EEX

EEX

EEX へのユーザー アクセスの設定

EEX へのユーザー アクセスを設定するには

  1. データ グリッドで選択したユーザーの [Users] - [Exchanges] タブをクリックします。
  2. 取引所一覧ドロップダウン矢印をクリックしてスクロースし、取引所を選択します。
  3. [Order Routing] と [Market Data] タブをクリックして、選択した取引所に対しユーザーを設定します。

    • [Order Routing] タブをクリックし、ユーザー認識のための取引所の資格情報を設定します。
    • [Market Data] (マーケット データ) タブを使って、銘柄グループごとにすべてのマーケット データへのアクセスを許可または拒否できます。

  4. ユーザーごとに注文を送信するための以下の EEX 取引所設定を行います。

    • Text 1: 清算とバックオフィス目的で取引所に送信される、オプションのユーザー定義値です。Tag 25007 にマップされます。最大 12 文字までの英数字と特殊文字を使用できます。
    • Text 2: 清算とバックオフィス目的で取引所に送信される、オプションのユーザー定義値です。Tag 25008 にマップされます。最大 12 文字までの英数字と特殊文字を使用できます。
    • Text 3 (Clearing Account Override): 注文送信や清算のため、ユーザーの主要親口座や副口座の代わりに、この欄の取引所提供の口座番号が取引所に送信されます。例えば、ユーザーはメンバーシップを共有する際に注文一覧を共有できますが、注文を変更した際に更新される、固有の清算口座を有しています。Tag 25009 にマップされます。EEX 口座番号を入力します (最大12文字)。この欄はオプションです。空白の場合、ユーザーの口座名は Tag 25009 で取引所に送信されます。
    • OTC Trading User ID: ブロック注文や OTC 注文を発注するための、(取引所提供の) ユーザー ID (例: ABCEXTST001)。ブロック注文や OTC 注文を発注するには、この欄は必須です。OTC 注文ユーザー ID は、取引所が提供するメンバー ID (ABCEX) やトレーダー ID (TST001) で構成されています。FIXML OTC 接続を作成する際にもユーザーのメンバー ID が使用されるので、ユーザーはメンバーシップの OTC FIXML 接続を使用してのみ OTC 注文のみを発注できます。
    • Cross ID: 取引所が提供する、ユーザーの自己マッチング回避 (SMP) ID。SMP ID は、ユーザーがクロス マッチしないためのものであり、この ID の使用は任意です。取引所の自己マッチング回避機能は、すべてのネイティブ サポートされている注文タイプやマス クォートに適用されますが、板寄や合成マッチングには適用されません。
    • TextTT: 発注済み注文に含まれていても取引所には送信されない、オプションのユーザー定義値を入力します。この値は TT システムで保持され、追跡目的で使用できます。最大 12 文字までの英数字と特殊文字を使用できます。
    • Max Order Rate: ユーザーが接続別に発注できる、最大注文数 (秒) を設定します。この限度は、取引所定義の注文率の最大を超過できません。
  5. 銘柄グループごとに以下の EEX マーケット データ アクセス設定を行います。

    • EEX Derivatives: EEX デリバティブ銘柄へのアクセスを許可または拒否します。
    • EEX Spot: EEX スポット銘柄へのアクセスを許可または拒否します。
    • Sessions: 別の IP アドレスやアプリケーションを使って、ユーザーが利用できる、銘柄グループごとの同時マーケット データ セッション数を設定します。Delay Only: 遅延環境を除くすべての環境で、銘柄グループが拒否されたことを示しています。つまりリアルタイムのマーケット データへのアクセス許可がありません。

  6. [Trader Ids] をクリックして、表の [Trader ID] 列の入力をクリックして、ユーザー定義 ID を追加します。

    [More] - [Trader Ids]] タブで [User ID Override] 設定を行うと、トレーダー ID が追加されます。表で入力をクリックする際にトレーダー ID セレクターから [Add New] を選択することもできます。

    EEX のユーザー定義のトレーダー ID を [Trader Ids] タブで設定する必要があります。トレーダー ID 値を追加すると、取引所に送信されるすべての注文の取引所接続で、取引所が提供するトレーダー ID が上書き変更されます。EEX の場合、Trader ID は1つの接続に制限されません。ユーザー定義のトレーダー ID は最大 11 文字まで使用できます。

    ユーザー ID は EEX デリバティブ セッション用に共有できます (例、セッション レベルで設定)。ユーザー別にこれを上書き変更するには、[Trader ID] テーブルの接続でトレーダー ID をクリックして、ユーザー定義のトレーダー ID を追加します。EEX デリバティブ接続で、接続に割り当てられている口座もユーザーに割り当てられている場合、接続はグリッドにのみ表示されます。

    注: EEX デリバティブ接続ににユーザー ID が設定されていない場合は、接続に割り当てられた各ユーザーに、トレーダー ID を割り当てる必要があります。個々のトレーダー ID もまた Tag 50 にマップされます。EEX ではすべての注文操作で Tag 50 を必須としています。

    EEX Spot Emissions 接続の場合、ユーザー ID は共有できないので (セッション レベルで設定)、[Trader ID] グリッドでユーザー ID を設定する必要があります。取引所が生成したユーザー ID (トレーダー ID) を使って、スポット排出注文の正確なセッション (接続) を選択します。

    注: EEX スポット排出接続で取引するように設定された各エンドユーザーには、取引所が生成したユーザー ID が必須となります。ユーザー ID は TT の [User] - [Exchanges] - [EEX] - [Trader Ids] グリッドの上書きオプションを通じて設定されます。また EEX スポット排出接続では、接続に割り当てられている口座がユーザーに割り当てられている場合は、接続はグリッドにのみ表示されます。

  7. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。