標準の TT 展開では、TT のコロケーション データ サービスに接続し、他のユーザーとコンポーネントやサービスを共有します。以下の図では、会社内の複数ユーザーやその他の TT 会社が、データセンターで一般的に利用可能なコンポーネントやサービスにアクセスでき、取引所に注文を発注できます。

[TT Reserved] 展開では、同じコロケーション データ センターで単独の使用として、1つ以上のサービスが専用のハードウェアで提供されます。以下の図は、同じデータ センターで、1人のユーザーが専用サービスにアクセスするところを示しています。

TT では、TT プラットフォーム コンポーネントで以下のサービスを確保できます。

  • 注文ルーティング: 注文を選択した取引所に送信するための。専用のサーバー リソース。
  • スプレッド注文: 合成スプレッドの執行専用のサーバー リソース。Autospreader® の専用インスタンスに自分のスプレッドのみを起動すると、他のユーザーは、自分で定義したスプレッドの注文に対して発注できなくなります。
  • アルゴリズム注文: 特定のデータ センターで TT 注文タイプと ADL アルゴを執行するための専用のサーバー リソース。自分のアルゴのみを Algo Server の専用インスタンスに起動すると、 選択した取引所からのみ価格が取得されます。
  • 取引前リスク (UAT): 特定のサーバー インスタンスに割り当てられた、口座と副口座の専用リスク サービスを提供するサーバー リソース。