Autospreader

Autospreader

Submitting a Sniper order

Autospreader では、注文送信オプションとして、スナイパー機能を提供しています。スナイパー注文を使って、レッグをクォートせずにスプレッド注文を執行することができます。Autospreader は、合成マーケットを監視して、スプレッド値が利用可能になる、すべてのレッグ間で同時に注文を発注します。

スプレッド注文を [Sniper] モードで送信する際に、[Active Quoting] (アクティブ クォート) 設定パラメータは無視されます。プレヘッジ ルールとポストヘッジ ルールが Sniper ヘッジ注文に適用されます。

スナイパー注文を発注するには

  1. [Autospreader] から、[MD Trader] ウィジェットで希望するスプレッドを起動します。

  2. 注文パラメータを設定して注文枚数を入力します。

  3. [SNP] ボタンをクリックしてスナイパー機能を有効化し、希望の価格帯でスプレッド注文を発注します。

    SNP ボタンが強調表示され、SNP が選択されていることを示します。今後の注文はスナイパー注文として送信されます。スナイパー機能を無効化するには、強調表示された (有効化された) SNP ボタンをクリックします。

    注文がインプライド スプレッド価格で発注されると、スナイパー機能はクォート注文を送信しませんが、約定待ちの親スプレッド注文を約定する、両方のレッグにてヘッジ子注文を発注するように待機します。

    [Order Book] では、約定待ちスプレッド注文とヘッジ注文に配色を表示します。

    スプレッド約定は [Fills] ウィジェットに表示されます。

    関連子注文には親スプレッド注文 ID が表示されます。

    ヒント: 親スプレッド注文 ID をダブルクリックして、関連子注文をフィルターできます。

スナイパー注文でのリロードの使用

リロード注文タイプは、スナイパー注文と一緒に使用します。新規のリロード スプレッド注文は、以前のスナイパー注文が完全に約定された後に初めて送信されます。これは、以前に送信されたスプレッドからのすべてのコンポーネント (約定待ちや待機注文など) が約定または取消されるまで、すべての新規スナイパー スプレッド注文は送信されないことを意味しています。

MD Trader からリロード注文を発注する方法に関しては、リロード注文を参照してください。