OSE

OSE

OSE の概要

OSE (大阪取引所、Osaka Securities Exchange) は、日本の主要なデリバティブ取引所です。取引所は元々、大阪証券取引所として 1878年に設立され、1949年までには、現在の大阪取引所が確立されました。OSE は、東京証券取引所 (TSE) と OSE の合併により設立された、日本取引所グループ (JPX) の一部となりました。

日本の主要な株式指数、日経225 先物とオプションは、OSE の主要銘柄です。OSE は 2006年7月に、日経225ミニを上場し、一般投資家のための投資の機会をさらに拡大しました。

2016年、OSE は次世代デリバティブ取引システム (次世代 J-GATE) プラットフォームを導入しました。これには OM API 変更に加え、新規の ITCH 価格フィードも含まれています。

OSE 取引所 API

TT®では、以下をサポートしています。

  • 価格: ITCH / OM Combo
  • 注文: OMAPI

マッチング エンジン

OSE マッチング エンジンは東京に配置されています。

マッチング アルゴリズム

OSE の価格は、ざらばと呼ばれる価格優先と時間優先で決定されます。取引終了時の価格で取引の執行を行うには、OSE は板寄せと呼ばれるクロージング オークション システムを導入しており、プレオープン中も健在で、始値を決定します。クロージング オークション システムにて、注文の受付期間の終わりと同時にマッチングが行われます。

接続オプション

TT に接続するための接続オプションについての詳細は、TT アクセスを参照してください。