チャート

ラリー・ウィリアムズ (Larry Williams) が考案した ウィリアムズ % R 指数 (WillR、Williams % R) は、1979 年の著書「How I Made $1,000,000 Trading Commodities Last Year」(「去年私が商品先物取引で百万ドル稼いだ方法」) にて発表されました。ウィリアムズ%R は、現在値を 0 ~ 100% の範囲で指数化するという点で、ストキャスティック オシレーターに類似しています。基本的には、ファスト ストキャスティックの Raw %K 値の逆バージョンです。

ウィリアムズ%R 指標を選択すると、期間 (分数) と結果の配色を設定できます。

Configuration Options

  • Period (ピリオド): 計算で使用されるバー数。
  • Color Selectors (配色セレクター): グラフ要素に使用する配色。
  • Over Zones Enabled (オーバーゾーンの有効化): 描画と水平線の過剰買と過剰売のレベル間でエリアを網掛けするかどうかを示します。
  • Over Bought (過剰買): 過剰の買枚数。
  • Over Sold (過剰売): 過剰の売枚数。
  • Display Axis Label (軸ラベルの表示): Y 軸に最新値を表示するかどうか。

数式

\[ \%R = -100 \times \left ( \frac{( Highest\; High - Close)}{(Highest\; High - Lowest\; Low )} \right ) \]

定義は以下のとおりです。

  • 終値 = 現在の終値
  • 最高値 = 過去 n 期間の最高値
  • 最安値 = 過去 n 期間の最安値