チャート

テクニカル分析指標 - 一目均衡表 (ICH)

一目均衡表 (ICH)

一目均衡表 (ICH)

説明

一目均衡表は、第二次世界大戦以前に細田悟一が考案した、金融市場の予測モデルです。このチャート分析は、様々な期間での高値と安値の中心点を考慮して、移動平均や MACD に類似した取引シグナルを生成する、トレンド フォロー指標です。一目均衡表と移動平均の重要な相違点とは、一目均衡表では、先行スパンの描画による幅広いサポート/レジスタンス エリア(雲)を作成することにより、チャートの「騙し」リスクを低減することにあります。

数式

\[Conversion\;or\;Turning\;Line = \frac{( Highest High_{l-periods} + Lowest Low_{l-periods} )}{2}\;for\;the\;past\;l-periods\]

\[Base\; or\;Standard\;Line = \frac{( Highest High_{m-periods} + Lowest Low_{m-periods} )}{2}\;for\;the\;past\;m-periods\]

\[Leading\;Span\;A = \frac{( Standard Line + Turning Line )}{2} \;plotted\;n-periods\;ahead\;of\;the\;current\;bar\]

\[Leading\;Span\;B = \frac{( Highest High + Lowest Low )}{2} for\;the\;past\;b-periods,\;plotted\;m-periods\;ahead\;of\;current\;bar\]

\[Cloud = Shaded\;Area\;between\;Span\;A\;and\;Span\;B\]

\[Lagging Span = EMA_{x} plotted \frac{x}{2} periods behind\]