--- widget: ose layout: task-tab title: OSE 接続の追加AccordionID: ose-adding-an-ose-connection ---

注文や約定に関して OSE に接続するには、2つのタイプのセッションを設定することができます。

  1. TTF: 同じセッションにおける注文と約定の両方を処理する取引所接続。OSE で取引するには TTF 接続が必須です。
  2. TTO: 注文操作を発注のための、別の取引所接続。複数の TTO 接続を追加できます。各 TTO の約定は TTF 接続をつうじて別々に受信します。

1つの TTF 注文接続を使用する場合、TT プラットフォームは、取引所の TTF 接続を通じてすべての注文と約定のデータを送信します。この場合、[Connections] タブの TTF セクションのみに接続情報が含まれます。

2つ以上の TTO 注文接続を使用する場合、TT プラットフォームは、取引所の TTO 接続を通じてすべての注文を送信する一方、TTF 接続は約定と一部の注文データを処理します (マーケット ステータスの変更、ストップ トリガー等)。TTO 注文接続をさらに追加した場合、TT プラットフォームは各 TTO 接続間で、自動的に負荷分散を行う一方、TTF 接続は約定と注文のデータを受信し続けます。

OSE 接続を追加するには

{% include connect1.html %}

{% include connect1a.html %}
  • Exchange: [OSE] を選択します。1接続に1取引所のみ設定できます。
  • [Type] 欄で既定の設定を使用します。
  • 接続ごとに以下の OSE 取引所設定を行います。

    TTF 設定:

    注文セッションを追加するには、[+] をクリックして TTO タブを追加し、そのタブの設定を行います。

    TTO 設定:

    各 TTO タブは連続の数字が設定されています (例 TTO_1)。TTO タブを除去するには [Delete Tab] をクリックするか、TTO タブ セクションの右端の [X] をクリックします。

    Max Order Rate (orders/sec): (オプション) ユーザーが1接続ごとに発注できる、最大注文数 (毎秒) を設定します。この限度は、取引所定義の注文率の最大を超過できません。[Additional Settings] (追加設定) セクションにてこの設定を行います。

    {% include connect3.html %}