チャート

チャート

チャート取引

[Chart] ウィジェットでは、チャートに直接注文を発注できる機能や、約定または約定待ち注文を表示して、マーケットの監視や操作が行える機能を提供しています。チャートで取引を有効にすると、口座や注文タイプ、有効期限、ポジション、注文枚数欄にすばやくアクセスできるように、チャートの横に注文画面が表示されます。買列と売列がウィジェット内に配置され、すばやく簡単に1クリック注文発注ができるようになっています。約定済み及び約定待ち注文は、ウィジェット内から表示できて、操作を実行できます。

チャートで取引する際、以下の内容を実行できます。

既定注文枚数

発注画面にて、枚数ボタンの真下に既定の注文枚数欄が表示されます。この欄の値により、各取引後に注文枚数欄が生成されます。既定の注文枚数欄を空白にしておくと、注文枚数欄は固定となり (黄色の背景色)、各注文の発注後でも同じ枚数が維持されます。

口座フィルター

発注画面で口座ごとに約定待ち注文をフィルターするには、口座を選択して [Filter] チェックボックスをオンにします。

ネット ポジション インジケータ

発注画面には、口座と限月ごとのネット ポジションが表示されます。ロング ポジションは青色の背景色で協調表示され、ショート ポジションは赤色の背景色で協調表示されます。

: ポジション値は、フィルターを有効化した場合のみ、または限月に1つの口座のみ利用可能である場合にのみ表示されます。

直近値

直近値 (LTP) がインサイド マーケットに表示されます。限月がダウンティックで取引されている場合は、LTP の背景色は赤色に強調表示され、限月がアップティックで取引されている場合は緑色に強調表示されます。直近値が直前の直近値と同じ場合は、背景色が白色に表示されます。

注文タイプ ボタン

1つ以上の注文タイプを頻繁に使用する場合、発注画面にボタンを追加して、注文タイプ ドロップダウンから選択する代わりに、注文タイプを自動的に設定できます。例えば、ストップ指値 (Stop Limit) 注文と TT OCO 注文、TT ブラケット注文を頻繁に発注する場合、発注画面に注文タイプを設定して、ボタンを追加できます。

注文タイプ ボタンをクリックすると、注文タイプが自動的に設定され、ドロップダウンが無効化されます。ボタンを選択解除するか別の注文タイプを選択するまで有効の状態が保たれるので、注文タイプを選択しなくてもすばやく複数の注文を発注できます。

約定と約定待ち注文

チャートで直接表示させることで、関連銘柄の約定待ち注文と約定済み注文を表示して追跡できます。チャートでこの情報を表示させることで、自分の注文と約定がどのように分析データに関連しているかや、約定の発生時、注文の約定待ち期間、さらに全体にわたる自分の取引操作などを容易に理解できます。約定や約定待ち注文を表示するには、Show Fills (約定の表示) や [Show Working Orders] (約定待ち注文の表示) のチャート設定を有効にします。

約定は、買約定は青色、売約定は赤色と、取引の売・買側にもとづいて色設定されています。チャートで約定を表示する際、以下の約定インジケータも表示される場合があります。

: 発注画面や [Bids] 列と [Asks] 列がチャートで非表示または表示されている場合に、約定や約定待ち注文を表示して、注文を変更することができます。

[Show Fills] を有効にすると、時間間隔ごとやポジションごとににグループ化した約定を表示するかどうかを選択できます。チャーで約定を表示する際、時間と日付を選択して、間隔ごとやポジションごとに約定の確認を開始できるオプションも提供しています。これで、指定の取引期間内の約定を追跡して分析できます。損益やポジションは、選択した時間間隔に基づいて計算され表示されます。

間隔ごとに区分された約定

チャートでは、時間間隔ごとに約定を区分できるオプションを提供しています。約定インジケータ (赤または青の三角) にマウスをポイントすると、チャートでその間隔の約定に関する情報のツールヒントが表示されます。ここには、その間隔で生じた各約定の価格や枚数、さらに間隔の平均約定価格が表示されます。

ポジションごとに区分された約定

チャートではまた、ポジションごとに約定を区分できるオプションも提供しています。このオプションが有効化されていると、約定の始値や終値、ポジションへの追加やポジションのフラットを示した、約定インジケータとコネクターが表示されます。約定は FIFO (first-in, first-out) ベースでマッチされます。

ポジションごとに約定をグループ化している際に約定インジケータの上をマウスでポイントすると、チャートにはツールヒントが表示され、取引のエントリ値とエグジット値、損益が示されます。そしてポジションをフラットする約定を接続する点線が表示されます。

例えば、ロング ポジションを開始する買約定は、売約定に接続し、ロング ポジションをクローズする売約定は、買約定に接続します。「trade group」での約定用にコネクターが表示され、これはポジションごとにグループ化されたすべての約定で構成されます。取引グループで約定の上をマウスでポイントすると、グループのすべての約定が強調表示されます。

約定インジケータをクリックしてツールヒントを展開すると、完全約定を構成している部分約定を表示できます。約定インジケータの上をマウスでポイントすると、約定の詳細 (ポジション、価格、損益) が強調表示され、買約定 (青) と売約定 (赤) が示されます。

ツールヒントの表示

ツールヒントは、ロング、オープン ポジションに加算 (+)、ショート、またはポジションから減算 (-) のいずれかのポジションを示しています。さらにツールヒントは、約定ベースで取引が損益を増加 (+) したか減少したかを示しています。取引グループの合計損益も表示されます。

オープン ポジションがフラットになると、残りのポジションは括弧で囲まれて最初のポジションの横に表示されます。例えば、ロング 20 枚の場合で、7枚ポジションを減少させた場合、ツールヒントによりオープン ポジションは +20 (13) と表示されます。