CME

CME

CMEへのユーザー アクセスの設定

注文の送信とマーケット データ アクセスは [Users] - [Exchange Properties] - [Order Routing] と、[Market Data] タブで設定されます。マーケット データ記録の追加設定も提供しています。[Exchange Properties] タブをクリックすると、[Setup] は [Order Routing] タブを既定にします。

[Setup] にて、マーケット データ アクセスの CME ネッティング プログラム参加者は、「組織」としてそれぞれ識別されます。既存の参加者を選択するか、新規参加者を作成することで、マーケット データ グループごとに、ユーザーの [Netting Program Participant] を設定できます。また [Manage Organizations] タブを使って、CME ネッティング プログラム参加者の一覧を管理できます。

CME のネッティング プログラムに参加するユーザーは、CME から直接使用料の請求を受けます。トレーディング・テクノロジーズはこの取引所へのユーザーのマーケット データ アクセスの記録は行いますが、請求不可として記録を行います。既定ではまったく組織は選択されていません。

ユーザーへのマーケット データ アクセスを許可または拒否する際の、取引所やサポート銘柄の一覧に関しては、CME グループ ウェブサイトを参照してください。

CME へのユーザー アクセスを設定するには

  1. データ グリッドで選択したユーザーの [Users] - [Exchanges] タブをクリックします。
  2. 取引所一覧ドロップダウン矢印をクリックしてスクロースし、取引所を選択します。
  3. [Order Routing] と [Market Data] タブをクリックして、選択した取引所に対しユーザーを設定します。

    • [Order Routing] タブをクリックし、ユーザー認識のための取引所の資格情報を設定します。
    • [Market Data] (マーケット データ) タブを使って、銘柄グループごとにすべてのマーケット データへのアクセスを許可または拒否できます。

  4. ユーザーごとに注文を送信するための以下の CME 取引所設定を行います。

    • Operator ID : 取引所に送信されたすべての手動注文操作の Tag 50 のユーザーを特定します。ユーザーは取引所の Operator ID を登録する必要があります。
    • ATS Operator ID : 取引所に送信されたすべての手動注文操作の Tag 50 のユーザーを特定します。ユーザーは取引所の ATS Operator ID を登録する必要があります。
    • SMP ID: 口座に Self-Match Prevention Identifier (自己マッチング防止 ID) (SMP ID) を設定します。SMP はオプションであり、これにより、両方の買注文と売注文に同じ SMP ID と執行会社 ID が含まれている場合、執行会社が、共通の所有権をもつ口座の注文をマッチングできないようにします。Tag 7928 として取引所に送信されます。
    • SMP Instruction: 自己マッチング回避が生じた際に、注文を取り消すかどうかを設定します (既存注文または攻撃注文)。この設定はオプションです。[SMP Instruction] が指定されていない場合は、既存注文は取り消されます。これが設定されている場合、値は Tag 8000 で取引所に送信されます。注文操作に自己マッチング回避指示を割り当てるには、以下のうち1つを選択します。
      • Cancel resting: 既存注文を取り消して、取引所に攻撃マッチング注文を送信します。
      • Cancel aggressing: 取引所に既存注文を残し、攻撃マッチング注文を取り消します。
    • Text A: TT システムの発注済み注文で保持されるオプションのユーザー定義値ですが、取引所には送信されません。アルファベット数値と特殊文字を使用できます。
    • Text B: TT システムの発注済み注文で保持されるオプションのユーザー定義値ですが、取引所には送信されません。アルファベット数値と特殊文字を使用できます。
    • Text TT: TT システムの発注済み注文で維持される、オプションのユーザー定義値ですが、取引所には送信されません。アルファベット数値と特殊文字を使用できます。
    • Max Order Rate: ユーザーが接続別に発注できる、最大注文数 (秒) を設定します。この限度は、取引所定義の注文率の最大を超過できません。
  5. 銘柄グループごとに以下の EEX マーケット データ アクセス設定を行います。

    • Allow: ユーザーが銘柄グループの CME マーケット データにアクセスできるようにします。

      : セクションのタイトルバーの [Allow All] をクリックすると、すべての CME 銘柄グループにアクセスできるようになります。

    • Deny: ユーザーが銘柄グループの CME マーケット データにアクセスできないようにします。

      : セクションのタイトルバーの [Deny All] をクリックすると、すべての CME 銘柄グループにアクセスできなくなります。

    • Sessions: 別の IP アドレスやアプリケーションを使って、ユーザーが利用できる、銘柄グループごとの同時マーケット データ セッション数を設定します。Delay Only: 遅延環境を除くすべての環境で、銘柄グループが拒否されたことを示しています。つまりリアルタイムのマーケット データへのアクセス許可がありません。

      : ネッティング プログラム参加者でないプロフェッショナル ユーザーには、セッションごとにマーケット データの使用料が課せられます。非プロフェッショナル ユーザーは銘柄グループごとにマーケット データの使用料が課せられますが、銘柄グループごとに同時に表示できるマーケット データ セッションは、2つまでに限定されます。

    • Grandfathered: ユーザーは銘柄グループの 2015年のマーケット データ使用料が 50% 割引きされる特権があることを示しています。会社の管理者がこの設定を有効化した場合、チェックボックスの横に赤色の感嘆符が表示され、CME による「Grandfathered」ステータスの ユーザー認証が保留中であることを示しています。

      「Subscriber Trading Waiver Migration Request」合意書を確認して承認するには、ユーザーの [Agreements] タブに移動します。ユーザーは CME の「Subscriber Trading Migration Waiver」を完了して、TT 管理者は CME に報告します。CME が承認すると、TT 管理者は [Agreements] タブに「承認済み」と示し、[Grandfathered] チェックボックスの横に緑色チェックマークが表示されます。会社の管理者は [User Setup] でこの設定を有効化できます。既定で、このオプションはオフに設定されています (無効)。

    • Netting Program Participant: ユーザーが銘柄グループにおいて CME のネッティング プログラムの参加者であることを示しています。セレクターをクリックして、ユーザーの CME ネッティング プログラム参会者組織の名前を選択します。これは通常ユーザーの会社名ですが、CME との合意がある会社内の特定のグループである場合もあります。

      注: 銘柄グループのユーザーのマーケット データ使用料の適用が除外されていて、CME のネッティングプログラムにも参加している場合、[Grandfathered] または [Netting Program Participant] 設定のいずれかを選択します (適用除外の使用料は通常より安くなることが多いです)。

    • Manage Organizations: [Manage Organizations] (組織の管理) をクリックすると、[Organizations] タブが開かれ、会社に ネッティング プログラム参加者を追加できます。組織を編集したり、取引所ネッティング プログラムに承認された銘柄グループを表示することもできます。
  6. [Exchange Settings] タブで以下のオプションを設定できます。

    • Non-Professional: CME マーケット データのユーザーは、CME の使用料の請求上、「非プロフェッショナル」トレーダーと見なされます。この設定が有効な場合、CME の非プロフェッショナルの自己申告同意書がユーザーの [Agreements] タブに送信され、ユーザーはこれに署名する必要があります。同意書を署名するまで、「Pending Verification」(確認待機中) が表示されます。既定でこのチェックボックスはオフ (無効) になっています。

      : 非プロフェッショナル ステータスを維持するには、ユーザーは、非プロフェッショナル自己申告同意書に定義されている CME の非プロフェッショナル ルールに準拠する必要があります。準拠していないユーザーは、プロフェッショナル ユーザーの使用料で取引所から請求されます。

    • Support Waiver: CME との特定の同意書により 「Support Waiver」 を受けているかどうかを設定します。この設定が有効の場合、「CME Support Waiver Request」 フォームが承認を受けるため CME に送信されます。CME がフォームの承認を TT 管理者に通知するまで、「Pending Verification」のステータスが表示されます。既定でこのチェックボックスはオフ (無効) になっています。

  7. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。