会社の管理者として、Setup を使って、TT のデータセンターでサービスを提供している、TT Reserved と TT Prime のサーバーを設定し、会社の専用サーバーとして使用できます。

Setup で専用サーバーを設定するには、左ナビゲーション画面の [More] - [Premium Services] タブを使用します。

: 専用サーバーを設定する際、TT オンボーディンググループ (tt-onboarding@tradingtechnologies.com) に詳細を問い合わせてください。サーバーを設定した後、TT Onboarding は、取引所に基づいて、コロケーション データ センターでハードウェアとサービスの配置を行います。

TT Reserved サーバーの設定

TT Reserved を設定する際、以下の内容を考慮してください。

  • TT Reserved サービスは、1つの会社や会社内の個別グループ、特定ユーザー、1ユーザーに専用設定できます。
  • 1つのサービス インスタンスのみが TT Reserved サーバーで実行できます。複数の取引所の注文コネクターには、独自の専用サーバーが必要です。[Order Connector] を実行中の同じ TT Reserved サーバーで、Autospreader や Algo Server を実行することもできません。この機能を使用するには、TT Prime を購入する必要があります。

TT Reserved サーバーを設定するには

  1. 以下のうち1つのサービスを設定して、サーバーで実行します。
  2. 専用サーバーを作成してサービスを割り当てます。

TT Prime サーバーの設定

TT Prime を設定する際、以下の内容を考慮してください。

  • Autospreader や [Order Router] サービスは同じ TT Prime サーバーに割り当てられます。ただし、[Order Router] インスタンスはサーバーごとに割り当てできます (例: 1サーバーにつき1取引所)。
  • 会社の管理者として、TT Prime の特定のインスタンスを使用できるように個々のユーザーにアクセス許可を与え、特定のユーザーのグループや1人のユーザーが、特定のインスタンスにアクセスできるようにします。

TT Prime サーバーを設定するには

  1. 以下のうサービスを設定して、サーバーを実行します。
  2. 専用サーバーマシンを作成してサービスを割り当てます。

専用注文ルーティング サービスの設定

サービスを選択して、専用の [Order Router] サーバーで設定するユーザー接続を割り当てます。ユーザー接続が有効化されると、利用可能になると専用の [Order Router] に割り当てられます。

専用注文ルーティング サービスを設定するには

  1. 左ナビゲーション画面で [More] - [Premium Services] をクリックして、[Services] をクリックします。
  2. [+ New Service] をクリックします。
  3. [Name] 欄にて、要求したサービスにカスタム名を作成します。
  4. [Type] 欄をクリックして、[Order Router] を選択します。
  5. [Exchange] 欄をクリックして取引所を選択します (CME)。
  6. [Create] をクリックします。

    データ グリッドにサービスが表示され、[Service Settings] とタブがグリッドの下に表示されます。

  7. [Connections] タブをクリックして [+Add] をクリックします

    : 注文ルーターに追加する接続は、選択した取引所のみに制限されます。例えば、[Setup] により CME 注文ルーターに EEX 接続を追加できなくなります。

  8. [Select Connections] 画面にて、接続をクリックして [Select] をクリックします。複数の接続を選択できます。

  9. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。

専用スプレッド注文サービスの設定

専用スプレッド注文サービスを設定するには

  1. 左ナビゲーション画面で [Premium Services] をクリックして、[Services] をクリックします。
  2. [+ New Service] をクリックします。
  3. [Name] 欄にて、要求したサービスにカスタム名を作成します。
  4. [Type] 欄をクリックして、[Autospreading] を選択します。
  5. [Exchange] 欄をクリックして取引所を選択します (CME)。
  6. [Create] をクリックします。

    データ グリッドにサービスが表示され、[Service Settings] とタブがグリッドの下に表示されます。

  7. [Users] タブをクリックして [+Add] をクリックします。

  8. [Select Users] 画面にて、ユーザーをクリックして [Select] をクリックします。複数のユーザーを選択できます。

  9. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。

専用アルゴリズム注文サービスの設定

専用アルゴリズム注文サービスを設定するには

  1. 左ナビゲーション画面で [Premium Services] をクリックして、[Services] をクリックします。
  2. [+ New Service] をクリックします。
  3. [Name] 欄にて、要求したサービスにカスタム名を作成します。
  4. [Type] 欄をクリックして、[Algorithmic Trading] を選択します。
  5. [Exchange] 欄をクリックして取引所を選択します (CME)。
  6. [Create] をクリックします。

    データ グリッドにサービスが表示され、[Service Settings] とタブがグリッドの下に表示されます。

  7. [Users] タブをクリックして [+Add] をクリックします。

  8. [Select Users] 画面にて、ユーザーをクリックして [Select] をクリックします。複数のユーザーを選択できます。

  9. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。

取引前のリスクサービスの設定 (UAT)

このサービス タイプは、口座ごとにリスク管理を提供しています。サービスを所有している会社が所有する口座のみを、サービス インスタンスに割り当てることができます。取引前のリスク サービスはマーケット特有ではありません。

専用の取引前のリスク サーバーで設定するサービスに口座を割り当てます。ユーザー接続が有効化されると、接続に割り当てられた口座は、利用可能になると専用の取引前リスク サーバーに割り当てられます。

専用の取引前リスク サービスを設定するには

  1. 左ナビゲーション画面で [Premium Services] をクリックして、[Services] をクリックします。
  2. [+ New Service] をクリックします。
  3. [Name] 欄にて、要求したサービスにカスタム名を作成します。
  4. [Type] 欄をクリックして、[Pre-Trade Risk] を選択します。

    データ グリッドにサービスが表示され、[Service Settings] とタブがグリッドの下に表示されます。

  5. [Accounts] タブをクリックして [+Add] をクリックします。

  6. [Select Accounts] 画面にて、口座をクリックして [Select] をクリックします。複数の口座を選択できます。

  7. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。

専用サーバーの設定

: 1つのソフトウェアのインスタンスのみ TT Reserved サーバーで実行できます。複数の取引所の注文ルーターには、独自の専用サーバーが必要です。

専用サーバーを設定するには

  1. 左ナビゲーション画面で [More] - [Premium Services] をクリックして、[Servers] をクリックします。
  2. [+ New Server] をクリックします。
  3. [Name] 欄にて、要求したサービスにカスタム名を作成します。
  4. [Create] をクリックします。

    データ グリッドにサーバーが表示されます。[Server Settings] とタブがグリッドの下に表示されます。

  5. [Service] タブをクリックして [+Add] をクリックします。

  6. 表示された [Select Service] 画面にて、サービスをクリックして [Select] をクリックします。スプレッド取引と注文ルーティング サービスを1つの TT Prime サーバーに選択できます。
  7. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。