Autospreader

Autospreader

Autospreader 注文の発注

取引所の取引限月の注文を発注するのと同じ方法で、スプレッド注文を発注します。例えば以下のように、枚数を指定して価格帯をクリックすると、[MD Trader®] ウィジェットでスプレッドを発注できます。この例では、両方のレッグでクォート注文を発注するようにスプレッドが設定されています。

TT アイスバーグなどの TT アルゴを使用して Autospreader 注文を管理できます。注文タイプ ドロップダウンから希望の TT アルゴを選択します。

複数の口座を使った Autospreader 注文の発注

[Autospreader MD Trader] スプレッド パネルでは、スプレッド親注文の子注文を送信するための、別の口座を選択できる機能を提供しています。例えば、別の取引所の別の口座を使って、クロス取引所スプレッドの注文を発注したり、別の口座や別のブローカーの間で注文を分割することができます。

スプレッドを起動する際、設定した既定の口座設定に基づいて、レッグは自動的に入力されます。既定の口座もレッグによって異なる可能性があります。

複数の口座を使った Autospreader 注文を発注するには

  1. [MD Trader] スプレッド パネルの口座セレクターをクリックして [Multi...] を選択します。

  2. 表示されたフライアウト パネルにて、各レッグの口座セレクターをクリックして、口座を選択します。

    [All Legs] に表示された既定の口座は、レッグ注文の送信に使用されます。

    各レッグに異なった口座を選択する場合は、[Multi...] が [All Legs] に表示され、各自異なった口座が [Leg 1] と [Leg 2] に表示されます。

  3. [MD Trader] スプレッドにてスプレッド注文を設定して発注します。

    注文を発注後、フライアウト パネルが閉じられ、スプレッドやクォート、ヘッジ注文がマーケットに発注されます。レッグは、選択済みの異なった口座を使って送信されます。

    MD Trader のスプレッド パネルで口座セレクターをマウスでポイントすると、ツールヒントが表示され、各レッグの口座の選択が表示されます。