Eurex

Eurex

Eurex セッション

Eurex T7 取引システムを通じて OTC 取引記録を得るには、デリバティブ注文発注や OTC セッションをサポートしている、ETI (Enhanced Trading Interface) セッションを通じて Eurex に接続できます。

注文セッション

Deutsche Terminbörse Group の Eurex メンバー セクション のポータルにログインし、以下の操作を実行します。

  1. [Requests and Configuration] -> [New Request] -> [New Session] を選択します。
  2. [Market] の下で、該当するマーケットを選択します (Eurex ETI または EEX ETI)。
  3. [Provider] には、TICSP を入力します (これは 7Ticks)。
  4. 次の画面で、環境を選択します (ライブ取引またはデモ取引)。デモ取引 (Simulation) セッションは ext-prod-cert 環境で設定されます。また事業単位とセッション数を選択します。[Market] では、直前の画面で選択されている内容が既定とされます (EEX または Eurex)。
  5. 次の画面で、セッション許容タイプ (HF または LF) とインストールを選択します。利用可能なインストール:
    • 1081720-3-7 (FR2 1 Gb)
    • 1081720-8-1 (Slough)
  6. 要求を送信します。

    一旦送信した後は、ポップアップ ウィンドウでセッション ID とパスワードが表示されます。注: セッション ID とパスワードはポータルで一度しか表示されないので、すぐに書き留めるかスクリーンショットを取ってください。

    7Ticks 管理者がセッションを承認します (通常は一時間以内)。承認後は、セッションで注文送信の準備が整います。

  7. 新規の資格情報で問題が発生した場合は、TT 新人研修マネージャー または TT 新人研修グループ に問い合わせてください。tt-onboarding@tradingtechnologies.com

OTC セッションを「注文」するには、FIXML Clearing インターフェースに接続するための口座と証明を作成して、取引所に証明をアップロードする必要があります。

Eurex セッションの概要

[General Settings] の [Type] 欄を使ってセッションを選択します。取引所の ETI (Enhanced Trading Interface) は、以下のセッション タイプをサポートしています。

  • 低頻度 (LF)
  • 高頻度 (HF)
  • OTC 取引

注: 取引所は HF Full (150 TPS)、HF Light (50 TPS)、LF Full (150 TPS)、LF Light (50 TPS) セッションを提供しています。[Setup] にて、取引所から注文したフル セッションまたはライト セッションのいずれかに同じセッション タイプ を選択できます。取引所が要求する処理能力の限度を超過していないことを確認するには、接続に [Max Order Rate] オプションを設定することもできます。

高頻度 (HF) セッションは、リーン注文タイプのみサポートしています。これらのセッションは特に自動取引のために設計されています。というのは、これらはブロードキャストをサポートしていない上、注文や約定に復元可能性メカニズムを備えていないためです。例えばセッションの切断後、HF セッションを通じて、失敗した執行の照会や再執行を行うことはできません。GTD 注文の多くは HF セッションを通じて送信されます。低頻度セッションは、リーン注文、非持続的注文、持続的注文をサポートします。LF セッションはブロードキャストをサポートしていて、すべての注文や約定を、参加者の ETI セッション間で回復させることができます。。

口座の [Send All Orders as Standard Persistent Orders] 設定と、[Trade] アプリケーションで選択した有効期限に基づいて、TT は Eurex に注文を送信します。標準注文 (GTC、GTDate) や持続的注文は、LF セッションを通じて送信されます。GTD 注文は LF または HF セッションを通じて送信できますが、HF セッションは GTD 注文しかサポートしていません。

GTD の有効期限を含む注文が取引所に送信された際、TT プラットフォームは ETI セッションに「リーン注文」属性を設定します。この属性は、処理能力を向上させるための手段であり、高頻度取引の遅延を縮小できます。リーン注文が取引所に送信されると、注文のイベント メッセージを持続せずに、またすべての ETI セッションにメッセージを配信せずに、注文を処理します。

取引所がサポートする注文タイプはすべて、LF セッションを通じて送信できます。HF は、GTD 注文のみサポートしています。OTC セッションはブロック注文のみサポートしています (「ブロック」注文タイプのみ)。

FIXML 口座 ID

OTC セッションで取引所に接続するには、ユーザーは SSL 証明を通じて Eurex FIXML Clearing インターフェースに対し認証を行う必要があります。このインターフェースにアクセスするには、FIXML 口座 ID も必要となります。OTC Derivatives セッションの設定を行う前に、Eurex の FIXML 口座 ID と SSL 証明の作成を参照してください。