Autospreader

Autospreader

Autospreader の概要

Autospreader を使って、合成カレンダー スプレッド、 銘柄間スプレッド、取引所間スプレッドを作成して取引できます。スプレッドのレッグを定義して、次にアウトライト レッグに基づいたスプレッドのインプライド マーケットを確認します。インプライド マーケットで発注する際、Autospreader はレッグを作動させスプレッド設定パラメータを実行します。

Autospreader ウィジェットは、以下から起動できます。

  • ウィジェット メニューで [Autospreader] をクリックします。
  • [Explorer] で合成スプレッドを選択します。

Autospreader の作動

Autospreader は、スプレッド作成手順の過程で確率した設定を使って、合成スプレッド マーケットを構成します。合成スプレッド注文は、取引所マッチング エンジンに共同設置されている Autospreader Strategy Engine で執行されます。

合成スプレッド注文を発注する際、指定のクォート レッグまたはヘッジ レッグの現在の買値または売値に基づいたレッグ、利用可能な流動性にて、Autospreader はクォート注文を発注します。Autospreader は、希望のスプレッド値で注文を約定させるために充分な流動性が利用可能で、クォート注文を発注する価格帯を算出します。ヘッジ レッグにて買値と売値が変化すると、Autospreader は自動的にクォート注文を置き換えます。

Autospreader ウィジェットの機能

[Widgets] メニューから [Autospreader] ウィジェットを起動すると、自分で作成したスプレッドと、他のユーザーが共有するスプレッドの一覧が表示されます。このウィジェットから、すべてのスプレッドの起動や作成、編集、管理 (コピー、共有、削除) ができます。

[Autospreader] ウィジェットでは、以下の機能を提供しています。

  • Create (作成): 新規スプレッドを作成するための [Autospreader] 設定インターフェースが開かれます。
  • Launch (起動): 選択オプションのうち1つを使って、ワークスペースにてスプレッドを起動します。
  • Edit (アイコン) (編集): 既存のスプレッドを編集するための、[Autospreader] 設定インターフェースが開かれます。
  • Copy (コピー): 既存のスプレッドを選択してコピーできます。必要に応じてスプレッドを変更して名前を変更できます。
  • Delete (削除): スプレッドを選択して削除できます。
  • Filter list (リストのフィルター): スプレッド名、ステータス、所有者、日付を入力して、スプレッドのリストをフィルターできます。