ウィジェット

ウィジェット

ウィジェットの列幅の変更

列幅の変更

ウィジェットを開くと、すべての内容を表示するには、既定の列幅が狭すぎる場合があります。以下に示すとおり、別のバーで列をドラッグして、1つの列を手動で調整します。

ウィジェットにて列の幅を変更して、各列にすべての値が表示されるように幅を十分に広げます。データに合わせて全列幅を変更するには

  1. 任意の列見出しを右クリックして、列見出しコンテキスト メニューを表示します。

  2. [Fit all columns to content] (内容に合わせて全列を調整) を選択します。

    一番値が大きく表示された列に合わせて、ウィジェットのすべての列幅が変更されます。右端の列の中には、表示されないものもありますが、必要に応じてウィジェットのサイズを自分で変更することができます。

列の選択、太字設定、文字列の調整

グリッドベースのウィジェットの 設定から表示列を選択するか、またはウィジェットの列見出しからコンテキスト メニューを使用できます。各列の文字揃えと太字設定を変更することもできます。

注: ウィジェットレベルの太字設定が有効化されていると、列レベルの太字オプションは利用できません。

表示する列を設定します。

  1. 列のタイトルを右マウス ボタンでクリックし、コンテキスト メニューから [Edit columns] をクリックします。

    利用可能な列のダイアログが表示されます。

  2. 表示する列を選択します。
  3. 列に太字を設定するには、コンテキストメニューの横のをクリックします。列で太字が有効化されると、下部が強調表示されます ()。
  4. 列に文字揃えを設定するには、列名の右にある をクリックして、列の文字列を左揃えや中央揃え、右揃えができます。また各列名をクリックまたはドラッグして、列の並べ方を調整することもできます。
  5. [OK] をクリックします。