Eurex

Eurex

Eurex 接続の追加

Eurex 接続を追加するには

  1. 左ナビゲーション画面の [Connections] をクリックします。
  2. [+New Connection] をクリックします。
  3. [General Settings] (全般設定) セクションにて設定を行います。

    • Connection enabled: この設定をオンにして接続を有効化します。この設定をオフにして接続を無効化します。
    • Name: これは、接続の作成に必須の欄です。
    • Exchange: [Eurex] を選択します。1接続に1取引所のみ設定できます。
    • [Type] 欄で以下の接続タイプうちの1つを選択します。

  4. [Additional Settings] (追加設定) セクションにて設定を行います。

  5. [Additional Settings] に表示される設定は、[General Settings] セクションで選択したセッション タイプに基づいて決定されます。

    [Low Frequency] または [High Frequency] 接続タイプを選択した場合、以下の設定を行ってください。

    • Session ID: 取引所に接続する為の ETI セッション ID (取引所提供) を設定します。取引所は、低頻度、低頻度 (完全)、高頻度、高頻度軽セッションのセッション ID を提供します。
    • Session Password: 取引所に接続する為の、ETI セッション ID パスワード (取引所提供) を設定します。
    • Connection Gateway 1: 接続ゲートウェイの IP アドレス (取引所提供) を設定します。これは、アプリケーション ゲートウェイに IP アドレスを動的に提供します。ユーザーはアプリケーション ゲートウェイを通じて取引所に接続します。
    • Connection Gateway 2: セッションごとに接続する為の第 2 接続ゲートウェイの IP アドレス (取引所提供) を設定します。ETI の取引所フェイルオーバーをサポートするには、両方の接続ゲートウェイ設定が必須です。
    • Default User ID: (オプション) セッションの既定ユーザー ID を設定します。User Setup でユーザー レベル (トレーダー ID) 設定により上書き変更されていない限り、ユーザー ID は取引所から提供され、接続に使用されます。この値は Tag 50 として取引所に送信されます。

      注: セッションにユーザー ID を設定していない場合は、接続に割り当てられた各ユーザーに、トレーダー ID を割り当てる必要があります。そして個々のトレーダー ID もまた Tag 50 にマップされます。Eurex ではすべての注文操作で Tag 50 を必須としています。

    • Default Password: (オプション) セッションの既定パスワードを設定します。User Setup でユーザー レベル (トレーダー ID) 設定により上書き変更されていない限り、パスワードは取引所から提供され、接続に使用されます。
    • Max Order Rate: (オプション) ユーザーが 1接続に発注できる、最大注文数 (毎秒) を設定します。この限度は、取引所定義の注文率の最大を超過できません。

    [Derivatives - OTC] 接続タイプを選択すると、この接続のユーザーに OTC 取引ユーザー ID を設定し、以下の設定を行ってください。

    • Account ID: 取引所で登録済みの FIXML 口座を設定し、OTC 注文を送信するための FIXML インターフェースに接続するのに必須です。

      FIXML OTC Router 証明を作成してアップロードする前に、FIXML 口座 ID を作成する必要があります。自己署名証明書を生成して接続を設定する前に、この口座 ID が必要です。

      FIXML 口座 ID を作成するには、Eurex の FIXML 口座 ID と SSL 証明を参照してください。さらに「Eurex Clearing FIXML Interface Specification Volume 2: Connectivity」のセクション4.1のガイドラインも参照することをお勧めします。

      Account ID は必須の設定であり、最大 25 文字まで使用できます。

    • Client Certificate: [Choose file] をクリックして、メンバーの口座 ID のための SSL 証明を含む専用キーファイルをアップロードします。これは、SSL を通じて FIXML インターフェースの接続を認証するために必須です。

      : 専用キーファイルの SSL 証明の生成に使用された FIXML 口座 ID は、User Setup で設定し取引所ウェブサイトで登録した FIXML 口座 ID と同一である必要があります。

      SSL 証明を生成し取引所ウェブサイトで登録するには、Eurex の FIXML 口座 ID と SSL 証明の作成 を参照してください。

      [Client Certificate] (クライアント証明) 設定は必須です。

      : OTC セッションは、[Setup] アプリに新規にアップロードされた証明によって異なり、新規取引セッションを開始後にのみ利用可能となります。

    • Certificate Password: 専用キーファイルで SSL 証明にアクセスする際に使用するパスワードを設定します。

      : SSL 証明を専用キーファイルにエクスポートする際に作成したものと同じパスワードでこの設定を行います。

      SSL 証明を専用キーファイルにエクスポートするには、Eurex の FIXML 口座 ID と SSL 証明の作成を参照してください。

      Certificate Password は必須の設定であり、最大 32 文字まで使用できます。

    • Max Order Rate: (オプション) ユーザーが 1接続に発注できる、最大注文数 (毎秒) を設定します。この限度は、取引所定義の注文率の最大を超過できません。
  6. [Create] をクリックします。

    [Settings] タブにて接続設定を確認できます。

  7. [Account] タブをクリックして、接続に既存の口座を割り当てます。1つの接続に複数の口座を追加できます。

    : 1つ以上の口座が割り当てられるまで、接続は有効になりません。

  8. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。