Autospreader

Autospreader

Autospreader の設定インターフェース

[Autospreader Configuration] (Autospreader 設定) ダイアログ ボックスでは、パラメータと設定を使って、合成スプレッドの構成を行い、取引する際の動作を制御できます。[Autospreader Manager] にて [Create] (作成) または [Edit] をクリックすると、ダイアログ ボックスが起動されます。

マーケットに起動させる前に、スプレッドのレッグの設定や、合成一覧の作成方法の提示、取引比率の設定ができます。銘柄のティックサイズに基づいた算出ティックサイズや、レッグのスプレッド乗算を表示することも、各自で指定変更することもできます。この表示を使用して、選択した銘柄間のティック関係や、アウトライト レッグでの1ティック変動をもつスプレッドの効果を確認できます。また [Rules] (ルール) 欄を使って、スプレッドのレッグに利用可能なクォート ルールとヘッジ ルール (数式) を追加することもできます。

[Autopsreader Configuration] (Autospreader 設定) ダイアログ ボックスは以下の内容で構成されています。

  • スプレッド設定と定義: スプレッド名の定義や、スプレッド数式の選択、カスタム スプレッド数式エディターの定義、さらにスプレッド注文を識別するための配色設定の欄が含まれています。[Configuration] 設定で、限月の選択や、合成スプレッドの各レッグにレシオと乗数を設定できる機能が含まれています。[+] をクリックして、スプレッドにレッグを追加します。
  • 注文執行設定: 注文執行設定では、クォート動作 (アクティブ クォート、優先順位ホルダー) やヘッジ動作 (ペイアップ ティック、最小リーン枚数) の設定機能を提供しています。
  • 注文執行ルール: 各レッグにクォート ルールとヘッジ ルールを追加します。
  • スプレッド プレビュー板: マーケットに起動させる前に、合成スプレッド定義の表示や設定ができる機能を提供しています。ティックの指定変更で、合成スプレッド限月のティック数が調整され、合成マーケットへの変更内容がプレビュー板に表示されます。
  • アクション ボタン: 変更の取消しや適用、スプレッド定義の保存や設定などを実行できます。