銘柄情報

銘柄情報

銘柄情報の参照

利用可能な設定

これらの設定で、選択した [Market Grod] ウィジェットのみに影響が与えられます。新規に起動した [Market Grid] ウィジェットにこれらの値で既定の設定を更新するか、または既存の起動済みウィジェットに適用させるには、[Default] をクリックします。

  • Colors (配色): ウィジェットで利用可能なセルと列の配色のカスタマイズや変更ができます。
  • Depth increment (気配表示の拡大数): 限月の板情報を表示する際に、表示または非表示にする追加の価格帯の数を設定します。
  • Bold font (太字フォント): この設定を有効化し、ウィジェットで太字テキストを使用します。
  • Color rows by years (年数別の行の色表示): この設定を有効にして、1年以内に期限が切れる限月を強調表示します。
  • Price update highlight type (価格更新の強調表示タイプ): 価格が増加または減少すると、テキストや背景色の配色を変化させるかどうかを設定します。
    • None (なし): 価格が変化しても、配色は変化しません。
    • Highlight Text (強調表示テキスト): 価格が変化した際に価格の文字が変化します。
    • Highlight Background (強調表示の背景色): 価格が変化した際に価格セルの背景色が変化します。
  • Only show direct prices (直接価格のみ表示): このオプションが有効 (オン) の場合、インプライド値はフィルターで除外され、直接価格のみが表示されます。またこのオプションが有効の場合、インプライド買枚数と売り枚数は最良買枚数と売枚数に含まれません。
  • Show tabs (タブの表示): ウィジェットの下部にタブを表示するかどうかを設定します。
  • Set Market Grid columns (銘柄情報の設定列): [Market Grid] (銘柄情報) に表示するを選択します。

銘柄情報列の説明

説明
% Chg

直近値と前セッションの 清算値の前日比のパーセント数。

: 小数点の枚数をサポートしている銘柄に関しては (例: GDAX)、前日比は24時間前からの価格に基づいて、24時間の連続した前日比として計算されます。

ADelta

最良売値を使って計算されたデルタ。

AGamma

最良売値を使って計算されたガンマ。

AIV

最良売値を使って計算されたインプライド ボラティリティ。

ARho

最良売値を使って計算されたロー。

ATheta

最良売値を使って計算されたシータ。

AVega

最良売値を使って計算されたベガ。

Ask

最良成行売値。

AskCnt

価格帯にて合計売枚数を構成する注文数が表示されます。

AskQty

売待ち注文の合計枚数。

BDelta

最良買値を使って計算されたデルタ。

BGamma

最良買値を使って計算されたガンマ。

BIV

最良買値を使って計算されたインプライド ボラティリティ。

BRho

最良買値を使って計算されたロー。

BTheta

最良買値を使って計算されたシータ。

BVega

最良買値を使って計算されたベガ。

Bid (買値)

最良成行買値。値をクリックして注文チケットを開きます。

BidCnt

価格帯にて合計売枚数を構成する注文数が表示されます。

BidQty

買待ちの合計枚数。

Close

セッションの終値。

Contract (限月)

銘柄またはストラテジーの名前と限月の有効期限。

Delta

ユーザーが提供する場合は、「ユーザー ボラティリティ」を使って計算されたコール デルタ。提供していない場合は、「フィット ボラティリティ」を使って計算されたコール デルタ。

説明

各限月の完全名。

Exch (取引所)

取引所の名前。: TT 親注文タイプの注文の場合、この列の取引所名にアスタリスク「*」が追加され (例: CME *)、発注済みの親注文の送信先が示されます。取引所に送信された関連子注文の [Exch] 列にはアスタリスクは表示されません。

ExpDate

コール オプションまたはプット オプションの有効期限が切れる日付。現物銘柄の買いまたは売りのオプションを行使する場合は、限月のタイプによっては、有効期限以前の任意の日付または有効期限日に行う必要があります。

Gamma

現物銘柄の変更ごとのデルタでの変更が表示されます。

IV

インプライド ボラティリティ値。インプライド ボラティリティは、買値と売値の中間点を使って計算されます。

ImpAskQty

売インプライド数。

ImpBidQty

買インプライド枚数。集約限月には、各アウトライトの買インプライド枚数が表示され、各アウトライトからの買インプライド枚数の合計が集約限月に対して表示されます。

IndPrc

参考値。取引所から取得した参考値 (始値・終値) と、[Auction] と [Circuit Breaker] ステータス中の気配値を表示します。

参考数

参考枚数。取引所により提供されている場合、参考枚数または理論値枚数は寄前、板寄、サーキット ブレーカー のマーケット ステータス中に表示されます。

IndSettle (暫定清算値)

取引所から受信した最後の清算値を示す、参考清算値。

Last (直近値)

直近の取引値。

LastQty (直近枚数)

直近枚数。

Low (安値)

当該セッションの安値。

NetChg (前日比)

直近値と前セッションの 清算値の前日比の差分。

: 小数点の枚数をサポートしている銘柄に関しては (例: GDAX)、前日比は24時間前からの価格に基づいて、24時間の連続した前日比として計算されます。

Open (オープン)

当該セッションの始値。

Pos (ポジション)

限月のネット オープン ポジション。

Settle (清算値)

直前のセッションからの清算値。

Status (ステータス)

銘柄のステータス (寄前、オープン、クローズ、オークションなど) 。

Theta (シータ)

時間で変更ごとのオプション値における変更が表示されます。時間の遅延としても知られます。

Time (時間)

[Market Grid] (銘柄情報) で限月を表示して取引している場所の現地時間。

Vega (ベガ)

ボラティリティでの変更ごとのオプション値における変更が表示されます。

Vol (出来高)

当該セッションの総出来高枚数。

WrkBuys (買待ち)

限月の約定待ち買注文の合計枚数。板情報が表示されると、各価格に約定待ち枚数が表示されます。

WrkSells (売待ち)

売値の約定待ち注文の合計枚数。最良売値で、すべての板情報の価格帯の約定待ち売注文の合計枚数も表示されます。

Selective defaults (選択設定)

[Market Grid] では、個々のカスタム設定を選択して、既定の [Market Grid] 設定として保存し、既存の [Market Grid] ウィジェットに更新できる一方、他のカスタム設定を現在のウィジェットに適用できます。[Save as Market Grid defaults] または [Updating existing Market Grid widgets] 設定のいずれかをオンにすると、[Selectively update properties] 設定が有効化されます。保存したい個々のウィジェット属性を選択できます。