FIX プロファイル

FIX プロファイル

FIX ルールとシンボル マッピング

FIX ルール

TT FIX プロファイルでは、FIX プロトコルを通じて TT プラットフォームへのアルゴ プロバイダーの宛先接続や、新規取引所の需要をすばやく満たすための、マッピング ルールをサポートしています。[Rules] タブを使って、FIX ルールの作成や管理ができます。

  • FIX クライアントや TT FIX のいずれかでサポートしていないメッセージやタグを処理する方法を指定します。
  • FIX タグの値の変更ルールや1つのタグを再マップするルールを定義します。
  • FIX クライアントが使用するシンボルを TT FIX がサポートするシンボルに変換して、シンボル マッピングを作成します。

シンボル マッピング

FIX プロファイルではまた、異なった銘柄識別の記号法を使用している、FIX クライアントと TT FIX 間のメッセージを変換する方法を定義できます。シンボル マッピングすることで、FIX クライアントは、カスタム シンボルやカスタム タグを使って、既存の方法で銘柄や限月を識別できます。価格の変換も実装できます。

シンボル マッピングを作成する際、適切なクライアント パターンを選択して、FIX クライアントにより送信されたシンボルを解釈する方法を TT FIX に指示する必要があります。

シンボル パターン 説明
<SYM>

選択した取引所と銘柄タイプの FIX クライアントのタグ 55 (シンボル) 値には、有効期限の詳細やコールとプット、ストライク、キーは含まれません。通常、取引所シンボルを指定する際や、名前ごとに FIX Adapter に送信する際、FIX クライアントはこの形式を使用します。

「セキュリティ名別」送信に関する詳細は、TT FIX ヘルプの 「Component block: Instrument (FIX client request) を参照してください。

<SYM><MY>

選択した取引所や銘柄タイプの FIX クライアントのタグ 55 (シンボル) 値は、シンボルの後に有効期限の詳細が示され (F=Jan、G=Feb、H=Mar、J=Apr、K=May、M=Jun、N=Jul、Q=Aug、U=Sep、V=Oct、X=Nov、Z=Dec)、2番目の文字は年数の最後の4桁となります。

<SYM><MY><KEY>

記号と 2 文字の <MY> 有効期限コードの後に、選択済みの取引所と製品タイプの FIX クライアントのタグ 55 (シンボル) 値は、スペースと文字列が含まれています。

<SYM><MY><C/P>

選択した銘柄タイプが OPT の場合、オプションのFIX クライアントのタグ 55 (シンボル) 値には、2文字の <MY> 有効期限コードの後にコール オプションに 「C」が、プット オプションには「P」が含まれます。

<SYM><MY><C/P><KEY>

選択した銘柄タイプが OPT の場合、オプションの FIX クライアントのタグ 55 (シンボル) 値には、2文字 <MY> の有効期限コードの後には、オプションの「C」または「P」の後にスペースと文字列も含みます。

<SYM><MY><C/P><STRIKE>

選択した銘柄タイプが OPT の場合、オプションの FIX クライアントのタグ 55 (シンボル) 値には、オプションの「C」または「P」の後にスペースとストライク値を含んでいます。

<SYM><MY><SYM><MY>

選択した製品タイプが MLEG の場合、スプレッドの FIX クライアントのタグ 55 (シンボル)値には、最初のレッグの2文字 <My>有効期限の後、第二レッグのシンボルが続き、そして第二レッグの2文字<MY>有効期限の後、最初のレッグのシンボルが含まれます。

<SYM><MY><SYM><MY><KEY>

選択した銘柄タイプが MLEG の場合、スプレッドの FIX クライアントのタグ 55 (シンボル) 値には、レッグのシンボルと2文字 <MY>有効期限の後、スペースと文字列も含まれます。

<SYM><MY><MY>

選択した取引所と銘柄タイプの FIX クライアントのタグ 55 (シンボル) 値には、2文字の有効期限コードの後、3文字またはそれ以上のシンボルが含まれます。  第三者システムの中には、スプレッドにこのパターンを必須としている場合があります。

<SYM><MY><MY><KEY>

選択した取引所と銘柄タイプの FIX クライアントのタグ 55 (シンボル) 値には、2文字の有効期限コードの後、スペースと文字列が続き、それ以上のシンボルが含まれることを示しています。第三者システムの中には、スプレッドにこのパターンを必須としている場合があります。