Eris

Eris

Eris 接続の追加

Eris 接続を追加するには

  1. 左ナビゲーション画面の [Connections] をクリックします。
  2. [+New Connection] をクリックします。
  3. [General Settings] (全般設定) セクションにて設定を行います。

    • Connection enabled: この設定をオンにして接続を有効化します。この設定をオフにして接続を無効化します。
    • Name: これは、接続の作成に必須の欄です。
    • Exchange: [Eris] を選択します。1接続に1取引所のみ設定できます。
    • [Type] 欄にセッション タイプを選択します。
      • Order Session: FIX Order API を通じて Eris SwapBook 3.0 電子取引プラットフォームに接続し、注文を発注して取引の確認と約定を受信します。
      • STP Session: FIX を通じて FIX Straight Through Process (STP) API の Eris SwapBook API の実装に接続し、取引所の切断時や停止時に約定や取引の確認を受信できるようにします。
  4. [Additional Settings] (追加設定) セクションにて設定を行います。

  5. 注文セッションSTP セッション ごとに以下の Eris 取引所設定を行います。

    • Sender Comp ID: 取引所にメッセージを送信する会社の名前を特定します。この欄は、この接続のすべての受信メッセージにおける Tag 49 (TargetCompID) の値を生成します。この設定は必須です。
    • Sender Sub ID: この欄は、接続のすべての発信メッセージにおける Tag 50 (SenderSubID) の値を生成します。この設定は必須です。
    • Password: セッション ID パスワード (取引所提供) を設定します。タグ 554 として取引所に送信されます。この欄は必須です。
    • Primary IP: 取引所に接続する為の IP アドレス (取引所提供) を設定します。この欄は必須です。
    • Primary Port: 取引所に接続する為のポート (取引所提供) を設定します。この欄は必須です。
    • Secondary IP: 取引所への接続の際の予備の IP アドレスを設定します。
    • Secondary Port: 取引所への接続の際の予備のポートを設定します。
    • Target Comp ID: 取引所ホストからメッセージを受信する会社の ID。この ID は、会社名に基づいて取引所が生成して提供したものです。この欄は、この接続ですべての受信メッセージにおいて Tag 56 (TargetCompID) の値を生成します。この欄は必須です。
    • Max Order Rate (orders/sec): (オプション) ユーザーが1接続ごとに発注できる、最大注文数 (毎秒) を設定します。この限度は、取引所定義の注文率の最大を超過できません。[Additional Settings] (追加設定) セクションにてこの設定を行います。

    • Contact Email (問合せ先電子メール): オプションで、TT が必要時に会社に連絡するための、お客様の主要な連絡先情報を追加できます。
  6. [Create] をクリックします。

    データ グリッドで接続を選択して、[Settings] タブで接続設定を確認できます。

  7. [Account] タブをクリックして、接続に既存の口座を割り当てます。1つの接続に複数の口座を追加できます。

    : 1つ以上の口座が割り当てられるまで、接続は有効になりません。

  8. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。