブをクリックして、TT FIX、TT .NET SDK Server Side、TT Core SDK 取引アプリケーションに対して取引所で利用可能なマーケット データ グループへのアクセスを許可または拒否できます。

    [Allow] をクリックしてマーケット データ グループを有効化する場合、[Quantity] をクリックして、FIX フィードの裏でマーケット データを表示しているユーザー数や、TT .NET SDK Server Side の数、TT Core SDK アプリケーションの数を設定します。

    FIX フィードや SDK サーバーサイドの取引アプリケーションは、取引所で定義された表示以外の目的であり (ブラックボックス アルゴリズム、損益の計算のためのプログラムなど)、[Allow] をクリックしてマーケット データ グループを有効化し、[Quantity] を設定して、[Non-display] を有効にします。

    マーケット データを外部に分配する場合 (会社外部のユーザーに対して等)、[External Distribution] チェックボックスを有効にします。

    : 無効化された銘柄グループは会社にとって承認されていません。これらを有効化するにはトレーディング・テクノロジーズの担当者にお問い合わせください。

  8. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。