注文チケット

取引所特定の発注機能

取引所特定の発注機能

[Order Ticket] には、取引所特定の注文機能をサポートする追加のボタンがさらに表示されます。

注文チケットの [新規/決済] ボタンを使用している取引所

以下の取引所では、限月ごとに、注文がオープンかクローズのいずれのポジションであるかを示すことができます(CZCE、DCE、ICE、ICE_L、INE、EEX、Eurex、Euronext、SHFE、TFEX)。

TT でこの機能に対応するため、[Order Ticket] では以下のように限月ごとに [Open/Close] (新規/決済) セレクターが表示されます。

TT では中国の取引所をサポートしています。

TT では、TT FIX Order Gateway を通じて以下の中国の取引所へのアクセスを提供しています。

  • 上海国際エネルギー取引所 (INE)
  • 大連商品交易取引所 (DCE)
  • 鄭州商品交易取引所 (DCE)
  • 上海先物取引所 (SHFE)
  • 中国金融先物取引所 (CHFFE)

: これらの取引所にアクセスするには、第三者システムへの FIX Order Gateway 接続が必須となります。詳細は TT のカスタマー サクセス マネージャーにお問い合わせください。

[MD Trader] と [Order Ticket] の [open/close] ポジション セレクターでは、中国の取引所でのポジションに影響が及ぶ FIFO 制御を提供しています。[open] または [close] を選択するに加え、CZCE、DCE、INE を発注する際に以下の注文フラッグを選択できます。

  • fifo (CZCE): 直前の日付を最初に選んで今日のポジションを決済します。
  • close today (INE): 今日のポジションのみを決済します。
  • close fifo (INE): 前日のポジションのみを決済します。
  • open - spread switch (DCE、ZCE): 取引所スプレッドのフロント レッグでポジションを開始し、バック レッグでポジションを閉じます。
  • close - spread switch (DCE、ZCE): 取引所スプレッドのフロント レッグでポジションを終了し、バック レッグでポジションを開始します。

中国の取引所の場合、[MD Trader] または [Order Ticket] で [trading strategy] セレクターを使用すると、注文の取引ストラテジーを示すことができます。セレクターをクリックし、ドロップダウン矢印を表示して、以下から1つ選択します。

  • Directional (ディレクショナル)
  • Hedge (ヘッジ)
  • Arbitrage (アービトラージ、裁定取引)

MiFID II 取引所

MiFID II 規定に準拠する必要のある取引所に関しては、[Preference] (設定) の [Order] セクションにて、[Show order entry compliance fields] 設定を有効にし、MD Trader にコンプライアンス欄を追加できます。

追加された項目は以下のとおりです。

  • CDI (Commodity Derivative Indicator) ドロップダウン。注文がリスクを減少しているかどうかをユーザーは記録出来ます。ヘッジ注文ともいわれます。ドロップダウンには以下の選択が含まれます。
    • <CDI>: Setup で定義された値を使用します。
    • CDI Yes: この注文はヘッジ注文です。
    • CDI No: この注文はヘッジ注文ではありません。
  • 取引決定を行ったユーザーを識別するショートコードの、[Invest Decision] (投資決定) 欄。
  • [Exec Decision] (執行決定) 欄。どのアルゴまたは誰が注文を送信したかを識別するショートコード。
  • [Client ID] (クライアント ID) 欄。顧客を識別するショートコード。

これが指定されていると、これらの値により Setup で定義されている既定の注文プロファイル設定が上書きされます。

注文チケットでのブロック注文のサポート

ブロック注文はどのアウトライトやストラテジー銘柄でも大規模な出来高であり、オープン マーケット外の2者の取引相手により手配されます。

[Order Ticket] では、EEX の取引所でブロック注文の発注をサポートしています。

TT での CME SLEDS 注文のサポート

CME の殆どの取引所定義のカレンダー スプレッドで、SLEDS (Single Line Entry Differential Spreads) 注文を指定できます。例えば、買い手と売り手は、カレンダー スプレッドのフロント レッグの直近値の代わりに前日の清算値を使って、CME Clearing により清算を受けるかどうかを決定できます。

[Order Ticket SLEDS] セレクターを使って、CME Clearning による SLEDS 価格用に指定されているように注文を発注できます。セレクターを表示するには、[Order Ticket] を右クリックして、コンテキスト メニューから [Show/Hide] → [SLED] を選択します。

: SLEDS 注文を発注する前に、[Override exception for SLED orders] 口座設定が Setup で有効化されていることを確認してください。この設定は、たとえ口座で [Client Can Override] が有効化されていても、SLEDS 注文を発注するのに使用する口座で有効化されている必要があります

SLEDS の対象としてスプレッド注文を指定するには、[Order Ticket] の SLEDS セレクターにて、「%」または「&」の文字を選択します。

TT での CME キャビネット注文

TT では、CME のアウトライト オプション限月のキャビネット価格で注文を発注する機能をサポートしています。キャビネット注文では、ユーザーが可能な限りの最安値で深いアウトオブザ マネー オプションを執行することで、リスクを軽減できます。

TT でキャビネット価格で注文を発注するには、MD Trader や [Order Ticket] で注文の価格を「0.00」と入力します。価格に「0.00」が入力されると、TT は「キャビネット」注文として取引所に注文を発注します。

: CME Globex では1限月につき1つのキャビネット価格のみサポートしています。取引しようとしているアウトライト オプション限月の正確なキャビネット価格と増分値については取引所にお問い合わせください。