CME

CME

CME の概要

2007年の Chicago Board of Trade (CBOT、シカゴ・ボード・オブ・トレード) との合併後、CME は CME グループとなりました。合併後の CME は、金利や株式指数、外国為替、商品、エネルギー、天気や不動産などの代替投資銘柄に基づいて、先物やオプションを提供することで、すべての主要なアセット クラスへのアクセスに対応しています。取引所のさらなる成長の一貫として、CME は Globex プラットフォームで NYMEX や COMEX 銘柄の上場を開始しました。2008 年3月、CME グループは NYMEX の買収にむけての確実な合意により、この関係を拡大していくことを発表しました。

新しいテクノロジーの発展とともに、CME は電子取引を促進するため Globex® プラットフォームを導入しました。

マッチング エンジン

CME グループ (イリノイ州シカゴ) は、CME Globex® 電子マッチング エンジンを通じてマッチングを提供しています。

マッチング アルゴリズム

CME Globex は以下のマッチング アルゴリズムをサポートしています。

  • First-In, First-Out (FIFO)
  • Pro-Rata
  • Split FIFO/Pro-Rata
  • NYMEX FIFO with LMM
  • FIFO with LMM
  • FIFO with TOP Order Percentage allocation and LMM
  • Threshold Pro-Rata
  • Threshold Pro-Rata with LMM
  • Allocation
  • Eurodollar Option

接続オプション

TT®プラットフォームでは、取引所への接続をサポートしているので、接続オプションに関して取引所にお問い合わせ頂く必要はありません。

Self Match Prevention サポート

TT では CME Globex Self Match Prevention (SMP) 機能をサポートしています。

SMP はオプションであり、これにより、両方の買注文と売注文に SMP ID と執行会社 ID が含まれている場合、執行会社が、共通の所有権を含む注文をマッチングできないようにします。SMP ID はユーザー定義であり、取引所で登録されている必要があります。また [Setup] アプリケーションを使って会社ベースで各選択ユーザーに設定しておく必要があります。

Message Gateway Order Routing サポート

TT により取引所からダウンロードされた各銘柄定義には、マーケット セグメント ID が含まれます。銘柄に注文操作が発注されると、TT はその銘柄のマーケット セグメントに基づいて、Market Segment Gateway (MSGW) に注文を送信します。

例えば以下のように、TT は ES 銘柄の注文を CME に送信します。

  • 銘柄の注文 (Es、マーケット セグメント ID=54) は [Trade] アプリケーションまたはクライアントの取引アプリケーションを通じて TT に送信されます。
  • TT はマーケット セグメント ID に基づいて MSGW iLink セッションを通じて Market Segment Gateway に注文を送信します。MSGW セッションが [Setup] でまったく設定されていない場合、TT は MSGW セッションがマップされている Convenience Gateway (CGW) iLink セッションを通して注文を送信します。
  • Market Segment Gateway は、取引所マッチング エンジンに注文を送信します。
  • ES 銘柄の注文を送信した Market Segment Gateway を通じて、注文の確認と約定が TT に送信されます。

CME ClearPort のサポート

TT®は、OTC マーケット参加者が、CME に電子的に取引所外の取引を発注できる手段を提供している、CME ClearPort をサポートしています。[Setup] アプリケーションを使って、CME ClearPort インターフェースへの接続を設定し、CME ClearPort で登録済みのブローカー ユーザーや取引相手を割り当てて管理し、OTC 注文を取引所に送信できます。

会社の管理者として、[Setup] に以下の内容を 実行して、会社で CME ClearPort 機能をサポートできます。

Setup での ClearPort 口座の管理

[Setup] アプリケーションは、CME で登録済みのブローカー ユーザー ID に関連した取引相手の一覧を自動的にダウンロードします。口座が有効なブローカー ユーザー ID で有効な (アクティブな) ClearPort 接続に割り当てられている場合、ID に関連した取引相手は、口座に自動的に割り当てられます。取引相手は [Setup] で選択した口座の [Accounts] - [Exchanges] - [CME] タブに表示されます。

CME ClearPort 接続に口座を割り当てる場合、以下の内容を考慮してください。

  • 口座が共有されている場合、ユーザーは親口座に割り当てられた取引相手を表示できます。
  • 子口座は親口座から取引相手を継承します。ただし、親口座から継承した取引相手と一緒に子口座を移動させても、継承した取引相手はその子口座と一緒に移動しません。