チャート

テクニカル分析指標 - 移動平均収束拡散法マックディ (MACD)

移動平均収束拡散法マックディ (MACD)

移動平均収束拡散法マックディ (MACD)

説明

移動平均収束拡散法マックディ (MACD、Moving Average Convergence Divergence) は、ジェラルド・アペル (Gerald Appel) により考案されたもので、これは「ファスト」(短期) と「スロー」(長期) の、2つの異なる期間の移動平均の差異に基づいています。「シグナル線」という 2番目の線は、この差異 (MACD) の移動平均として作成されます。「MACD ヒストグラム」という 3行目の線は、オプションとして、MACD とシグナル線の差異のヒストグラムを作成します。

数式

[\MACD = FastMA - SlowMA\]

場所:

  • FastMA は短期移動平均であり SlowMA は長期移動平均です。
  • SignalLine = MovAvg (MACD)
  • MACD Histogram = MACD- SignalLine