Eris

Eris

Eris 接続の追加

Eris 接続を追加するには

  1. 左ナビゲーション画面の [Connections] をクリックします。
  2. [+New Connection] をクリックします。
  3. [General Settings] (全般設定) セクションにて設定を行います。

    • Connection enabled: この設定をオンにして接続を有効化します。この設定をオフにして接続を無効化します。
    • Name: これは、接続の作成に必須の欄です。
    • Exchange: [Eris] を選択します。1接続に1取引所のみ設定できます。
    • [Type] 欄で既定の設定を使用します。
  4. [Additional Settings] (追加設定) セクションにて設定を行います。

  5. 接続ごとに以下の Eris Swap Futures 取引所設定を行います。

    • Order Session: FIX Order API を通じて Eris SwapBook™ 3.0 電子取引プラットフォームに接続し、注文の発注や取引の確認と約定を受信します。
    • STP Session: FIX を通じて、FIX Straight Through Process (STP) API の Eris SwapBook API 実装に接続して、取引所の停止や切断が発生した際に、約定や取引確認を受信できます。

    注文セッションSTP セッションごとの Eris 取引所設定

    • Sender Comp ID: 取引所にメッセージを送信する会社の名前を特定します。この欄は、この接続のすべての受信メッセージにおける Tag 49 (TargetCompID) の値を生成します。この設定は必須です。
    • Sender Sub ID: この欄は、接続のすべての発信メッセージにおける Tag 50 (SenderSubID) の値を生成します。この設定は必須です。
    • Password: 取引所によるセッション ID パスワード (取引所提供) を設定します。Tag 554 にて取引所に送信されます。
    • Primary IP: 取引所に接続する為の IP アドレス (取引所提供) を設定します。この欄は必須です。
    • Primary Port: 取引所に接続する為のポート (取引所提供) を設定します。この欄は必須です。
    • Secondary IP: 取引所への接続の際の予備の IP アドレスを設定します。
    • Secondary Port: 取引所への接続の際の予備のポートを設定します。
    • Target Comp ID: 取引所ホストからメッセージを受信する会社の ID。この ID は、会社名に基づいて取引所が生成して提供したものです。この欄は、この接続ですべての受信メッセージにおいて Tag 56 (TargetCompID) の値を生成します。
  6. [Create] をクリックします。

    [Settings] タブにて接続設定を確認できます。

  7. [Account] タブをクリックして、接続に既存の口座を割り当てます。1つの接続に複数の口座を追加できます。

    : 1つ以上の口座が割り当てられるまで、接続は有効になりません。

  8. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。